白目をきれいに
2014年03月07日 (金) | Edit |
一昨年の春に訪れて以来、1年9ヶ月振りの訪問です。

最近のPOP-HOT(ポポット)は、コース料理が月替わりのようで、訪れる少し前まではお正月バージョン。

僕が訪れた時は、節分バージョンでした。





さてそれでは、料理のご紹介を。

まずは、大根の煮物・オマール海老のビスクソースからスタートです。



のっけから凄いのが出て来ましたぞ(笑)。



大根は少し固めに茹でられていて、その形は干支の馬!

上に掛かっている黒いものはブラックペッパーです。

ソースはまろやかでクリーミー。海老の風味も軽く感じられ、上々の滑り出しです。



実は、個人的にはビスクって好みではないと思っていたんです。

シナモンの香りが苦手なのと、甘いのがちょっと。。。

しかし、こちらのは美味しくいただくことができました。



前菜盛り合わせ。



鬼とおたふくのお面なんて、節分らしい設えですねぇ。



左上の白黒チェック柄の器には、豆まきで使う大豆・ゆでた青大豆・黒豆が入っていてそれだけでも楽しいんですが、下半分には伊達巻や肉・魚のすり身を固めたものが。

全部が豆かと思っていましたので、思わず「ほー」と見入ってしまいました。



左中ほどにあるのは数の子で、かなり塩分濃度高め。唐辛子も効いています。

左下はヒイラギの葉が飾られており、それを取ると小いわしの佃煮と黒く染めた(?)えんどう豆の中に白餡を包んだ料理が。



ややピンボケですが、お面を取ると中はこうなっています。



鬼の中身でカラフルなのは、チーズを使ったテリーヌでしょうか。

その下にはすり身と白子を使った豆腐かな。



圧巻だったのは、おたふくの中身。

いちぢくのペースト(?)大根(蕪?)の酢漬け巻き、鴨のパストラミ、魚の子(煮物?)、ぷりぷり白身の南蛮漬け、卵焼き、しじみ、トマトなどがぎっしりと詰まっていました。



いやはや、この時点で一同かなりの驚き。。。



ほうれん草のスープは、塩を強く使い、スプーンが止まらないような旨さ。



1・2杯目のお酒の酔いを醒ますのにも最適なタイミングでのスープでした。



珍味の3種盛り。


※蓋を開けた写真、撮り忘れ。。。

鳥の中身は白魚。右下は貝柱、左下はくらげでしょうか。

これらはまあまあの旨さ。



辛子明太子スパゲティーと赤海老・ふぐのピリ辛天ぷらは、個人的には不満の残るクオリティ。





マガモと生麩のとろみ鍋。



鰹出汁がベースのとろみスープは、終盤に差し掛かった胃にも優しく、かなりの旨さ。

マガモと生麩が旨かったのは言わずもがなでしょう。



〆の巻き寿司。



具は、きゅうりと肉味噌(?)かな。



デザートはカシスソースの掛かったケーキ。





実は前回訪問でも、途中でパスタと中華風の炒め物がでてきて、ん?と思いましたが、今回も同様の感想を持ちました。

今回のパスタと揚げ物は、味は悪くないんです。

しかしそれまでとその後が素晴らしいだけに、とても惜しい2品で、全体のストーリーが中だるみした様に感じてしまいました。



お腹が膨れるように、そして出来立ての料理をというお店の配慮だと思いますが、個人的にはもう一工夫欲しいところです。

ま、お値段(料理だけで2,625円!)を考えると無茶な要望かもしれませんが(苦笑)。



という事を考慮しても、十二分に素晴らしい内容。

4~5千円の一般的な飲み放題に行くなら、POP-HOTの方が絶対お得ですね。

ごちそうさまでした!!!

(2014.1)


■POP-HOTの訪問記
POP-HOT(2012.4)
POP-HOT2(2012.4)
POP-HOT4(2015.1)


その他の飲食店記事はこちらからご覧いただけます。


所在地別飲食店リストはこちらご覧いただけます。










関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック