白目をきれいに
2013年02月18日 (月) | Edit |
※2015.9閉店確認

お酒を飲んだ次の日って、辛いものが食べたくなりませんか?

僕は、毎回辛いものが食べたくなります。

しかし、飲んだ翌日の辛いものって、アルコールで荒れているはずの食道や胃を刺激するだけで、体にとっては何もいいことが無いような気がします。

が、それでも食べたくなるから不思議です。



今更ですがネットで関連性について調べてみますと、「唐辛子に含まれているカプサイシンが肝臓の働きを活発にするので、二日酔いがいち早く解消できる」との記述を発見!

ネタ元は「所さんの目がテン!(日本テレビ系列・毎週土曜日放送中)」の2006年12月3日に放送された「酔っぱらいの七不思議」です。



ついでに、二日酔いの時に筋肉が痛くなる現象や、やたら眠い理由も調べてみましたら、YAHOO知恵袋にその答えが書かれていました。

端的にまとめますと、前者は、二日酔いの原因物質が筋肉細胞を破壊するから、後者は眠りが浅いから、だそうです。

これが本当に正解とは限りませんが、調べるとある程度の事が分かるネットって便利ですね。



さて、友人たちとの新年会を楽しんだ翌朝の事。

まさかの二日酔い気味。。。

酒量は控えたつもりでしたが、年末年始によく飲みましたので肝臓がお疲れだったんでしょうか。。。



冒頭でも申し上げたように、こんな日は辛いものが食べたい!

昼食は、つけ麺・担担麺・辛いラーメン・カレー等の中から訪問店をピックアップすべく、12時少し前から(勤務中のため)周囲にばれないように脳内検索開始。

この日は、前からちょっと気になっていた未訪のカレー店に行く事に決めて、勤め先を出発しました。



目指したのは、福屋広島八丁堀店の裏にある「カレー館」というお店。

ここは以前、「きずなや」で土日祝限定のランチを食べた際に見つけて、チェックしておいたお店です。

老舗カレー店の「サンカレー」と「ファミリーマート」の間の路地を福屋方面に抜ける途中にあるお店で、路上のA型看板か2階部分の袖看板を目印にすると、わけも無くたどり着けると思われます。







階段をトントントンと上り中に入ると、正面に調理場とそれを取り囲むL型カウンターがあって、そこには12席ほど用意されていたでしょうか。

右奥はガラス張りの明るい空間で、一段下がったスペースに4人掛けのテーブルが2卓確認できました。

客層は男性がメイン。勤め人と思われる年齢層に混じり、60歳を超えていると思われる男性もちらほらと。



お店の切盛りは男性1名・女性2名の合計3名で。

黙々とカレーの準備をする男性と調理補助&接客の女性2名の布陣で、お店のキャパシティを考えると丁度良い人数かと思いました。



メニューです。





ワンコインのビーフカレーから1,280円の牛タンカレーまで20種類のカレーがスタンバイ。

コクのあるカシミールカレーや酸味のあるビンダールカレーも気になりましたが、注文したのはチキン(煮込み)カレーの大盛り。

辛さはA~Zまであって、中間所っぽいHでお願いしてみました。



注文が入ると、大きな寸胴からカレーをすくって銀色の小鍋に移し、ガスコンロで加熱開始。カレーは沸騰するまで熱せられます。

ライスはターメリックライスでしょうか。白いナッツ型の器に盛られ、少しの化粧を施したらルーと一緒に供されます。





実際に食べてみると、ホッとする味で素朴な風合い。系統としてはココイチに近い路線で、まずまずの旨さ。

ライスは保温の問題でしょうか、少し提供温度が低かったのが残念です。

総じてまずまずという印象。



「サンカレー」「桃丘」「ココイチ」「」「アルバ」「一楽章」と、競合店が多い中で生き残るのはなかなか大変だと思いますが、がんばっていただきたいものです。

個人的には、ちょっと高いんですがビンダールカレーが気になりますので、機会をみつけて再訪してみたいと思います。

ごちそうさまでした!!

(2013.1)


■お店のデータ
カレー館
広島市中区堀川町5-15
0822490511
11~21時
定休日:未確認


その他の飲食店記事はこちらからご覧いただけます。


所在地別飲食店リストはこちらご覧いただけます。








関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック