2013年09月25日 (水) | Edit |
周防大島から周南市、山陽小野田市を経由して、宿泊地の下関市に到着。

今回の旅行のもう一つのお目当てが、下関駅の近くにある居酒屋『おかもと』です。



このお店を知ったのは「吉田類の酒場放浪記」で。

類さんが良い感じに酔われていましたので、多分良いお店なんだろうと思い、訪問を決めたんですよ(笑)。





お店は、客席スペースと調理スペースに二分。

入口はもちろん客席スペースからですが、そのままストレートに客席に座るのではなく、調理スペースを経由する動線となっております。



そして後ほど写真が出て参りますが、調理スペースに鎮座した生簀やショーケース内の魚介類を横目に見ながら、テーブル席へ。

なかなか立派な魚介類を目の当たりにする動線。

こういう工夫って大切ですよね。



さて、客席は多くのお客で埋まっていて、既にワイワイガヤガヤ。





メニューです。





魚料理のお店ではありますが、グラタンを随分押している様子。

もちろん興味は惹かれましたが、まずは王道の刺し盛りからスタートです。





登場したのは、いか、カンパチ、しめ鯖、サーモン、たこ、ハマチ、しまあじ、鯛、かつお、あわびの10種類。

写真は2人前で、それぞれ4切れあって2,000円。

割とお得感があるじゃないですか。

味の方は標準よりもレベル高く、不満はありません。



白子豆腐の揚げ出し。



白子らしいコクが軽く感じられ、食感はとろっと。

タラの白子をお使いなのかなと感じましたが、らしさを楽しむ事は出来ました。



何かオススメはありますか?と尋ねると、「ショーケースの中から好きなのを選んで!煮物でも焼き物でもしますよ!」とは、何と素敵なお言葉(笑)。

ショーケースの前に行き、物色開始。





左半分は貝がメインで、帆立・鮑・サザエ・岩牡蠣・蛤、そしてツブ貝までありました。





右半分には魚がスタンバイ。フグ・太刀魚・マグロのカマ・鱧・のどぐろ・アコウ・金目鯛・オコゼなど。

お盆なので魚はどうかなと心配しておりましたが、なかなかの物が揃っています。



懐具合を意識しながら魚をチョイスしていると、派手な魚たちの中に、渋いのがいましたぞ(笑)。

これならそこそこのお値段で満足できるだろうと思い注文したのは、キスとメゴチの天ぷらです。

メゴチは釣れても逃がす事が多い魚ですが、食べると淡白で旨いんですよ~。



出てくるまでの間は、イクラをつまみながら、お酒をグビグビと。



なかなか出てこないので、もう一杯グビッと。。。





20分程経ったところで大将が出てこられて、「遅くなってごめんね!もうすぐ出るけぇ!」のお言葉と同時に、空きかけた器にイクラを盛ってくださいました。



料理がなかなか出ない時、待っているこちらはイライラしがち。

そんな時に、一声かけてもらうだけで「あ、気にしてくれてるんだ。」と思い、気分が落ち着くものです。

こちらの大将は、その上を行く対応をしてくださって、感心してしまいました。



で、出てきた天ぷらはこちら。



キスはフカッフカで淡白な白身の旨さ満載。

メゴチはプリッとしていて、思ったよりも旨味が強くて満足。



調子に乗って、アワビバター焼きなぞ。。。

恐る恐る金額の確認をしたら、2,000円からできるとの事でしたので、その金額でお願いしてみました。



熱を通した鮑の身は柔らかて甘く、適度な塩胡椒と肝の苦味で旨さが重層的。

これは文句無しです。



〆には、海鮮丼を注文。

海老、シマアジ、蟹の爪、いくら、雲丹、サーモン、蛸、サヨリ、イカ、鰹、鯛、ホタテのヒモ、貝柱が綺麗に並べられての登場です。



ボリュームがありますし、具材の各々も悪くないです。

白味噌の味噌汁付きで1,000円なら、いいのではないでしょうか。



お店の切り盛りはとてもラフな面がありますが、お客の多くはそれを織り込み済み。

ちょっとしたハプニング(料理が乗った皿を落として割る事、数回w)も酒のつまみにしてしまう雰囲気があって、僕はとても気に入りました。



日本酒が少し弱い面はありますが、そんな事は気にせずに再訪したいと思いました。

ごちそうさまでした!!!

(2013.8)


※訪れる際には予約した方が良いと思います。

■お店のデータ
おかもと
山口県下関市竹崎町2-7-4
0832328551
11時~23時
定休日:日曜日


その他の飲食店記事はこちらからご覧いただけます。


所在地別飲食店リストはこちらご覧いただけます。









関連記事
コメント
この記事へのコメント
おいしいお店のあるところに、吉田類あり!で
こんなところまでいらしてたんですね~
いつも、「これでお金もらえるんだから、幸せなお仕事だな~」と思います(笑)

前記のラーメン屋さん、あの胡椒入れに温度計・・・
どんびきしそうなキタナシュランなお店ですが
機会があればおそるおそる、入ってみたいです(爆!)
2013/09/25(Wed) 12:44 | URL  | くりちゃん #-[ 編集]
くりちゃんさんへ
全国。色々な酒場に行かれてる類さん。
良い感じに酔っ払ったら、そこは良いお店に違いない!
今回も読みが当たりました(笑)。

先日のたちばなやは、古いですが汚さは感じませんでした。
ご安心を〜
2013/09/25(Wed) 15:13 | URL  | oomin #-[ 編集]
「吉田類の酒場放浪記」は毎週録画でよく飲みながら観てます。
ここはまるで魚屋さんのような陳列だな、と印象に残ってました。
好みの日本酒でいただければ最高でしょうね。
2013/09/25(Wed) 21:10 | URL  | mumi #-[ 編集]
mumiさんへ
我が家でも酒場放浪記は飲みながら録画でみています。
陳列されている魚はお値段高そうなものが多かったです。
メゴチを見つけた自分を褒めてやりたいです(笑)。
2013/09/26(Thu) 12:37 | URL  | oomin #-[ 編集]
すごい!
このお店、私も酒場放浪記を見てチェックしてましたw
いつか行きたいなと思っていたので、oominさんの
リポートがとてもありがたかったです。

メゴチはさばく時の事を考えて、釣れてもつい
リリースします~。反省。
2013/10/01(Tue) 11:14 | URL  | Tennenglish #-[ 編集]
Tennenglishさんへ
コメントありがとうございます!
おかもと、なかなか良かったですよ〜。

メゴチは僕もリリース派でした(苦笑)。
2013/10/03(Thu) 09:44 | URL  | oomin(大見高司) #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック