2013年06月09日 (日) | Edit |
※南区稲荷町に移転

安佐北区可部にあるタイ料理店『ぴぃすぅあ』。

ツイッターでも時々このお店の情報は見かけた事があって、なかなか良さそうな印象を持っておりました。

しかし、生活圏から大きく外れたこの地には、仕事で来ることはあっても、プライベートではなかなか機会を得ず。

なので今回は、GW休暇を利用して訪れてみました。



お店の場所は国道54号線沿いで、マルナカ可部店を過ぎ、焼肉の「えん」も過ぎた辺りです。



お店の前にある数台分の駐車場に車を停め、いざ入店~。



店内は思いのほか広く、中国料理店にあるような大きな丸いテーブルが中央に鎮座し、その周囲にはテーブル席が3つほど。

間仕切りで仕切られた座敷席も2~3あるようでした。





メニューです。





曜日によって提供する内容が異なっており、これは祝日か否かは関係ないみたい。



トムヤムクンやタイカレーでは当たり前すぎて面白味がありませんので、ここはあえての日替わりをチョイス。

この日のメインはキャベツと春雨の炒め物で、タイからの留学生宅の家庭料理を再現したとの説明書きがありました。



お店の切盛りは、ホールに女性が1名いる以外には厨房に複数名いる様子。

料理の提供は基本的にはゆっくり目ですので、出されたお茶を飲みながらトークに花を咲かせるのが吉ではないでしょうか。





料理が出てくる少し前に、卓上調味料が運ばれて来て、一つ一つを説明して下さいました。





全部で5種類ありますが、どんな場面で使うと良いかのレクチャー付き。





注文から15分ほどで、キュウリ・サニーレタス・トマトの野菜サラダの登場です。



トマトの酸味が穏やかで甘みがあり、なかなか旨い野菜サラダでした。





続いてはランチ本体。



交互に織り込まれた網代風のトレイにご飯・スープ・メイン・小皿・フルーツが乗っての登場。

ご飯はジャスミン米と言うそうで、いわゆる長粒米。

炊き加減は固めで個人的には好きな部類のお米でした。



メインの炒め物は、ニンニクとナンプラーが効いており、なかなかの旨さ。

粗めの鶏そぼろが食感+味のアクセントになっています。



炒め物には順番に卓上調味料を使ってみましたが、僕はナンプラーが好きなんだということを改めて認識。

少し魚の臭いが強いんですが、それが僕にはしっくりくるみたいです。



スープはチキンベースで人参・ジャガイモ・鶏モモ肉という内容。

じんわりと旨いタイプで、合いの手には丁度良かったです。



小皿には鳥の揚げ物が。

一口いただいた直後は、ハーブの効用でしょうか、スーッとする感触を楽しめ、その後は塩気と強めの辛味がやって来ます。



別注文で、ドリアンのジェラートを。



食べ始めは冷たさ等で隠されていますが、途中からは「あぁ、これがドリアンだな」と思える風味が感じられるようになりました。

個人的には可もなく不可もなくでした。



タイ料理を食べた経験は「にんにくやナマオ」「おさんぽまさら」「いなばのタイカレー(缶詰)」と非常に少ないんですが、そのなかでは『ぴぃすぅあ』が一番旨いのではないかと感じています。

機会を作って、夜に訪れてみたいなぁ。

ごちそうさまでした!!!

(2013.4)


■お店のデータ
ぴぃすぅあ
広島市安佐北区可部8-14-10
0828145554
11~15時
17~22時
定休日:火曜日


その他の飲食店記事はこちらからご覧いただけます。


所在地別飲食店リストはこちらご覧いただけます。









関連記事
コメント
この記事へのコメント
タイ料理とか冒険もするんですね。
タイバーガーというのも気になる笑

父が「楽車」に行くらしいのですが、予約しなくて大丈夫な店でしょうか?
2013/06/10(Mon) 19:15 | URL  | ジジ #-[ 編集]
ジジさんへ
タイ料理、冒険ですか!?そーでもないですよ〜。
楽車は週末でなければ予約なくてもいけると思います。
とは言え、念のため予約した方がいいですよー。
2013/06/11(Tue) 00:11 | URL  | oomin #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
広島市安佐北区エージェント:貴殿の記事ダイジェストをGoogle Earth(TM)とGoogle Map(TM)のエージェントに掲載いたしました。訪問をお待ちしています。
2013/06/10(Mon) 08:57:02 |  ケノーベル エージェント