2013年09月13日 (金) | Edit |
広島市中心部の旧西国街道。

本通商店街から平和記念公園を抜け、頼山陽煎餅のお店や天満町の天満宮、西郵便局から太田川放水路を渡ると己斐にたどり着きます。



その道中、件の煎餅店を過ぎた辺りに『さち』と言うとんかつを食べさせてくれるお店があって、そこが今回の舞台です。





この道は長年通勤経路として利用していまして、沿道で気になるお店の一つでした。



お店の前にある駐車場に車を停めて中に入ると、右手側が座敷、正面にはカウンター、左側にはテーブル席と言う配置が確認出来ます。



メニューです。



平日ランチメニューが6種類あって、初訪時はやはり、おすすめNO.1のロースカツ定食を注文でしょう。





定食の内容は、キャベツを添えられたロースカツ、ご飯、豚汁、つけもの、タレと言ったところ。

説明書きを読むと、こちらのお店はタレが売りとの事。

粘度の低いタレに大根おろしとウズラの黄身が入っている辺り、見た目からして他店と違う事が分かります。





まずは何もつけずにとんかつを一口。

とんかつは肉の旨味はそこそこあって、食感は少しパサつくタイプ。

衣は硬く、ガリっとした食感です。

タレに浸してみても、少々では衣が柔らかくなりません。

試しに5分くらい漬けてみると、ようやくしっとりし始めるほど。



個性的なカツとタレですが、個人的にはサックサクの衣の方が良いなぁ。

ごちそうさまでした!!

(2013.8)


■お店のデータ
さち
広島市中区堺町2-4-27
0822323022
11~15時
18~22時
定休日:未確認


その他の飲食店記事はこちらからご覧いただけます。


所在地別飲食店リストはこちらご覧いただけます。









関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック