2013年04月08日 (月) | Edit |
「一力」と名が付く飲食店は、西区観音新町の食堂「一力観音」と中区榎町のお好み焼き店「一力(未訪)」、西区庚午中のうどん店「一力庵」が思い浮かびます。

今回訪れた『京都一力』は京都府ではなく中区江波にあるうどん店。

このお店の存在は全く知りませんでした。



今回は、「なにわや」を楽しんだ帰り道に偶然見つけ「うどんならお腹に入るかな」と思い、訪問した次第。

ま、いわゆる連食というやつですが、「なにわや」ではラーメンしか食べていませんしスープも残しておりますので(苦笑)。。。



お店の場所は、広島銀行江波支店の少し南側。舟入の電車通りを南下し続ければ、自然とお店にたどり着くことができます。



店内には4人掛けのテーブルが整然と並べられており、最奥に厨房が位置する構成。入口付近にはレジと持ち帰り用の窓口が設置されています。



「さて、何うどんにしようかな」と壁に掲示されたメニューを見上げますと、何と中華そばのメニューが。



お店の人に声を掛け、それぞれのメニューについて概要をお聞きした上で、中華を注文してみました。

※ちなみに白湯(ぱいたん)は豚骨ラーメンの事だそうです。

※こんな事してるからラヲタって言われるのかなぁ(苦笑)。



注文から2~3分で中華そばの登場です。



運ばれてきた時点でまず鼻腔を直撃したのは、昆布の香り。

「あぁ、うどん屋さんのラーメンだからね」などと知ったかぶりをしながらスープをいただいてみると、意外にも和風に偏っておらず、中華そば的な雰囲気をしかと感じ取ることができました。

とは言うものの、ベースの動物系はそこまで濃くなく、やはり鰹や昆布を感じる時もあります。

表面には脂が薄い層を成しており、これが中華そばらしさを演出する肝の部分と感じましたが、いかがでしょうか。



具材はもやし、青ネギ、メンマ、チャーシューという布陣。チャーシューは「なにわや」と比べると穏やかな味付けです。

麺は中細ストレート。これも原田製麺ではないでしょうか。





総じて大きな不満はなく、無難にまとめた一杯という印象。

もし次回があれば、うどんを食べるか和風の中華そばを食べるか悩むなぁ。

ごちそうさまでした!!

(2013.2)


■お店のデータ
京都一力
広島市中区江波西1-28-6
0822922360
営業時間・定休日:未確認


その他の飲食店記事はこちらからご覧いただけます。


所在地別飲食店リストはこちらご覧いただけます。








関連記事
コメント
この記事へのコメント
はじめて、コメントします。
いつも楽しく、読ませてもらい、食べ歩きの参考にさせてもらってます(^^

うどんでしたら、宇品の「幅屋」がおいしいですよ。
未訪でしたら、一度、行ってみてください(^^

2013/04/08(Mon) 22:32 | URL  | ごんた #-[ 編集]
ごんたさんへ
コメントありがとうございます!
大した事は書いていませんが、多少なりとも参考にしていただければ嬉しいです〜。

幅屋は一度お店の前まで行ったんですが、な、何と定休日でした(苦笑)。

機会を見つけて行ってみようと思います。
2013/04/09(Tue) 10:21 | URL  | oomin #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック