白目をきれいに
2013年05月28日 (火) | Edit |
本通り商店街西端にお店を構えるお好み焼き店、『うずしお』。

ここの評判は僕の耳にも色々と入ってきてはいますが、どうも抽象的な内容が多く、その詳細がよく分かりません。

ならば自分で行ってみるのが一番だと思い、この度の訪問と相成ったわけです。





1階にはホビーのお店が入店しており、その横にある階段で2階に上るとお店の入り口が。





中に入ると、正面にはホールと厨房を行き来するための入り口があり、その右側にある鉄板周辺はホール担当の女性店員の待機場にもなっている様子。

店内にはあちこちに色々な飾り物やカープ選手のサイン色紙が飾られており、やや雑然とした印象を受けました。





メニューです。



トップメニューはカキが入ったデラックスで、なかなか良いお値段。

ノーマル系のメニューはレギュラーと呼ばれており、そばの有無で値段が変わる仕組みのようです。

今回は、レギュラーのそば入り800円を注文してみました。



鉄板前に陣取ることが出来ればよかったんですが、焼いている最中のお好み焼きで一杯でしたし、そもそも座れそうな雰囲気はゼロ。

なので、詳しい焼き方は確認できなかったのは、ちょっと残念ですがやむなしですかね。



注文から3分ほどで出てきたお好み焼きがこちら。



青海苔と、オタフクかなと思われるソースがふんわり香ってくる辺り、一般的なお好み焼きと変わらない印象です。



箸を使って一口食べた各パーツの印象ですが、しっかり目に火が通った卵・適度な火の入れ方のそば、少しべチャッとした印象のキャベツ・厚くて固めの冷めた生地というもの。

特に気になったのは生地で、僕は作り置いたような印象を受けました。

不思議に思い鉄板の方を見てみると、出待ち中のお客よりも多い数のお好み焼きの本体が、ひっくり返す直前の状態で鉄板上にスタンバイ。



おそらくは本体待機場の鉄板は熱が低いんでしょうが、キャベツに熱が通らないように生地を厚めにしているのではと推察いたしました。

そしてそのキャベツはかなり細く切られており、こちらも早く熱を通すための工夫だと理解する事に。

そうすると、生地の厚みや作り置きっぽさは説明がつきます。



好意的に解釈すれば、この日は菓子博初日のためそれなりの客入りを期待して、回転をあげるバージョンで提供されたのかもしれません。

商売的には理解できなくもありませんが、せっかくの工夫で味を落としてしまっては本末転倒。

普通に時間をかけて普通に焼いてくだされば、普通のお好み焼きを出せるお店だと思うんですがねぇ。

ごちそうさまでした!

(2013.4)

※接客は特に気にならず。


■お店のデータ
うずしお
広島市中区大手町1-5-15
0822450117
10~23時
定休日:なし


その他の飲食店記事はこちらからご覧いただけます。


所在地別飲食店リストはこちらご覧いただけます。








関連記事
コメント
この記事へのコメント
!ひとつのお好み焼きやさん!!!
にちょっとびっくりしました~
お好み焼きやさんで3分で提供・・・
忙しい方にはよいかもしれませんね。

でも私は待ってもいいので
やっぱり焼きたてのお好み焼きがいいです(;_;)
2013/05/28(Tue) 17:15 | URL  | くりちゃん #-[ 編集]
くりちゃんさんへ
ま、そういうお店は少ないと思います。

数を裁く事に主眼を置いて、味は二の次としか理解出来ません。待ってでも熱々の方がいいですよねぇ。
2013/05/28(Tue) 23:22 | URL  | oomin #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
消費者詐欺被害センターは『お金を騙し取られた』などの悪質な詐欺被害情報を検索、投稿出来る口コミサイトです。『おかしいな?』と思ったらまずは検索を!
2013/06/11(Tue) 02:02:29 |  ぴゅあらば | 消費者詐欺被害センター