白目をきれいに
2013年05月20日 (月) | Edit |
※H26.4閉店確認

勤務地が少しだけ変わっただけなんですが、周りに多くの未訪店を確認しており、それだけでお昼がとても待ち遠しいものです(笑)。

その多くは、本通りの西側(サンモール側)に点在しておりまして、現在地からは徒歩で十分に攻め込める距離。

逆に、鷹野橋方面に行きにくくなったのは残念なことです。



さて今回訪れたのは、老舗ラーメン店の『びぜんや』。

前職時代にすぐ近くのオフィスビルで働いていたものですから、何度か訪れたことがありますが、もうかれこれ15年ほど前の事です。



お店の場所は、鯉城通りの一本西側。最近オープンした『板蕎麦 香り家』の向かい側にお店があります。





中に入ると券売機2機がお出迎え。ボタン数の多さに圧倒され、ほとんど初訪状態の僕はしばし立ちすくんでしまいましたよ(苦笑)。



よく見てみると、右側は醤油ラーメンで左側は味噌ラーメンの券売機との記載が。

醤油気分でしたので右側に移動し、個人的には最もプレーンと思われるチャーハンセット的なメニューを探してみました。。。



すると、中ほどにボタンを発見!

無事購入できましたが、「これを食べよう」とある程度決めて入店しないと、時間ばかり掛かって後続のお客に迷惑をかけてしまいます。ご注意下さい。



客席は、お店の左半分を細長いコの字カウンターが占め、右半分と奥はテーブル席のスペース。

このカウンターは福山市「自由軒」などの酒場が採用する形で、ラーメン店でこれに出くわすとは少し面食らってしまいました。





食券を手渡してから5分と待たずに注文の品の登場です。





ラーメン丼からは生姜を思わせる香りが感じられ、実際に飲んでみると動物系のコクや昆布・鰹のニュアンスと共に生姜もしかと感じられます。

比較的ゼラチン多めのスープで、これが意外(失礼)にも、なかなかの旨さ。





麺は中細ストレートで、ややプリッと感があるタイプです。店内掲示によるとウコンを練りこんでいるとの事でしたが、味からは判別できず。



チャーハンは、良くも悪くもベーコンの香りが支配的。個人的には嫌いではありません。



サラダはオイリーな醤油系ドレッシングの味が強め。

こうなると、このセットにおいて口休め的な存在がありませんので、濃い味が苦手な方は苦戦するかもしれません。



ちなみに、お値段は650円。

郊外店ならともかく、中心部のお店としては相当のコストパフォーマンスと言って差し支えないでしょう。



個人的には再訪ありと考えていますので、次回はスッと注文が決められるように予習して行こうかな。

ごちそうさまでした!!!

(2013.4)


■お店のデータ
びぜんや
広島市中区大手町2-1-12
0822479176
11:00~22:20
定休日:日曜日


■びぜんやの訪問記
びぜんや2(2013.5)


その他の飲食店記事はこちらからご覧いただけます。


所在地別飲食店リストはこちらご覧いただけます。








関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック