白目をきれいに
2013年03月21日 (木) | Edit |
中区紙屋町に新しく出来たサンマラーメンのお店で、事前情報では「ふじもと」系だろうとの事。

もしそうだとすれば中区中心部にオープンする初の「ふじもと」系ということで、個人的は食べに行きやすくなります。



さてお店の場所は、先日訪れた「小太郎」の向かい側。



中に入ると、ここはバーかいなと感じるようなハデ目の内装が目に飛び込んできます。

カウンター上の照明はヤシの実型で、キラキラ輝くペンダントタイプ。奥には壁掛けの薄型テレビがあり、流れているのは氷室恭介のライブ映像。

僕は「味喜」の内装をイメージしておりましたが、いやはや何ともラーメン店らしからぬ内装です。



メニューはお約束の木製ではなく、ラミネート加工された一枚物。



今までの「ふじもと」系のお店は、サンマ・まぐろ・ホタテ・アサリ・海老の5種類の出汁を用意しておりましたが、こちらはサンマ一本で勝負。

必然的にメニューは塩か醤油の二択となります。

個人的には、何年も「ふじもと」系のノーマルラーメンを食べていませんので、若干懐かしがりながらのサンマ醤油オーダーです。





出てきたラーメンのビジュアルは、過去の記憶とほぼ一致します。

実際に食べてみると、ざらつきを感じるスープは濃い目の動物系とややエグミを感じるサンマのWパンチ。

そして思いのほかスープ表面の油の層が厚く、オイリーな印象も受けました。



具材はもやし、うずらの卵、青ねぎ、薫香がする豚バラという布陣。

麺は固めに茹でられた中細麺ですが、「ふじもと」とは異なる印象。ひょっとして麺が変わっているのかもしれません。



出来としては悪くは感じませんが、こんなもんだったかなぁというのが正直なところ。

現在では違った感想も見受けられますが、これは訪問時期による違いなんでしょうか。



今までの「ふじもと」系は個人が出店された印象が強いんですが、こちらは飲食店経営をする企業が資金を提供して店長を配置、ラーメンを作る方は実際に「ふじもと」で修行され企業の社員として雇われている。

そんな印象を受けた今回の訪問でした。



次回の訪問は、少し日にちが経って落ち着いた頃にサンマ塩狙いかなぁ。

ごちそうさまでした!!!

(2013.2)


■お店のデータ
永斗麺
広島市中区紙屋町1-5-22
0822056227
11~21時
定休日:不定休


■永斗麺の訪問記
永斗麺2(2013.2)
永斗麺3(2013.6)


その他の飲食店記事はこちらからご覧いただけます。


所在地別飲食店リストはこちらご覧いただけます。







関連記事
コメント
この記事へのコメント
とても魅力的な記事でした!!
また遊びに来ます!!
ありがとうございます。
2013/03/30(Sat) 15:19 | URL  | 株式の初心者 #-[ 編集]
株式の初心者さんへ
コメントありがとうございます。
是非、またお立ち寄り下さいね〜。
2013/03/31(Sun) 23:19 | URL  | oomin #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック