2014年01月24日 (金) | Edit |
今シーズン初の忘年会に行ってまいりました。

会場は『ねこまたぎ佐伯区役所前店』。

いつも旨い料理を食べさせてくれるお店ですが、この日はどうだったでしょうか。。。



小芋の煮物。柚子皮を散らすところが憎い。




鰹出汁と柚子、合わないわけがありませんよねぇ。



クリームチーズと裏ごしした梅、でしょうか。



合うなぁ、これ。

面白い!



ポテトサラダ。



ゆで卵とハム等を刻み、具にしたポテトサラダは、まるでタマゴサンドの具材みたいで面白かったです。



アジのなめろう。



とてもねっとり感が強いなめろうで、「普通の作り方じゃないよね」という意見が大半。

実際に聞いてみると「たたいただけ」的な回答だったようですが、何か隠してるはずだ(笑)。

※実は塩麹入りとかだったりして。



茶碗蒸し。



焼穴子やアサリが入った茶碗蒸しは、アサリの出汁が効いていて、これまた旨い!



鍋1。



鰹ベースのお出汁を張った鍋には、キノコ類・ねぎやにら・牡蠣を入れていただきます。

ポン酢も出してくださいましたが、出汁が旨いので、そのままで汁を飲みながら食べるのが最も旨いと感じました。

そうそう、出してくださった牡蠣を採り忘れましたが、ひだがしっかりと黒く熱を通しても縮まない牡蠣でした。

さすが〜。



鍋2はこちら。



白い液体が鍋に張られていますが、これは鶏の白湯スープです。

圧力鍋で30分で作ったといわれてましたが、それを聞くと我が家にも圧力鍋を導入したくなります。

そしてこのスープは、鶏の品の良いコクとミルキーさが相まってかなりの旨さ。

先日いただいた「鯛の鯛」の水炊きスープと比べたらどっちが旨いかという話題になりましたが、どちらも旨い!というのが正解でしょう。



酒のつまみ2種。

豚の脂と肉のパテ(?)とくわいの素揚げ。




子供の頃、おせち料理の一品としてくわいを食べていましたが、実は好きじゃなかったんです。

※母よ、すまん(苦笑)。

しかし酒飲みとなった今では、くわいの素揚げは大好物!

皮ごと全ていただきました~。



この日のお酒。



右から、
NO name NO.013(清水清三郎商店・三重県)。
天吹 裏 大吟醸(天吹酒造・佐賀県)。
大信州 NAC(大信州酒造・長野県)。
BOOKERS 20年前の20年物。



NO nameと天吹が同じ酒米(愛山)で、飲み比べてみるとベースとなる味は一緒!

これは面白かったです。



大信州はIWC(インターナショナルワインチャレンジ)GOLDを採ったお酒なんだそうです。

するするっと喉を通り、幾らでも飲めそうな酒質。

これも旨いなぁ。



BOOKERSはアルコール度数62度でしたっけ?

口に含むとまろやかですが、飲むとぎゅんと鼻に抜ける刺激が楽しいですねぇ。



白鹿黒松 純米もち米四段仕込み(辰馬本家酒造・兵庫県)。



むちゃ甘いのかと思いましたが、そうでもなく、意外と悪くないですよ(笑)。



五橋 FIVE(酒井酒造・山口県)。



五橋らしい味わいだったような気が。。。



あと1本、F氏持参の賀茂泉が有ったはずですが、カメラに収まっておりません。

申し訳ない(苦笑)。



そんなこんなで今シーズン初の忘年会でした。

ごちそうさまでした!!!!

(2013.12)


■ねこまたぎ佐伯区役所前店の訪問記
ねこまたぎ佐伯区役所前店(2010.7)
ねこまたぎ佐伯区役所前店2(2010.10)
ねこまたぎ佐伯区役所前店3(2012.1)
ねこまたぎ佐伯区役所前店4(2012.8)
ねこまたぎ佐伯区役所前店5(2013.6)
ねこまたぎ佐伯区役所前店6(2013.10)
ねこまたぎ佐伯区役所前店8(2014.10)
ねこまたぎ佐伯区役所前店9(2015.4)


その他の飲食店記事はこちらからご覧いただけます。


所在地別飲食店リストはこちらご覧いただけます。










関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック