2013年05月29日 (水) | Edit |
久々に八丁堀「國松」の汁なし担担麺4辛が食べたくなり、勤め先から早足で歩くこと6分ほど。

「さぁ、ここの角を曲がれば!」という地点なのに、すでに行列が確認できるなんて(苦笑)。

訪れたタイミングが土曜日のお昼で、しかもTV番組での紹介後。

バッドタイミングだったんでしょうねぇ。。。



ちょっと時間が読めないかなと思いましたので、踵を返して勤め先近くでお店を探すことに。



さぁて、何がありますかねぇと歩いていたその時、今まで存在に気付いていなかったお店が目に飛び込んでまいりました。

そこが今回訪問した『さえき』と言う喫茶店。

お店の場所は、広島トランヴェールビルの裏。中国料理の「和長發」の隣です。





店頭には日替わりランチのメニューが出ており、この日はチキンカツがメインで550円との事。





中に入ると、左前方に広がるがらんと広い店内空間が目に飛び込んできて、右側の厨房付近にいらした女性から好きな席に座るよう促されました。





席に座り、脇に有ったメニューを一応確認。



日替わりランチ以外には、焼きそばやナポリタン、カツ丼、カレーなど、喫茶店的なメニューをいくつか確認。

翻意する内容でもありませんでしたので、日替わりを注文しました。



厨房からはチキンカツを上げる音と、チン!と何かを温めたのかなと思える音が。

カツは揚げたてだけど、小鉢あたりが作り置きなのかなと考えているところに、日替わりの登場です。





ややタイトな大きさの木のトレイに、ご飯・チキンカツ・味噌汁・サラダ・小皿などが乗っての登場。

その姿を見た瞬間、ひょっとしたらこのお店当たりかもしれないと、ちょっと認識を変えさせられました。



まずはご飯を一口。やや固めに炊かれた玄米ご飯で、なかなかの旨さ。

サラダはルッコラや水菜が中心で、酸味の効いたドレッシングはノンオイルかオイルがほとんど使われていない印象。味噌汁はわかめなどが入った赤出汁で、こちらも悪くない。



メインのチキンカツは、見た目からは鶏モモ肉と判断。細かな揚げ衣に油の良い香りが印象的です。



実際に食べてみると、驚くほどしっとりと仕上がったモモ肉に、ソース代わりのポン酢が良い仕事をしています。

いやいや、これはなかなか。



チンと温めていたのは、おそらく小皿の野菜たちかなと思います。



アスパラ・大根・白ネギ・絹さや・ジャガイモが、塩で焼かれたりタレで焼かれたり。

旨いのはもちろんの事ですが、この手の皿が出てくることに驚くと共に、何だか嬉しくなりました。



個人的には大手町「シェモア」以上のインパクト。ちょっと通ってみようと思います。

ごちそうさまでした!!!

(2013.4)


■お店のデータ
さえき
広島市中区紙屋町1-4-25
0822469339
営業時間:未確認
定休日:日曜・祝日


■さえきの訪問記
さえき2(2013.6)
さえき3(2013.6)


その他の飲食店記事はこちらからご覧いただけます。


所在地別飲食店リストはこちらご覧いただけます。








関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック