白目をきれいに
2013年08月14日 (水) | Edit |
火曜日と水曜日は、僕たち不動産業界に身を置く者の休みの日です。

銀行や役所が開いているので何かと便利なんですが、その一方で、飲食店の休みと重なる事も多々あったりして。



この日は新規開拓で海田町のお好み焼き店「建部」か久々の「遊山」に行くプランを描きましたが、前振りの通り、どちらも定休日(苦笑)。

さて困ってしまいましたが、一生懸命見つけた次の候補が、馬骨出汁のラーメンを食べさせてくれる『木鶏(もっけい)製麺所』です。



お店は安佐南区大町にありまして、老舗ラーメン店「しまい」と同じ通り沿いで少し沼田寄り。

こぢんまりとした店舗ですから、見逃す可能性があります。





中に入ってみると、店舗の中央に調理場があって、それを囲むようにコの字型のカウンター席が用意されています。



メニューです。



7種類のラーメンに、ライス、餃子、セット物などがオンメニュー。

初訪のお店ではノーマルなメニューを注文するのが定石としていますが、同行した妻がノーマルなラーメンを頼んでくれましたので、僕は馬肉ラーメンを注文。





スープ表面の油膜、背脂が印象的なビジュアルで、丼からは甘さを想起させる香りが感じられます。

具材は、フレーク状の馬肉とメンマ、もやし、青ネギ。

麺は細めのストレート麺です。




まずはスープを飲んでみると、見た目とは裏腹に案外さっぱり。

そして、鶏と野菜の優しい出汁という印象ですが、馬の出汁は僕には判別不能。

馬骨は甘さが特徴との事ですが、馬肉フレークの味付けが甘辛く、どちらに由来した甘さか、この時点では分かりませんでした。

少し冷めてくると、まったり甘さが出てきましたが、おそらくこれが馬骨のニュアンスなのかなと。



セットの餃子はまずまずの旨さでしたが、ラー油は花椒のニュアンスが良く出ていて旨かったです。





卓上の無料キムチは辛さが穏やかで、こちらもまずまず。





ノーマルのラーメンは、馬肉ラーメンよりも馬のニュアンスが良く伝わってきましたので、初めての時はノーマルの方が良いと思います。

総じて丁寧に作られた料理群で、なかなか好印象。

近所にあればちょいちょい訪れるだろうなぁ。

ごちそうさまでした!!!

(2013.6)


■お店のデータ
木鶏製麺所
広島市安佐南区大町西3-19-7
0828777039
11~15時
18~翌2時
定休日:月曜日


その他の飲食店記事はこちらからご覧いただけます。


所在地別飲食店リストはこちらご覧いただけます。








関連記事
コメント
この記事へのコメント
馬骨の出汁自体珍しいですね。
鋭い舌のoominさんが判別不能ってことはあんまり癖がないのかもしれませんね。

西條鶴の純米大吟醸原酒「神髄」を父が中元にもらったので飲んだのですが、かなり甘口でした。自分が飲んだ中では天吹と同じくらい。広島の酒はやや辛口気味かと思ってたけど甘いのもあるんですね。千本錦は甘いのかな。
2013/08/14(Wed) 18:09 | URL  | ジジ #-[ 編集]
海田町のお好み焼きなら、「寄り家」が美味いですよ〜(・∀・)
2013/08/14(Wed) 18:46 | URL  | ごんた #-[ 編集]
ジジさんへ
馬骨珍しいですよねー。
そもそも馬骨の味が分からないので判別できなかったのもありますが、馬肉フレークが邪魔だったかもしれません。神髄は、開栓から随分経ったものを居酒屋で飲みましたが、開けたてだと香り高く甘みも強そうな印象でした。キンキンに冷えてないとクドイのかなと。
あ、ちなみに、舌は鋭くありません。バッタ物です(苦笑)。
2013/08/16(Fri) 10:32 | URL  | oomin #-[ 編集]
ごんたさんへ
> 海田町のお好み焼きなら、「寄り家」が美味いですよ〜(・∀・)

調べてみましたら、八昌系なんですね!
僕の好みかもしれません。

建部は古い店で昔の焼き方という点に興味を持ちました。
いつか行きたいな、と思っています。
2013/08/16(Fri) 10:35 | URL  | oomin #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック