2013年05月27日 (月) | Edit |
※2016.5閉店?店名変更?

的場町の「てんしん」と言えば、盛りが良い事で有名な漢字の『天津』が知られていますが、今回訪れたのは、大衆演芸場「清水劇場」の南側にあるひらがなの『てんしん』。

先日来、この界隈を用務で訪れることが多く、ちょっとの隙間時間を使っての探索時に見つけたお店なんです。





店頭にあるランチメニューでラインナップを確認し、中へ。



入ってすぐの所にある赤いカウンター席は奥にまっすぐ延びており、席数は7席ほどだったでしょうか。

古い佇まいではありますが、清掃が行き届いており、20名ほど入れる座敷での宴会も悪くはなさそうな雰囲気。

カウンターと厨房は赤い壁で隔てられておりますが、何箇所か長方形の大きな穴が空いていますので、向こう側の様子が見えなくもないと言う設えです。



注文したのは麻婆丼500円。

3本連続で麻婆系の記事で申し訳ないとは思いますが、やたらと食べたい時期でしたのでご容赦を。。。





出てきた麻婆丼は、所々から野菜が顔をのぞかせるビジュアル。

具材の野菜は量は多くありませんが種類が豊富で、タケノコ・ニンジン・玉ねぎ・椎茸・グリンピースというラインナップ。

一口いただいてみると、ピリとした辛さはあるものの味噌の甘みもあり、比較的食べやすい麻婆丼かなと感じました。



お店の切盛りは世代の違う男女2組。

メインで調理していた男性とその奥様とご両親の4名体制かなと言う印象を持つに至りました。



隣客が食べていたサービスランチの盛りが良い事を確認しておりますので、次回があればぜひ注文してみようと思います。

ごちそうさまでした!!

(2013.4)


■お店のデータ
てんしん
広島市南区的場町2-1-8
0822623058
11:30~15:00
17:00~22:00
定休日:なし?


その他の飲食店記事はこちらからご覧いただけます。


所在地別飲食店リストはこちらご覧いただけます。








関連記事
コメント
この記事へのコメント
おはようございます。
30年前はこの界隈も賑わっていました、最近また戻りつつあるみたいですね。駅前が変わっていく速度にどう影響が出るんですかね・・・
2013/05/27(Mon) 11:43 | URL  | カネショウのだいちぱぱ #2kcZhwMs[ 編集]
カネショウのだいちぱぱさんへ
駅前再開発で街は綺麗になりますが、愛友市場などの古く暗い街がなくなる事が寂しく感じます。

そこに住まない少数の意見かもしれませんが、街の多様性がなくなると居場所を失う方も出てくると思うと、何だか寂しいんですよ。

無機質な街にならなければ良いなと、一市民として懸念しています。。。

2013/05/27(Mon) 23:28 | URL  | oomin #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック