白目をきれいに
2013年06月25日 (火) | Edit |
「そいや、このメンバー(新体制後)で飲んでないよね。」という事になったんでしょうか。

急遽、飲み会を開催することとなり、幹事を拝命いたしました(笑)。



今回のメンバーで難しいのは、4人中2人がお酒を飲まないこと。濃い味の料理が多いとお酒を飲まない人には辛いかもしれません。

色々と考えた結果、決めたお店は、しつこい料理が少ないと思われる中国料理店『むしやしない』。

ここなら各方面へのアクセスが悪くないですし、何より雰囲気が良い事とお酒を飲む2人にも不足のないラインナップがあるだろうと思った訳です。



今回の料理は2,500円のコース。

3,000円でも良かったんですが、どのくらい食べる人達か分からないと言うのが、2,500円にさせた大きな理由でしょうか。



さて前菜は蒸し鶏とキュウリ、ネギのサラダ。



スクエアにカットされたキュウリスティックの上に蒸した胸肉を乗せ、さらにその上からオイルでマリネされたネギがどっさり掛けられています。

胸肉と一緒にネギを食べると丁度いいんですが、ネギ単独ですとオイリーで少し塩気が強い印象。



続いては、豚の冷しゃぶ。



水菜の上に豚の冷しゃぶ肉を乗せ、醤油ベースで八角を効かせたタレが掛けられて提供されました。

こちらはさっぱりと旨く、タレで中華をアピールといった印象。



揚げ物3種は、油琳鶏・おこわ・パンと海老の揚げ物(?)。



油琳鶏は以前昼に訪れた時にもいただきましたが、穏やかに甘酸っぱいタレで鶏の唐揚げがさっぱり食べられる一品。個人的には、これ、お気に入りなんです。

おこわは塩味での提供で、なかなか旨さ。黒いのは黒米でしょうか。

もう一つは、その場では「パンと海老の揚げ物」と表現しましたが、後ほど調べてみますと「蝦多士(ハトシ)」という、広東料理でもあり長崎卓袱料理のひとつであることが判明。

そういえば、先日見ていたTV番組で「長崎県NO.1のオススメ」的な紹介をされていました。

なるほど、あれかぁ。



青菜と海老の炒め物。



青梗菜を干し海老っぽい海老と炒めた料理で、海老の風味が強いのが特徴でしょうか。

この辺りの料理は塩梅がよく、お酒のあるなし関わらず美味しくいただけたと感じております。



豆腐料理。



説明聞き逃しで詳細不明ですが、生姜が良く効いていて体が温まる旨い料理でしたよ。



飲んだお酒は、日本酒とワイン。

日本酒は小布施ワイナリーの2号酵母と7号酵母があり、もちろん嬉々として両方注文(笑)。

2号の酸に対して7号は優等生的。なかなか面白い飲み比べでした。



竹鶴は、茶色瓶の酸味一体と小笹屋竹鶴を。

紹興酒のような酸味一体に対して米のコクがある小笹屋。この対比もなかなかでした。

ワインは、何かのロゼを飲みましたがあまり記憶に残っておりません(苦笑)。



前菜を除けば、比較的さらっと食べられる料理群。そして、料理もお酒もきちんと説明してくださるご店主。

やはりここは良いなぁ。

次回は夜のアラカルトに挑戦してみようと思います。

ごちそうさまでした!!!

(2013.5)



■むしやしないの訪問記
むしやしない(2012.5)


その他の飲食店記事はこちらからご覧いただけます。


所在地別飲食店リストはこちらご覧いただけます。









関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック