2013年10月29日 (火) | Edit |
「自分が美味しい!と思ったお酒を家庭用の冷蔵庫で半年ほど置いておくとどうなるかな~と思って保管しておいたお酒を折角なら皆さんで楽しみませんか?」

と言うお酒の会に参加してまいりました。



今回の会場となったのは、中区舟入南の『Liten+(リッテンプラス)』。

パッと見はオシャレなカフェという印象ですが、夜は面白い日本酒を扱われており、一度行ってみたいと思っていたお店でした。



スタート前の様子。夕暮れが早く、外観がきちんと写っていませんね(苦笑)。



ご覧の通り(いや、よく見えないか(苦笑))、中は厨房を取り囲むようなL型カウンターがあって、普段はイスがあるようですが、この日は立食形式のため片付けられていました。



この日の参加者は20名程度はいらしたでしょうか。半分は見知った顔、もう半分は初めてお会いする方々。

若干人見知りな僕は最奥のソファ付近に陣取り、様子を伺う事に。



そうこうしていると主催者の挨拶が始まり、お酒が振舞われ始めました。



この会の1杯目は、写真中央に写っている滋賀県笑四季酒造のセンセーション(だったかな?)。

実は笑四季酒造は一昨年から追いかけていて、個人的にお気に入りの蔵。

しかし広島市内での知名度は低く、このような会で紹介してくださった事を嬉しく思いました。



そのほかのお酒は、左から秋田県の「雪の芽舎」オーガニック米、広島の「富久長」長期低温熟成酒2004、山口県「日下無双」純米大吟醸生、滋賀県「笑四季」のアンタイド。



参加された方はみなさん日本酒好きなんでしょうね、新しい瓶の開栓を主催者に催促するする(笑)。

次々に開栓され、その後は各自思い思いのお酒を注いでいたように思います。



料理の方はカウンターにずらりと並べられており、セルフで好きなものを取り分ける方式。





出していただいた料理はイタリアンの軽食という印象で、どれもこれもなかなかの旨さでした。

周りの人たちの感想も概ね良好でして、個人的にはゆっくりとリピートしてみたいと思っています。



さてこの辺りから更なる変り種が出てまいります。。。



こちらは三原市の大藤醸造(現在は廃業)「旭菊水」大吟醸。平成13年のお酒だったでしょうか。



意図して眠らせていたのではなく、とある酒販店の冷蔵庫で発見し購入されたんだそうです。

良く見つけるなぁ。



長野県小布施ワイナリーのソガ・ペールエフィスの酵母違い。



左から3号酵母・4号酵母・5号酵母。

確かこちらのシリーズは1~7と9号酵母の8種類がリリースされていて、僕は1・2・7の3種類を飲んだことがありました。

今回のは、3・5号が飲みやすくて4号はちょっと苦手だったかな。





まだまだ出てきます。。。


※左:京都の玉川酒造でアイスブレーカー右:中島屋でしたったっけ?



個人的にはこの日の一番!酸っぱいお酒でしたが、僕は好き。


※京都の向井酒造。



わ!レア物だ!


※熊野町「大号令」純米大吟醸。



今年のは旨い!


※佐伯区の八幡川純米にごり。



これも旨かった~。


※奈良県「長龍酒造」ふた穂。




※島根県「木次酒造」美波太平洋。

どれが主催者のお酒でどれが持ち込みかすでに分かりません(苦笑)。



この会のクライマックス!



あまり盛り上がっていないように見えますけど、実はカープがクライマックスシリーズ出場を決めた瞬間なのです!



乾杯はこちらのお酒!



日下無双を醸す村重酒造のカープ坊やラベルです~。



〆のリゾット。



旨いリゾットでしたが、聞くところによると酒米の雄町(おまち)で作ったリゾットだそうです。

違和感なく旨かったなぁ。



この日はお店の名前が張られたグラスと持参した無骨なぐい呑みで飲み進めましたが、クイッと呑むとすぐになくなるでしょ?

おかげでペースが速くなり、翌日はしんどい一日を送る羽目になってしまいました(苦笑)。

皆さんも飲み過ぎには注意しましょう〜。

(2013.9)


■会場のデータ
liten+
広島市中区舟入南1ー4ー26
0822754900
11:30~15:00
18:30~21:00
定休日:日・祝・月


その他の日本酒に関する記事はこちらからご覧いただけます。









関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック