2013年03月29日 (金) | Edit |
「冷たい雨が雪に変わり」とは、THE ALFEEの「1月の雨を忘れない」という曲のファーストフレーズ。

立春を過ぎたとは言え、そんなフレーズを思い出すような夜に『il vecchinoイルベッキオ』というイタリア料理店を訪れました。



お店の場所は中区富士見町の地蔵通り沿い。

勤め先の先輩から「良かった」との評を聞いていたのと、訪問された別の方の賛辞をツイッターで見たのがほぼ同時期に重なった事を訪問のきっかけとしてみました。





中に入ると、正面に奥の厨房に伸びるまっすぐな通路があり、その左脇にテーブルが4~5卓ほど設置。

そして後から気付きましたが、厨房前にはカウンター席もあるようでした。



メニューです。





コースメニューもあるようでしたが、いつもの如くアラカルトで前菜4品にメイン2品を注文。

やや時間が経って生ビールが登場しましたが、その旨さにちょっと驚いてしまいました。



一口飲んで気付いたのは、適度に炭酸が抜けていること、泡がとても滑らかであること、麦芽の旨味とホップの苦味がスッと鼻に抜けていくことの3点。

これは、サーバーの手入れと注ぎの技術が揃ってないと提供できないクオリティではないでしょうか。

そう思いホール担当の男性にビールが旨いと伝えると、思った通り、ビールに対するこだわりを聞く事ができました。



そしてもう一つ驚いたのが、生ビールの銘柄がキリンの「一番搾り」だった事。

個人的には酸味が強くてあまり好きではない銘柄(※缶で飲んだ場合)なんですが、ここで飲むと全くの別物に感じます。

キリンの「一番搾り」は麦芽100%(調べてみると2009年からそうなったみたい)で作られており、プレミアムモルツやヱビスなどと同じとの事。

しかし通常のビールとして販売されており価格も据え置きのため、お店では「一番搾り」を出しているそうです。

「一番搾り」のリニューアルの件は知りませんでしたので、「なるほどなぁ」と初手から唸らせてもらいました。



そんなやりとりの後に、バーニャカウダの登場。





はなっこりーやモロッコインゲンなど、普段の生活ではあまり食べない野菜を始めとして10種類以上がお皿を彩っています。

そして、いずれの野菜も味濃く、エグ味とは無縁の旨さ。もちろんソースも旨かったです。



続いては、海老とキノコのガーリックオイル煮。



ここでは、エリンギの甘さが印象的。そして、刻みニンニクの香りがしっかり移ったオイルは、とってもサラサラしています。

具材を食べ終えた後は、添えられたバゲットをオイルに浸してワインのお供に。





こちらは、一連の料理に合うワインとして出していただいた「カザマッタ」という白ワインです。トスカーナのワインで造り手はビービー・クラーツ。最近の注目株とのこと。

味わいとしては、レモンとグレープフルーツを足して2で割ったような酸味が特徴でしょうか。

酸味のお陰でさっぱりと感じますがブドウらしい果実味もあり、なかなか旨いワインでした。



後続の黒毛和牛の炙りカルパッチョは、チーズ・野菜と共に登場。宮島産牡蠣のソテー・焦がしバターソースは、小振りの牡蠣のソテーと菜の花等の野菜のフリットと共に。





これらは、どちらもまずまずでした。



パスタは、イカ肝と白ネギと柚子のオリーブオイルスパゲティを。



イカ肝の旨味が全体を支配し、「ひょっとしたら日本酒と合わせても良いのでは」と思わせるほど。

塩分もギリギリ上限まで効かせてあります。

僕は気に入りましたが、非常にバランスが微妙な料理なのかなと。イカ肝の強い旨味を考えると、案外好みが分かれる一皿かもしれません。



この日のラストは寒ブリのソテー・バルサミコソース。脂の乗ったブリを酸味のあるバルサミコソースで食べるのは、なかなか旨いものですね。





この日は6皿をいただきましたが、総じて、素材の良さが感じられる料理群という印象。特に野菜の質が良いように感じました。

ホールの男性(後から店主と判明)の気持ちのこもった説明も好印象で、久々に出会った再訪したくなるイタリア料理店。

次は季節が変わった頃に訪れてみようと思います。

ごちそうさまでした!!!

(2013.2)


■お店のデータ
Il vecchinoイルベッキオ
広島市中区富士見町6-11
0825698689
12:00~14:30
18:00~23:00
定休日:日曜日


■イルベッキオの訪問記
イルベッキオ2(2013.5)
イルベッキオ3(2015.8)


その他の飲食店記事はこちらからご覧いただけます。


所在地別飲食店リストはこちらご覧いただけます。








関連記事
コメント
この記事へのコメント
こんばんは。ここのお店評判がいいですね、それと今回のレポートとって解かり易く料理の薫りまで鼻先をくすぐるような刺激を感じました。行く気満々状態に突入です。なるべく早いうちに行きたいと思います、ありがとうございます。
2013/03/30(Sat) 17:38 | URL  | だいちぱぱ #2kcZhwMs[ 編集]
だいちぱぱさんへ
取引先などにも紹介して実際に行かれた方もいますが、概ね好評のようです。

個人的には、料理が旨いだけではなく生ビールが旨いのが嬉しいです。イタリア料理店で生ビールが旨いお店って多くないものですから。

あ、それとそんなに高くないのも大事なポイントでした(笑)。
2013/03/31(Sun) 23:23 | URL  | oomin #-[ 編集]
追加情報ありがとうございます。私も過去に二回これは旨いと思えるお店がありました。元宇品のヨットハーバーと嫁の里にあるビブレ内のキリン直営のビアホールです。今もあるかは不明ですが、マッチ棒が立つ泡でした。
2013/04/01(Mon) 17:44 | URL  | だいちぱぱ #2kcZhwMs[ 編集]
だいちぱぱさんへ
僕は宇品の生まれですが、元宇品のヨットハーバーは気になります!
2013/04/01(Mon) 23:28 | URL  | oomin #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック