2013年02月22日 (金) | Edit |
ブログを書いていて一番うれしいことは、飲み友達が増えること。

そのようにして知り合った友人は、職業や年齢などは一切関係なくフラットな付き合いが出来る方が多いですので、一緒にいても気が楽です。



このたび訪れた『香り家』という蕎麦店は、ブログを通じて知り合った友人の増井さんから開店情報をいただき、訪問候補としてピックアップしていたお店。

まずはお昼に行こうかなと思ったんですが、妻が「夜に蕎麦食べたい」と申すものですから、蕎麦前を楽しむのも良いかもねと思い、夜に訪問してみました。



お店の場所は、本通り商店街の南側。電車通り沿いのJカフェを川に向かって進むとお店が見えてきます。



訪れたのは金曜日の19時すぎ。最もお客が入っている時間帯だと思いますが、透明ガラス張りの店内にはお客が2組だけです。

少し不安になりましたが、とりあえず入ってみることに。



照度が暗い店内には白木系の調度品をメインで据えられています。

テーブルも椅子も高さが少し低めですので、非常に見通しがいい印象を受けました。



メニューは大きく分けると蕎麦(温・冷)と一品物とドリンクの3種。

とりあえず何品か一品物を注文してお酒を楽しむことにしました。



突出は蕎麦の実の素揚げ。



塩を振っただけですが、ふんわりとした蕎麦の香りとカリカリの食感、適度な塩気でなかなかの旨さ。

スターターには適した一品だなと感じました。



そば豆腐はゴマ豆腐のようにネットリとした豆腐で、風味が蕎麦。個人的には結構好きな一品です。





舞茸とささみの柚子おろし和え的な一品。正式名称、失念しました。。。



ツユが少し甘さを感じた記憶がありますが、もう少し酸味が立っていても良かったかもしれません。



焼き鳥は串ではなく皿で登場。鶏モモ肉を焼いて、濃い目の甘辛ダレで味付けしたものでしょうか。





続いては、鴨肉を塩コショウで焼き、鴨肉から出た脂で白ネギを焼いた一品。適度に食感のある鴨肉はしっかりと味わいがあり、白ネギからも鴨の風味が感じられ、かなりの旨さ。

これはこの日一番の品でした。


※Nさん、ありがとうございます。



そば団子の揚げだし。中はネットリ、外はカリッとのコントラストが面白い一品。揚げ出しじゃなく揚げたてをそのまま食べてみたいなぁ。





鰹のたたき。ゴマとにんにくと醤油で味付けだったでしょうか。

これはたたきというよりも、刺身の表面をほんの軽く炙っただけで、刺身のカテゴリーに入れてもいい一品。



個人的には鴨と並んで気に入りました。



お酒はエビスの中瓶から日本酒に移行。僕が飲んだのは「幻 白箱」「飛露喜 特別純米」「ばくれん 超辛口」の3杯。

この他には、雨後の月の辛口純米、月山、黒龍逸品などが一升瓶で冷やされていました。

熱燗は美和桜一本だったかと。



最後に蕎麦を注文。

こちらの蕎麦は、山形の板蕎麦だそうでして、事前情報では噛み応えがある蕎麦と聞いておりました。蕎麦は細いのと太いのから選ぶ事が出来ましたが、お店のお勧めである太い蕎麦を注文。

横に長~い木製のお盆に太い蕎麦が乗っての登場です。





実際に食べてみると、グッグッとしっかり目に噛むタイプの蕎麦でして、ぎゅっと中身が詰まった蕎麦という印象を持ちました。

ほんの少し粉っぽさを感じましたが、気にならない人の方が多そうなレベル。蕎麦の風味はそう強くはないかな。



箸で持ち上げた蕎麦を下半分だけツユにつけて食べてみますと、これが実に物足りない。

蕎麦がツユに負けているというよりも、蕎麦の表面がつるっとしていますので、ツユの乗りが悪いのかなと感じました。

2回目からはそば全体をツユにしばらく浸して後いただく事に。

すると、蕎麦がツユを少し吸ったんでしょうか、馴染みが良くなり楽しむことが出来ました。



総じて味付けは濃い目で、これは山形方面の味付けを意識した結果だと感じましたが、いかがでしょうか。

料理の価格は一般的にイメージされるそば屋よりは抑えられていますし、お店の立地・設えからすると若い世代や女性を狙ったライトなそば屋で、僕のようなそば初心者でも利用しやすいなと感じました。



結局、板わさや蕎麦味噌焼きなどの王道的料理を食べ忘れましたので、次の機会には頼んでみようと思います。

ごちそうさまでした!!!

(2013.1)

※ちなみに、19時30分過ぎてからはお客がどんどん入ってきました。お一人様の方もちらほらと。


■お店のデータ
香り家
広島市中区大手町2-7-27
0822472490
11:30~24:00
定休日:なし


その他の飲食店記事はこちらからご覧いただけます。


所在地別飲食店リストはこちらご覧いただけます。







関連記事
コメント
この記事へのコメント
こんにちは
紙屋町、八丁堀界隈に出向いたおりには、1FにブックオフがあるビルのPに駐車するのでこのお店の前はよく通ります。蕎麦好きなので興味はありましたが、太麺がネックになってます。細麺もあるみたいですね。

しかし 何時も思ってましたが、よく食べられますねぇ!私達夫婦ではアルコール有りでもこんなに食べれないと思います。食欲も健康のひとつで良い事ですね。
因みに家内は呑めないので、私の良きドライバーです。大きな声では言えませんが…(^_^;)
2013/02/22(Fri) 10:52 | URL  | カーラー #-[ 編集]
カーラーさんへ
コメントありがとうございます!

香り家は太麺だから面白いのかもしれません。もし、蕎麦好きであれば一度は行ってみられたらいいと思います。

品数、多いですかねぇ(苦笑)。ついつい、食べ過ぎてしまうので気を付けなくては、とは思うんですが(苦笑)。
2013/02/22(Fri) 19:50 | URL  | oomin #-[ 編集]
こんばんは。昔の人間なもので、蕎麦と聞くと「粋な人」を連想します。うどん、お好み焼き等とは私には同格以上の食べ物です。香り家さんスタッフと共に伺わせていただきましたところ普段は行かない雰囲気を楽しんでいたみたいです。私もブログで教えて頂いきました。大見さんをはじめ多くの方はすさまじい情報量をお持ちでビックリです。いつも参考にして助かっています。実のところ皆さんの御蔭でおやじの株ちょっと上がり気味でございます。ありがとうございます。
2013/02/22(Fri) 20:12 | URL  | だいちぱぱ #2kcZhwMs[ 編集]
だいちぱぱさんへ
僕は、蕎麦に関しては粋だねと言う考えは持ち合わせていない事に、最近気付きました。粋よりも満腹を求めているようです。

詳しくは後日の記事に譲りますが。。。
2013/02/22(Fri) 23:52 | URL  | oomin #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック