2013年09月22日 (日) | Edit |
毎年恒例のお盆のお墓参り。

昼の回転寿司・夜の焼肉が定着して、もう何年になりますでしょうか。

そして、あと何年親子で墓参りに行けるのでしょうか。

なるべく長く続けたいものです。



さて、夜の焼肉店を探すのはもちろん僕の仕事。

毎年お店を変えるようにしておりまして、これは焼肉店の新規開拓機会として非常に重宝しております。



昨年は堺町の「ぶち」に行きましたが、今年は、昨年満席のため断念した『みつる』に予約を入れて訪問してきました。



お店の場所は、市内中心部方面から見ますと、国道2号線沿いで市工(広島市立工業高校)を少し過ぎた辺り。

住所で言うと南区仁保新町になります。







1階は駐輪場と駐車場で、2階がお店です。

構造的にはパティオピロティ状とでも言えば良いでしょうか。



踏みづらが少し狭くて蹴上げが少し高い階段を上がっていくと、そこは厨房前のスペース。

僕たちは、真ん中が丸くくり貫かれたテーブル席(ボックス席か)に案内され、とりあえずドリンクをオーダーしました。



少しすると、くり貫かれたところに七輪を設置。

熱源のオガライトは既に赤く熱を放っていました。



メニューには、一般的な焼き物・一品物が載っていますが、その中に生ものメニューを発見。



ユッケに、生タン。

これはそそるメニューですよ(笑)。



焼き物はみつるセットというお任せ5種盛りを注文し、野菜サラダ、ユッケ、生タン等のサイドメニューも併せて注文。



まずは野菜サラダから。



キャベツ・たまねぎ・カイワレ・コーンがうず高く山を形成していて、その下には1枚が大振りなレタスが数枚。

マヨ系ドレッシングは焼肉に合わせると、ちとクドイ点だけが気になりましたが、500円にしては量は多いので良しとしましょう(笑)。



生タンは風味が強くなく、ほんのりとタンの味が感じられる程度。

甘い醤油は少し苦手でした。



決して悪い一品ではありませんが、期待が高かっただけに、生タンを食べた事実にのみ満足です。



ユッケです。



細切りの肉に甘みを押さえたタレを絡め、卵黄を乗せての登場。

タレの味が良く、肉もなかなか旨い!

これはリピート有りかな。



続いては、みつるセットの先陣を切って、コウネの登場です。



表面を軽く炙って食べてみると、そこそこに旨みが強くなかなかの旨さ。

カルビ・ホルモン・鶏・ソーセージは一皿に盛られての登場です。



この中ではカルビの旨さが特筆物。

さしの入り方も良いですし、実際に食べてみても旨いカルビであることが分かります。

アラカルトで注文すると500円との事ですが、食べてみると驚きますよ~。



その次に良かったのはホルモン。

脂がぷりぷりのタイプで、旨くないはずがないよねという一品でした。



追加のタン塩とレバー。





タン塩はまずますで、もさっとせず甘みを感じるレバーはなかなかの旨さでした。



〆の辛辛クッパ。



具材は、ナムル・カクテキ・豚肉で量は多め。

ラー油の香りが強いスープで、個人的には〆で食べるにはちょうど良い辛さ。

一人で食べるにはちょっと多いかもしれません。



『みつる』は、良い肉を仕入れ量を調整して提供することで、肉の価格を安価に抑えている印象を受けました。

そして、サイドメニューもなかなか充実。

東雲・仁保界隈で旨い焼肉屋は?と聞かれると、名前を出すことになると思います。

ごちそうさまでした!!!

(2013.8)


■お店のデータ
みつる
広島市南区仁保新町1-3-32
0822854129
17:30~23:00
※昼営業もしていた記憶が。。。
年中無休


その他の飲食店記事はこちらからご覧いただけます。


所在地別飲食店リストはこちらご覧いただけます。









関連記事
コメント
この記事へのコメント
パティオ?
ピロティですよね?
2013/09/22(Sun) 11:27 | URL  | 鯖男 #195Lvy4Y[ 編集]
鯖男さんへ
> ピロティですよね?

です(苦笑)。

知ったかぶりして書くといけませんね。。。
修正しておきます〜。
2013/09/22(Sun) 11:44 | URL  | oomin #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック