2014年04月08日 (火) | Edit |
たかのばし商店街にある定食居酒屋『咲蔵』。

前回訪問時に他のお客が注文していたラーメン定食が旨そうでしたので、機会を見つけて再訪してみました。



ラーメン定食を注文し、ふと厨房に目をやると、3口ある内の奥のコンロで火にかかっていた小さな寸胴が。

その中でスープは温められていまして、レードルでスープをすくい、丸いざるで濾しながら丼に移します。

その丼には予め元ダレ等が入っていたんでしょうか、目視では確認できず。

麺を茹でる寸胴も既に火にかかっていて、テボ(麺を茹でる深底の網)に麺を入れ、茹で上がると湯切りし、スープの中へ。



具材を載せて、ご飯たちと一緒に登場したのがこちらです。



ラーメン定食680円は、ラーメン・白ご飯・小鉢・漬け物という内容です。



出て来たラーメンからは生姜がふわんと香り、見た目にはなかなか旨そう。

スープは綺麗に乳化しており、表面には油膜が。

しばし眺めておりますとゼラチンの膜が張るのも確認できました。





レンゲをそっと沈めてスープを飲んでみると、動物系のコクも元ダレも主張は強くなく、しかしその濃度には不足はありません。

口当たりは丸く感じますが、表面に張った多めの油がそう感じさせているのでしょうか。



麺は細めのストレート麺で、少し固め。

ちょうど食べごろな茹で加減です。





具材はもやし・青ねぎ・チャーシュー・メンマと定番の布陣。

メンマは既製品なのかなと感じさせる臭いがありましたが、良いなと思ったのは豚バラを使ったチャーシューです。

穏やかに甘辛でとろんとした食感は、なかなかの旨さ。

下手な中国料理店のラーメンよりも、『咲蔵』の方が旨いと思います。



ランチ圏内の方で広島ラーメンがお好きな方は、一度は試されてはいかがでしょうか。

ごちそうさまでした!!!

(2014.2)

■咲蔵の訪問記
咲蔵(2014.1)


その他の飲食店記事はこちらからご覧いただけます。


所在地別飲食店リストはこちらご覧いただけます。










関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック