2014年01月23日 (木) | Edit |
アルパーク東棟近くのイタリア料理店『NAPUL』には、以前ランチで訪れて印象が良かったことを覚えておりまして。

そのような好印象店は夜にも行かないとと思い、背中を押してくれた意見に感謝しつつディナーを楽しんでまいりました。



今回はアラカルトでの注文です。



カジキマグロのスモーク。

きっちりと脂が乗った身をスモークに掛け、生野菜の上に2枚を敷いての登場です。



オレンジを絞って食べる様にとのアナウンスがありましたが、まずはそのままでいただいてみますと、身は半生で軽くスモーキー。

なかなか旨いとは思いますが、青魚特有の匂いが少しだけ気になります。



次の一口は、添えられていたオレンジを絞って。

先ほど感じた匂いが見事なまでに消え、これなら文句のない旨さです。

お店の方の言う事はちゃんと聞きなさいということですな(苦笑)。



続いては前菜4種盛り。

大きな一葉のプレートに、前菜がドドンと乗っての登場です。



この盛りは良いですねぇ。

見るだけで楽しい!

※内容はお客の好みや注文内容を勘案して出されているとの事。

僕たちに出していただいたのは、サーモンと地ダコのマリネ・イタリアン生ハム・ライスコロッケ・卵のオーブン焼の4種に、付けあわせとしてナスのグリルとポテトサラダです。



マリネは、タコのしゃっくとした食感とサーモンのがっしりとした食感が楽しく、ちょうど良い具合にマリネされていました。

イタリアンハムは、「まぁ、ハムですね。」という印象でしたが、その下に隠れていた生野菜がボリュームも有りサラダ的に食べられたのが良かったです。





チーズを内包したライスコロッケは、揚げたて熱々。穏やかな味付けでしたが、チーズの塩気が良い塩梅でした。

卵のオーブン焼きはツナとマヨネーズも一緒に焼かれており、この組み合わせは鉄板の旨さですね。



ナスは一度グリルしたものをビネガーで酸味を利かせた液に漬け、軽いマリネ状態での提供。

ポテトサラダはかぼちゃとサツマイモで作られており、粒マスタードの酸味で単なる甘いポテサラからの脱却を狙った一品。

この盛り合わせはオススメですー



白ワインをお供に食べ進めております~。



自立式のワインクーラー。初めて見ました。



セイゴの薪火焼はおなかの中に香草が詰められての登場。



レモンを絞りながらいただきましたが、ほっこりと焼きあがってなかなかの旨さ。

これ、1,700円位でしたから、リーズナブルな一品ではないでしょうか。



海老とルッコラのペペロンチーノ。頭と尻尾がついた大振りな海老が6匹ほど乗っての登場です。



こちらはまずまずといったところでしょうか。



ピッツァはモンテという名前の一枚を注文。



普通のモッツァレラチーズと燻製モッツァレラチーズ、キノコ、厚切りベーコンが具材のピッツァで、満腹近いのにパクパクと食べることが出来ましたよ。



デザートはティラミスを。



いやぁ、満足満足(笑)。



食べ過ぎにつき、思った以上にお代が掛かってしまいましたが、生活圏内にこのクラスのお店があるのは嬉しいですね。

また夜に寄って、前菜4種盛りからスタートしたいな。

ごちそうさまでした!!!

(2013.12)


■NAPULの訪問記
NAPUL(2011.12)


その他の飲食店記事はこちらからご覧いただけます。


所在地別飲食店リストはこちらご覧いただけます。










関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック