2013年03月28日 (木) | Edit |
「肉食べたい感」が衰えたんでしょうか、焼肉店を訪れる頻度は以前よりも減少しております。

だからこそ、お気に入りのお店は大事にしたい。

そんな思いから、中区堺町の焼肉店『西三代』に今年初の訪問です。



この日はいつも注文するタン・コウネ・もやし・キムチを経由して、久々もしくは初めて注文した焼き物がいくつかあります。





ハラミはご存知かと思いますが牛の横隔膜で、肉のような見た目とは裏腹にモツ(内臓)の一種として扱われています。

何だか意外ですよね。


※久々。



カルビは面白い見た目。

一般的には赤身にサシが入った見た目ですが、こちらのは長辺の一つに脂の層が集中していて、まるで鴨肉のような脂の付き方。


※こちらも久々。

食べてみると、実にあっさりとした味わいです。



コブクロ(子宮)。


※ここでは初めて。

コリッとした食感で、豚特有の香りが強め。妻は苦手のようでしたが、僕は結構気に入りました。



ヤサキ。いわゆるハツ(心臓)の事で、心臓の形が矢の先のような形をしているので、ヤサキと呼ばれるそうです。

ヤサキ独特の旨味が強めですが、後味はさっぱりと。


※こちらもここでは初めてのはず。



〆にはもちろん五目めしと中華そばを。ここの中華そばは下手な専門店よりも旨いんですよ。







やっぱり好きだなぁ『西三代』。

ごちそうさまでした!!!!

(2013.1)


■西三代の訪問記
西三代(2010.4)
西三代2(2011.2)
西三代3(2011.11)
西三代4(2012.7)
西三代6(2014.11)





その他の飲食店記事はこちらからご覧いただけます。


所在地別飲食店リストはこちらご覧いただけます。








関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック