白目をきれいに
2013年10月23日 (水) | Edit |
地蔵通り界隈において、「安さん」に引けを取らない渋さがにじみ出ているお店があります。

それはメイン通りの一本裏の筋にあるお食事処『しず』。

思わず南海キャンディーズのしずちゃんを連想してしまうそのお店は、あるT字路の角地でひっそりと営業されています。





入店前に店頭でメニューを確認。



定食がメインで、魚系や揚げ物系・カレーなどの一般的なものがオンメニュー。



とりあえず中に入ってみると、少しくたびれた感がある内装(失礼)が目に入ってきて、お店を切り盛りされている大将と女将さんが出迎えてくれます。

「お好きな席へどうぞ~」との事でしたので、入口脇のテーブルに陣取り、チキンカツが主役の日替わりを注文。



出てきた日替わりは、メインと味噌汁・小鉢・漬物・ご飯という布陣で、ご飯の盛りはやや多めの部類です。





メインのチキンカツは、目視では薄めの胸肉と推察。

実際に食べてみるとその通りでしたが、しっとりとした仕上がりで軽く肉汁が感じられます。



掛けられているデミソースはやや塩が強い印象ですが、ご飯を食べ進めるには悪くない塩分です。




小鉢のひじきは大豆と南京豆が使われており、それらがホロッと崩れるほどにじっくりと炊かれた様子。

味わいは案外さっぱりで、悪くない印象です。

味噌汁も旨く、自家製と思われる漬物もなかなか。

ご飯も適切な炊き上がりですし、お値段以上に良いと感じました。



ところで、ご店主は洋食のご出身なんでしょうか。

コックコートを身に纏われており、メニューも洋食がちらほらと確認できます。



何度か通って和も洋も味わってみたいお店です。

やはり新規開拓は楽しいですね!

ごちそうさまでした!!!

(2013.9)


■お店のデータ
しず
広島市中区富士見町14-1
0822405484
営業時間・定休日:未確認


■しずの訪問記
しず(2013.9)
しず3(2014.6)
しず4(2014.10)
しず5(2015.7)
しず6(2016.3)


その他の飲食店記事はこちらからご覧いただけます。


所在地別飲食店リストはこちらご覧いただけます。









関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック