2014年01月28日 (火) | Edit |
一昨年(2012年)の夏以来、1年5ヶ月振りの訪問。

前回訪問後にカキフライが旨いという情報を得ておりましたので、今更ながらではありますが、それを試すために訪れてみました。



店外に掲示されているメニュー。



手書き+後張りという季節限定感満載。

こういうの、嫌いではありません(笑)。



さて、早速ですが、こちらが注文したカキフライ定食です。



中サイズのカキフライ5個にサラダ・吸い物・小鉢・ご飯・お新香という内容で、900円という価格を考えると標準的な布陣。

カキフライ用には、レモン・醤油・トンカツソース・ウスターソースの4種類のアイテム。

これは「1個ずつ味を変えて楽しむように」とお店からの嬉しい提案だと感じましたが、いかがでしょうか。





最初の一つは何もつけずに。

カリッサクッと揚がったカキフライは、まったりとした牡蠣の旨味が感じられます。

続いてのレモンは、まったりとした所に酸味による刺激・切れが加わり、相乗効果で旨さ倍増。

レモン自体も国産ではないでしょうか、さわやかな酸が好印象です。



トンカツソースは、カキフライには甘過ぎ。

ウスターソースはまあまあ。

醤油は、牡蠣の旨味がもっと強ければ合うと思います。



そして、この日のクライマックスは、何と、奈良漬(笑)。

僕は奈良漬の強いアルコール感とくどい味を苦手にしているんですが、今回いただいた奈良漬は自分史上NO.1の旨さでした。

全体的に抑えられた旨味と仕舞いの酸味が何とも言えず旨かったんですよ。

これ、既製品?自家製?

聞いておけば良かった。。。



今回の牡蠣は、時期が少し早いかなとは思いましたが、磯臭さも無く旨い牡蠣でした。

できれば2月にもう一度食べてみたいな。

ごちそうさまでした!!

(2013.12)


■中屋の訪問記
中屋(2012.7)
中屋3(2014.10)


その他の飲食店記事はこちらからご覧いただけます。


所在地別飲食店リストはこちらご覧いただけます。









関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック