白目をきれいに
2010年05月18日 (火) | Edit |
時代は進み、色々なセキュリティシステムが登場しました。

マンションですとオートロックなんて言う物は、有って当たり前。

窓や玄関ドアの防犯センサー、不在時に訪れた人の顔を録画するシステム、鍵がないと動かないエレベーター、静脈や指紋の認証システムまで、各物件競い合うように採用しています。

僕が今売っているマンションもその例外ではなく、高いレベルのセキュリティシステムを売り文句にしています。



しかし残念ながら、どんなセキュリティであろうと万全ではありません。

本当に悪意のある人間は必ずと言って良いほど、すりぬけて侵入します。



特に過信してはいけないのが『1階のオートロック』と『鍵がなければ動かないエレベーター』です。

一見、ガードが固そうに見えますが、入館者の後について入れてしまいます。

一旦中に入ってしまえば、玄関付近のメーターボックス(給湯器などが有るスペース)を物色し合鍵を探したりします。



僕の売っているマンションでも先日、同じことが起こりました。



2人組の男性が「オートロック」と「鍵がないと動かないエレベーター」を突破してマンションに侵入してきました。

宅急便のお兄さんの後について入ったようです。

たまたまこの2人組を見かけた住人の方から販売事務所に電話が入り、僕が男たちを見つけてそれとなく出て行ってもらいました。

やはりメーターボックスを開けて何かをしていたんです。

その後、管理会社に連絡し、管理会社から警察に話をしてくれたようです。

未遂に終わってなによりでした。

※今後は後について入られないように対策を講じています。



このようなセキュリティでも、いとも簡単に破られてしまいます。

もし玄関の鍵を掛け忘れていたお宅が有ったら・・・

そう思うとゾッとします。



マンションというのは、「隣近所と付き合わなくて良い」としばしば勘違いをされます。

本当は「隣近所と付き合わないという生活ができる」なんです。



理想を言うと、隣近所とは親しくしておいた方が良いのです。

上下階の騒音問題も仲が良い方の子供さんが騒ぐのとそうでない方の子供さんが騒ぐのでは印象が全く異なります。

また、コミュニケーションを取っておくと見ず知らずの人間がいたら気付く事が出来るんです。



そう、防犯の最後の砦は人の目なんです。機械に頼りすぎず、人の輪で防犯力を高めたいものですね。








関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック