白目をきれいに
2014年04月14日 (月) | Edit |
蔵めぐりのついでに、倉橋町の『林水産』と音戸町の『中野水産』に行って牡蠣を買って、音戸と倉橋の牡蠣を食べ比べてみました。

今回購入した林水産の牡蠣は、倉橋島の袋の内(たいのうち)湾で採れた牡蠣。

袋の内の牡蠣って聞いた事がないなぁと思い、「林酒造」の帰りに立ち寄って購入してみました。

ちなみに袋の内湾は、「林酒造」のある室尾の裏に位置しています。

※どちらも林ですが、関係はないそうです。



中野水産は、実はフェイスブックの投稿で複数の方から名前が出ていたのを覚えていましたので、行ってみました。



僕は今まで知らなかったんですが、牡蠣打ち場って始業が早いので16時に閉まるんですって。

そうとは知らずに、2ヶ所とも15時台に伺ってしまいました。。。



さて、こちらが購入した牡蠣。





どちらも500g入りで、林水産が900円、中野水産が1,000円。

スーパーで買うことを考えると安いものです~。



初日は牡蠣鍋と酢牡蛎で。



右の中野水産は甘みが強いのが特徴です。そして、雑味が少なくクリアな旨さの牡蠣でした。

左の林水産は、サッパリとした旨味に特有の渋みが効いていますねぇ。

個人的には中野水産の方が好きかなぁ。

※牡蠣鍋の写真撮り忘れ。。。



翌日は、牡蠣のオイル漬け、カキフライ、牡蠣と塩豚のパスタで牡蠣を満喫~。







1kg位ですとすぐなくなってしまいますが、二人で食べきるにはちょうど良い量でした。

来シーズンもまた牡蠣を買いに行かなきゃ。

ごちそうさまでした!!!

(2014.3)


■お店のデータ
林水産
呉市倉橋町室尾12931 付近
0823541615
~16時


■お店のデータ
中野水産
呉市音戸町高須3-14-6
0823520401
~16時


その他の飲食店記事はこちらからご覧いただけます。


所在地別飲食店リストはこちらご覧いただけます。










関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック