白目をきれいに
2013年02月16日 (土) | Edit |
僕にとっての食べ歩きとは、おいしいお店や高額店(そこそこ高額も含む)ばかり行くのではなく、安いお店やちょっとどうかなという雰囲気のお店にも足を運ぶ事。

こんな書き方をすると怒られるかもしれませんが、それぞれのカテゴリーにおいてピンのお店からキリのお店まで食べておく事(できれば自分でも調理してみること)は、そのカテゴリーを理解する上で重要な経験になります。

所詮は自己満足の世界ではありますが、美味しいものを食べたい・作りたいという根本的な欲求に素直なだけではないかと思っておりますが、いかがでしょうか。



さて時折、幣ブログで取り上げるチェーン店ですが、もちろん食べ歩きの対象としております。

脂が強かったり、味付けがきつかったりで好みから外れるお店が多いのも事実ですが、それは訪れて初めて分かること。

そんな理由から、食べ歩きを始めて以降の毎年大晦日は、普段行かないチェーン店を積極的に訪れることにしております。

ま、これには大晦日に営業している確率が高いのはチェーン店という背景もあるんですけどね(苦笑)。



今回は、勤め先徒歩圏内に4店舗もありながら、一度もその敷居をまたいだことがない『やよい軒』という食堂を訪問することに。

数年前に「ほっかほっか亭」の既存店舗の多くが「ほっともっと」に変わった事をご記憶の方もいらっしゃると思いますが、そのきっかけとなった会社の一つが「プレナス」という会社で、『やよい軒』をフランチャイズ展開している会社なんです。

今回は、車でサッと行きやすい佐伯区の店舗に訪問してみました。





お店の場所は、コイン通りにあるスーパーのイズミのすぐ近く。

ソフトバンクがあったり、スティックスイーツファクトリーがあったりと賑やかな商業ゾーンにありますが、それ故見落としがあるかもしれません。ご注意ください。



お店の外壁部分のほとんどは透明ガラスで覆われており、店内の設えはもとより混雑状況や券売機の存在までがひと目で確認できるようになっております。

店内に入ってすぐ右側にある券売機で注文する品の食券を買い、店員の誘導に従って席に着席。

今回注文したのはとりカツ定食。魚よりも肉系の方が無難かなと打算を働かせた結果の注文でもあります(苦笑)。



出てきた定食は、とりカツ6個とそれに添えられたキャベツの千切り。お替り自由のご飯と味噌汁、漬物という内容です。



まずはとりカツを一口。中粗のパン粉をまぶして上げられたとりカツは、衣の歯応えがサクサク。

肝心のとりはモモ肉に塩コショウで下味を付けたもの。そこそこ肉汁もあり、そんなに悪くない印象です。



これとのベストマッチを探るべく、添えられている芥子を試すことに。

う~ん、何でしょう。ちょっと違うにおいがする芥子で、残念ながらとりカツとは合いません。

次にウスターソースを試しましたが、ソースの甘さが気になり、これも合わない。

塩がありませんでしたので、その代わりに醤油で食べてみることに。衣と肉の油脂を醤油の塩分で和らげてくれますので、試した中では最もいい組み合わせのように感じました。



ご飯はやや固めで不満のない炊き上がり。味噌汁は、まあレトルト的な味わいですが、この手のお店ではこんなものでしょう。



『やよい軒』は、20代あるいは油脂に強いと自負する30代以降の方には適したお店ではないでしょうか。

僕も15年前でしたら、ちょいちょい通っているのではないかと思います。

ごちそうさまでした!!

(2012.12)


■お店のデータ
やよい軒五日市店
広島市佐伯区五日市5-10-26
0829437751
10~23時
定休日:なし


■やよい軒の訪問記
やよい軒2(2015.11)


その他の飲食店記事はこちらからご覧いただけます。


所在地別飲食店リストはこちらご覧いただけます。







関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック