白目をきれいに
2013年03月03日 (日) | Edit |
僕は生まれも育ちも広島市内。

高校生の頃は、土曜日の昼食でサンモールやユニード、広島百貨店、銀山町時代の丸八(100円ラーメン)、シェーキーズなどをしばしば利用しておりました。

ひょっとしたら、それ以来、サンモールの地下には訪れはするものの食事をした事がないかも。。。

そんな事を思い出し、この度のサンモール訪問のきっかけにしてみました。



訪れたのは11時30分頃。

既に出来始めていた「一蘭」の行列を尻目にサンモールに入店。

入り口脇の階段で地下に降り、奥に進むと飲食店街に到着します。



ざっと見渡すと、丼物の「ザ・ドン」、カウンター居酒屋っぽく見えた「お食事処やまき」、うどん等の「米っ人」、寿司の「銀華」、移転&リニューアルに驚いた「あまんじゃく」、「ロッテリア」、中国料理の『蓬莱』の7店が確認出来ました。

この中から昼食の舞台として選んだのは、『蓬莱』。

同行していた社の先輩の勧めと客の入りの良さで決めました。





客席はカウンター席のみで、12席程だったでしょうか。

お店の切り盛りは若い男性3名。無駄な動きが少なくとてもスムーズなオペレーションは、かなり高度です。

およそ研修など存在しなさそうな雰囲気(失礼)ではありますので、まさにOJT(オンザジョブトレーニング。要はやらせて覚えさせる(笑)。)の賜物だと感じましたが、いかがでしょうか。



メニューです。





内容はご飯物とラーメンの2種に大別でき、中でも写真が大きくイチオシっぽいのは天津丼。

他のお客のを見ると盛りが良さそうでしたが、空腹につき注文してみる事に。



調理過程で面白いと思ったのは、ご飯の上に丸く厚く焼いた卵を乗せる動作。

一人前ずつ焼いていくんですが、焼き上がったら卵をご飯の上に叩きつけるように乗せるんです。

フワッと乗せれば良いのにバシッという音が聞こえそうな勢い。

これはこのお店の伝統なんでしょうか。それとも、彼だけのパフォーマンスなんでしょうか。



さて、出てきた天津丼がこちら。



左は同行者が頼んだ小サイズ。右が僕が注文した普通サイズです。

まさに、今は亡き「中国飯店」クラスの盛りの良さ。

現役店では吉島の「鳳琳」や的場町「天津」などがその類かなと。



実際に食べてみると、天津丼はあんがとても滑らか。

それ自体の提供温度も高くありませんので、スルスルっと食べ進める事ができます。

あまりのスルスル振りに、飲み物みたいな丼だと思いましたよ(笑)。



味は予想とは異なり濃い味ではありませんでした。

この量で濃い味だと飽きるはずですので、流石に量と味付けのバランスを取ったんでしょうか。

具材は、豚肉・玉ねぎ・人参・ネギ・キクラゲ。ここまで来ると、具材は何でも良いような気がします(笑)。



チャーハンは中華お玉すり切り約2杯分ありましたし、ここはご飯物の盛りが良いのが特徴なんですね。

※ラーメンは一般的な量。

個人的には中華丼もチャーハンも気になりますので、折を見て再訪したいと思います。

ごちそうさまでした!!!


(2013.1)


■お店のデータ
蓬莱
広島市中区紙屋町2-2-18 サンモール地下1階
0822471280
11~20時
定休日:サンモールに準ずる


■蓬莱の訪問記
蓬莱2(2013.8)


その他の飲食店記事はこちらからご覧いただけます。


所在地別飲食店リストはこちらご覧いただけます。







関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック