2014年04月28日 (月) | Edit |
この日のランチは、銀山町の電車通り付近に行ってみることに。

以前通りかかった際、何店かランチ営業しているのを確認していましたので、その中の1つに行ってみようと思ったわけです。



弥生町通りの北端部に着いてみると、出雲そばの「大黒屋」・焼肉&もつ鍋の『博多祇園』・鉄板焼きの「西尾」の3店が営業中。

店頭のメニューを確認し、最も興味を引かれた『博多祇園』に入ってみることにしました。





自動ドアが開いて中に入ると、最も入り口寄りにテーブルが1卓あり、その奥は厨房&通路。



最奥にはテーブル1卓と座敷っぽいスペースが配置されています。



お店の切り盛りは、ご店主と思われる男性がお一人で。



店頭に掲示されていたメニューです。



ステーキは、ちと高めですのでスルー(笑)。

カレーと定食は少し悩みましたが、前日に辛いものを食べていたこともあり、もつ煮込み定食を注文してみました。



提供されるまでの間、夜メニューを確認。





ほほ~、こちらのお店はあみ焼きともつ鍋の二本立てなんですね。



と、ここで、定食の登場です。



定食は、少し多めに盛られた白ご飯・もつ煮込み・小鉢3種という内容。



メインの煮込みは、ベースが醤油でやや甘さが勝った作り。

肝心のモツは数種類が使われており、臭みもなく柔らかく煮込まれています。



その他には、たけのこ・人参・レンコン等の根菜類と細く切ったこんにゃく・厚揚げという布陣で、刻んだ白ねぎが掛けられています。

スープの甘さと白ねぎのピリ辛さがマッチして、まずまず旨い印象。



小鉢3種は、おろし生姜が乗った冷奴・キャベツのナムルカレー粉和えとほうれん草のナムル・春雨のマヨ和えで、いずれもまずまずでしょうか。





元々は、30年以上前に天満屋八丁堀店の裏でもつ鍋屋として開業。

数年前に、店舗拡張目的で現在地に移転されたそうです。

もつ鍋は福岡のたまり醤油で作ったダシが自慢で、一番旨いとの自負をお持ち。

僕はもつ鍋が好きですので、機会を見つけて一度食べに行ってみようと思います。

ごちそうさまでした!!

(2014.3)


■お店のデータ
博多祇園
広島市中区銀山町6-16
0822459436
11:00~14:00
17:00~翌2:00
定休日:日祝


その他の飲食店記事はこちらからご覧いただけます。


所在地別飲食店リストはこちらご覧いただけます。









関連記事
コメント
この記事へのコメント
  “タンなんこつ”…そそられますな。
これは“肉焼きオヤジ”と呼ばれている吾輩も食べた事無いです。
2014/04/29(Tue) 00:53 | URL  | クレイジーピエロ #-[ 編集]
クレイジーピエロさんへ
良く見てますねぇ。僕はそこまで見ていませんでした(苦笑)。

豚タンなんこつと言うのは食べた事がありますが、同じものかどうかは分かりませんね。

ちなみに、ユアーズで味付きのが販売されています。

あ、今回から「さん」付けにしてみました〜。

様は堅苦しいかなと。
2014/04/29(Tue) 09:16 | URL  | oomin #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック