2013年02月11日 (月) | Edit |
世羅と聞いてパッと思いつくのは「世羅ワイナリー」「アスパラガス」「世羅高校(駅伝)」「花」位でしょうか。

世羅には2~3年に一度ドライブで訪れることがあって、「世羅ワイナリー」で半日潰したり、「花(芝桜やチューリップなど)」を見に行ったりする程度。

その他の関わりで言うと、初代世羅町の基になった2町9村の中に僕の苗字と同じ名前の村がありますので、個人的には何となく親しみを持っております。



さて、そんな世羅町の食材をメインに用いたお店『世羅の大地』の事を知ったのは昨年(H24年)の事。

ツイッターのタイムラインでランチが良かったという呟きを見つけて、「まぁ、あの人が良いって言うんだったら間違いないだろう。」と心に留めていたお店です。



お店の場所は仏壇通りと流川通りが交差する辺り。

ラーメン好きな方には「和田党新天地店」の並び、そこそこ食べ歩いている方には「きんどん(未訪)」のあるビルの1階、接待系のお店に強い方には「八雲」の近く、と言えば場所のイメージがお分かりいただけるのではないでしょうか。





2段ほど段を上がって店内に入ると、右半分が奥まで厨房が伸び、左半分はカウンター席と最奥にテーブル席が用意されています。



僕たちが案内されたのは、入口入ってすぐのカウンターソファ席。この席は厨房を横から奥に見通すことが出来て、調理過程がよく見える席です。

席もゆったりしていますし、なかなかいい席に座ることが出来ました。

お店の切盛りは男女3名で、ご店主兼シェフ(と呼ばれていた)の男性、調理補助・ドリンク担当の男性、接客メインの女性という布陣。

皆さんサンタクロースの帽子を被ってのお出迎えでしたよ。



メニューはクリスマスの特別コースが2種に、アラカルトは大別すると肉と野菜の2種。

初めてのお店ではいつもアラカルトで注文するんですが、コースメニューがお得に見えましたのでクリスマスコースをお願いしてみました。



アミューズはサーモンのムース。



スモークサーモンを使ったと思われるムースは、軽い薫香と滑らかな舌触りでなかなかの旨さ。

何気なく添えられたキュウリはこちらがメインかと思うほどに瑞々しく旨いキュウリでした。



続いてはオードブルで、季節の野菜と生春巻きの登場です。



それぞれの野菜からは甘さ、酸味、土の香りなどがしっかりと感じられます。でも見たことがない野菜もあって、説明を受けたんですがカタカナが多いため名前は失念(苦笑)。

そこに掛けられたグリーンのドレッシングは、マヨネーズやマスタードの風味と柑橘系かなと思われる酸味が感じられます。

これは野菜サラダとしても秀逸。



生春巻きはズワイガニの身、アボカド、貝柱の3つを少し厚めでもちっとしたライスペーパーで包むという構成。僕は中の具材よりも皮の旨さが印象に残りました。



スープはオマール海老を使ったビスク。



オマール海老の風味はもちろん感じられますが、それよりもシナモンのような香りと由来不明(野菜ではなさそう)の甘さが際立ちました。

少し調べてみると、蜂蜜を入れるレシピもあるそうですのでその手の甘さだったのかもしれませんが、甘々のシナモンラスクのようで個人的にはちょっと苦手な甘さでした。



スープに添えられたパンは、鉄板で表面をこんがりさせてからの提供。



一つはフォカッチャのようなパンでコーンの粒が入ったもの。もう一つの黒ゴマが入ったパンは黒ゴマの風味が驚くほどに強く、かなりの旨さでした。



メインのステーキは、ヒレ肉・フォアグラ・焼き野菜に黒トリュフの入った赤いソースが掛けられています。



世羅のみのり牛のヒレ肉はミディアムレアで提供され、内側から肉汁がジュワッと出る仕上がり。フォアグラは小振りですが、笑ってしまうほどの旨さ。

ソースはおそらく赤ワインを煮詰めて作ったものでしょう。技法や名称に明るくありませんのでこれ以上の事はよく分かりませんが、旨いので良しとしましょうよ(笑)。



野菜で面白かったのは紫色のカリフラワー。

なぜに紫?と調べてみますと、色が変わっているのは品種改良の結果との事。なすびと同じ色素だそうです。

実際に食べてみると、とても張りがあり癖のない味でなかなかの旨さ。

カリフラワーが大の苦手な僕が旨いと言うのですから、この旨さ間違いないですよ。



デザートはこちら。クリスマス特製ノエルです。



大まかに言うと、生クリームとイチゴがメインのケーキですが、面白い事にヤーコンという野菜が使われているとの事。

スポンジの中に刻んだヤーコンが入っていて、シャキシャキ食感ですので言われなければ甘くない梨と思うかもしれません。



最後は、グァテマラコーヒーでクールダウンして終了。



サービス陣はと言うと、ドリンク担当の男性が快活な歯切れの良い説明でリズム感を作ってくれ、時折シェフが料理の説明をしてくださり、接客メインの女性もアットホームで丁寧な対応。

とてもゆったりとした気分で食事をすることが出来ました。



訪れた日は12月25日。

前日までは非常ににぎわったそうですが、この日はほぼ貸しきり状態。訪れたタイミングも良かったのかもしれません。



順番は逆かもしれませんが、次回はランチを狙って訪れてみたいと思います。が、勤務中なので待つようだったら困るなぁ。

ごちそうさまでした!!!!

(2012.12)


■お店のデータ
世羅の大地
広島市中区流川町2-24
0825410152
11:30~13:30
18:00~21:30
定休日:月曜日
※ランチ営業は土日祝のみ。


その他の飲食店記事はこちらからご覧いただけます。


所在地別飲食店リストはこちらご覧いただけます。







関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック