2013年05月30日 (木) | Edit |
先日の訪問後、撮った写真をチェックしていましたら、メニューの中に「汁なし担々麺 890円」の記載を発見。

麻婆丼が650円なのに汁なし担々麺が890円なんて、どんなものが出てくるんだろうか。。。

そんな変なポイント(!)が気になり、実際に食べるために再訪してみました。



出てきた汁なし担々麺は、こんな感じ。



上から掛けられたタレからは芝麻醤が色濃く感じ、そこに赤いラー油が彩りを添えています。

具材は豚挽き肉、刻み青ネギ、青梗菜という布陣。赤と緑のコントラストが綺麗ですねぇ。



まぜまぜしようかと思い麺を持ち上げてみると、麺の下に隠された細切りの野菜を発見。



これは珍しい設えで、不足がちな野菜を補って欲しいとのお店の配慮と受け取りましたが、いかがでしょうか。



実際に食べてみると、芝麻醤のコクが強いものの酸味が裏方として機能しており、見た目ほどのしつこさは感じさせません。

ラー油由来の辛さは穏やかで、山椒による痺れはなし。総じて白ご飯のお供に良さそうな味付けという印象です。



他のメニューとの比較で言うと、コストパフォーマンスが劣ると感じざるを得ませんが、個人的には嫌いな一杯ではないんですよねぇ。

ごちそうさまでした!!

(2013.4)


■和長發の訪問記
和長發(2013.4)
和長發3(2013.6)


その他の飲食店記事はこちらからご覧いただけます。


所在地別飲食店リストはこちらご覧いただけます。








関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック