白目をきれいに
2013年03月04日 (月) | Edit |
お好み焼きに使ううどんは、鉄板の上に置いてラードを注ぎ、ほぐし炒めるのが一般的。

中区中町にあるお好み焼き店『よっくん』のは少し違っていて、そばの生麺と同じように一度茹でてから鉄板に置きます。

この事を前回訪問時にお店の方から聞いておりましたので、確認のためにこの度再訪した次第。



鉄板前は前客で占拠されておりましたが、タイミング的に鉄板前で食べることは可能との事で、これは嬉しい配慮です。

焼いているところを見る事は出来ませんが、鉄板前で食べられるだけ良しとしなくては。



さて、件のうどんを使ったお好み焼き。





断面を見ると、きしめんの様な形状のうどんが見えると思います。





こちらはお好み焼きの外周部。うどんを上から撮ってみました。





実際に食べてみると、ぴろぴろのうどんはそれ自体の味が質素で、味としては少しの物足りなさが。

これなら、うどんに下味を付けるプロセスがあっても良いかもしれません。

ごちそうさまでした!!

(2013.1)


■よっくんの訪問記
よっくん(2012.10)


その他の飲食店記事はこちらからご覧いただけます。


所在地別飲食店リストはこちらご覧いただけます。







関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック