白目をきれいに
2013年10月12日 (土) | Edit |
今回訪れたのは、中区袋町にある日本料理店の『きっすい』。

この界隈では「獨楽」や「ほりかわ」といった名店がありますが、ここ『きっすい』も負けず劣らず良いお店でした。







訪れたのは雨の強い平日の夜。この天候ならお客の入りは多くないだろうと予想しましたが、念のために予約を入れ席を確保。

実際に訪れてみると、雨だというのに店内は多くのお客の熱気が溢れており、予約なしのお客は断られているようでした。



客席は、半個室のテーブル席と厨房が良く見えるカウンター席の2種に大別。

僕たちの席は、嬉しい事にカウンター席です。



お店の広さ自体は「ほりかわ」と大して変わらない位ですが、スタッフの数は多く、厨房に5名とホールが3名の体制。

少し驚く人員配置ですが、これは品出しスピードなどをご店主が考慮された結果という事でしょうか。



さて、生ビールと共に出された付出は、湯葉が入った卵豆腐。



少し固めの卵豆腐に鰹ベースのあんが掛けられ、カボスの皮で風味付けされています。

湯葉もしっかりと味があり、さっぱりと旨い一品。

これはこの後が期待できそうです。



早く出せるとの勧めで注文した、泉州水ナス。



何もつけずに食べると、ほんのり甘くてさっぱりとした旨さが楽しめます。



そして、オーダー時に勧められたねぶとの唐揚げ。



広島で揚げたてが食べられるとは思っていませんでした!



頭があると耳石が障って食べにくいため頭を取ってありますが、手間が掛かって大変だと思います。

だからこそ、嬉しい一品なんですよ。



そして、ネブトの唐揚げはビールに合うからと勧められたんですが、ビールがあるうちに出てきた事にも感心しました。

勧めておいて、間に合わないお店も結構あるんです(苦笑)。



刺し盛りは常温近くでの提供で、鯛・カワハギ・赤身・イカ・鱧・秋刀魚・カンパチの7種。



ほんのり甘い鯛と厚く切られて肝を巻いて食べたカワハギが特に良かったと感じました。



日本酒1杯目は、愛媛県は石鎚の純米無濾過生。



抑えられたコメの旨味に軽い酸味のコンボで、なかなかの旨さです。



チェイサーとして出てきたのは常温の水。

冷たい方が喉が潤うように感じますが、胃腸への負担を考えての事かなと。

この辺りの配慮には感心しきりです。



じゃこと手作り豆腐のサラダ。



ドレッシングは、自家製と思われるゴマドレッシング。

ゴマの風味が立っていて、甘いけどクドくないのが嬉しいです。

個人的には、酒や料理の流れを考えると、もう少しサッパリしたドレッシングでいただきたいのですが(苦笑)。



日本酒2杯目は、高知県の久礼の手書きラベル。



何だか、秋鹿や悦凱陣のようなラベルで、味も濃醇。

温度が上がると、酸味と米感が強くなるタイプです。



こちらは、広島三頭物語というセット物。





焼いた帝釈峡のしゃも、広島和牛、もみじ豚の3種が食べられます。



合間で飲んだ久保田の紅壽は、野暮ったさが特徴でしょうか。



松茸と鱧の土瓶蒸しは、具材よりも汁にうっとり。





秋刀魚の棒寿司は、やや身が緩い秋刀魚でしたが、味に不満はありませんでした。





料理は「ほりかわ」の方が華やかで驚きがありますが、『きっすい』の行き届いた従業員教育と随所に感じられる目配り気配り心配りは、素晴らしいのではないでしょうか。



僕の中では、旨い魚と旨い酒をバーン!と楽しむ時には前者を、より気持ち良いひと時を過ごしたい時には後者を訪れる事になると思います。

ごちそうさまでした!!!!

(2013.9)


■お店のデータ
きっすい
広島市中区袋町2-25
0822468455
17~24時
定休日:日曜日


その他の飲食店記事はこちらからご覧いただけます。


所在地別飲食店リストはこちらご覧いただけます。









関連記事
コメント
この記事へのコメント
ここ、美味そうですね~!

以前に行った事あるんですけど、満席で入れなくて、結局一度も行けてません
2013/10/14(Mon) 23:50 | URL  | 増井 #1wIl0x2Y[ 編集]
増井さんへ
ここは味が良いし、何よりお店の方々がきちんとお客に向きあってらっしゃるのがイイなと感じました。
お勧めですよ〜。
2013/10/15(Tue) 08:44 | URL  | oomin #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック