白目をきれいに
2014年04月25日 (金) | Edit |
アルパーク天満屋の北海道物産展に出店していた「弟子屈(てしかが)ラーメン」に行ってきました。





チラシでは塩と醤油の2種類しか掲載されておらず、正直なところあまり気乗りしていなかったんですが。。。

何と、味噌もあればご飯や餃子もある!



この時点でテンションは戻り(笑)、味噌ラーメンと白ご飯を注文。

同行した妻は醤油と餃子を。





味噌ラーメンは、数種のブレンドと思われる味噌の香りが期待感を演出します。



パッと見では、表層の油(ラード)は少なめで、具材はきくらげ・煮卵・ねぎ・チャーシュー・おろし生姜という布陣。

煮卵の右斜め上にあるのは味噌っぽい固まりですかね。



まずはスープを一口いただくと、濃厚な味噌の風味とそれを下支えする魚介(魚粉か?)のフレーバーが感じられます。

味の切れが良いタイプのスープで、しつこさは全くありません。

これはとても分かりやすく旨い味噌ラーメンで、多くの方から好かれそうな奴ですねぇ。



麺は、縮れた黄色麺を固めの茹で加減で。





麺を引っ張り出すときに気付いたんですが、もやしや鶏ひき肉が麺と一緒にスープに沈んでいたんですね。

これはちょっと嬉しいサプライズ。

具材では小さめの角切りチャーシューが多く入っており、ぷるんとした食感でなかなかの旨さです。



半分ほど食べた時点でおろし生姜をスープに溶いてみますと、生姜の清涼感が広がり、スープに軽さを与えてくれます。



さて、前半に登場した謎の味噌っぽい固まり。



一口つまんでみると、肉味噌である事が分かりました。

こいつも溶かしてみると、スープに少しのコクがプラス。

生姜の清涼感とは喧嘩することなく、それぞれが良い仕事をしています。



そして、卓上の調味料。



弟子屈オリジナルスパイスは、山椒メインでコショウも入っているのかな?

掛けてみましたが、味の変化は多少に留まりました。

僕は山椒には比較的強いので、そう感じただけかもしれませんが。



ご飯は、山わさびが乗っての登場。

これはホースラデッィシュの事ですね。



実際に食べてみると、脳天にツン!と突き抜ける辛さが楽しく、ご飯が進むくんでした~。



妻が注文した醤油ラーメン。



こちらは味噌以上に魚粉の存在が明確化され、強めの元ダレとともに強く主張します。

個人的には、物産展価格850円を高く感じさせない味噌の方が好きですね。



物産展でラーメンを食べるのは2週連続でしたが、たまには良いものですね。

ごちそうさまでした!!!

(2014.3)


■お店のデータ
弟子屈ラーメン
北海道川上郡弟子屈町摩周1-1-18
0154825511
11~20時
定休日:原則無休


その他の飲食店記事はこちらからご覧いただけます。


所在地別飲食店リストはこちらご覧いただけます。









関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
川上郡弟子屈町エージェント:貴殿の記事ダイジェストをGoogle Earth(TM)とGoogle Map(TM)のエージェントに掲載いたしました。訪問をお待ちしています。
2014/04/26(Sat) 08:47:43 |  ケノーベル エージェント