白目をきれいに
2013年09月23日 (月) | Edit |
今年のお盆もまた、山口県内の酒蔵巡りを企画。

前回のGW時には周南市界隈を回りましたが、今回は萩市界隈が舞台。

詳しくは別の記事に譲りますが、非常に有意義な旅となりました。



その旅程の中で初日の昼食として考えたのが、周防大島の2つのラーメン店:「みかちゃん」と『たちばなや』です。



「みかちゃん」は、中区舟入にある「満得」のご両親のお店で、熊本ラーメンを提供。

『たちばなや』はいりこ出汁のラーメンで、人の評を読むと「うどんのようだ」との記述も。

何はともあれ、この有名2店が未訪でしたので、数年ぶりの周防大島訪問と相成りました。



僕が大学生の頃は有料だった大島大橋。



当時は釣り部に所属していたこともあり、料金を支払ってまで足繁く通ったものです。

それが、良い大人になってラーメン連食目的で行く事になろうとは(苦笑)。



大島大橋を渡って左折し、そこから約20km程を道なりに進みます。

すると、「三蒲(みかま)」「椋野(むくの)」「長浦(ながうら)」などという懐かしい地名が。

三蒲と椋野はカレイ釣りで、長浦はキス釣りでそれぞれ訪れたことがあります。



今では釣りは卒業してしまいましたが、当時はまだ暗いうちに自宅を出発し、夜明け直前から釣りを開始。

キス釣りだと午前8時半まで釣って、一眠りして午後2時には帰宅していた事を思い出しましたよ。



さて、2店とも安下庄(あげのしょう)という場所にありますが、先に訪れたのは『たちばなや』。

「みかちゃん」から行くつもりでしたが駐車場が一杯でしたので順番を変えた次第。

近くに車を停めて、港町の細い路地をとことこ歩きます。





すると、商店街ぽい通り沿いにある『たちばなや』を発見!







中に入ると、カラリと晴れた屋外とは対照的に店内は薄暗い蛍光灯の明かりのみ。



しかし客席は満席で、熱気がムンムン。



メニューです。



連食前提での訪問でしたので、迷いなく中華そばのみ注文。



ラーメンを作るのは女性(お母さん)の役割で、男性(大将かな)は客のあしらいが専門のようです。

中華そばが出てくるまでの間、周りをふと見渡すと年季の入った品々があることに気付きました。

胡椒入れ。





温度計。





なかなか渋いですなぁ。



さて、注文から10分ほどで中華そばの登場です。



丼からは、なかなかに強烈ないりこの香りが立ち上がり、鼻腔をくすぐります。

実際にスープを飲んでみると、口の中にいりこの良い香りが充満。

光市の「瀬戸内ラーメン大島」は甘いスープでしたが、こちらのはスキッと仕上がったタイプ。

これは元ダレの差ということなんでしょうか。



麺はやや固めの太麺。

麺をすする度にいりこの良い香りが広がります。

これは旨いなぁ。



チャーシューは、いかにもラーメン屋っぽい甘辛豚バラで、これもまた旨い。


「うどん」と評されていたと先に書きましたが、これは完全にラーメンで、しかも旨いラーメンだと感じました。

個人的にはもう少し油が少ないと嬉しいんですが、そうするとますます「うどん」と言われてしまうのでしょうか。

ごちそうさまでした!!!

(2013.8)

※次に訪れた「みかちゃん」は、「この後、色々入ってしもぅて。今日はもう終わったんよ!」との事。やられてしまいました(苦笑)。




■お店のデータ
たちばなや
山口県大島郡周防大島町大字西安下庄真宮1-1
0820770132
10:30~?
定休日:不定休


その他の飲食店記事はこちらからご覧いただけます。


所在地別飲食店リストはこちらご覧いただけます。










関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック