白目をきれいに
2013年01月31日 (木) | Edit |
年末にちょっと贅沢をしに、福山に行く事に。

往路は山陽本線を乗り継いで行く事にしたんですが、悩んだのは昼食を食べるタイミングです。

最初はむさしのお弁当を買って電車の中で食べようと思ったんですが、他の乗客に対してちょっと気が引けたものですから、途中下車して食べる事に。



おなかの空き具合と夜の部のスタート時間を考えると、遅くとも2時までには食べ終えたい。

そう思い、移動中の電車内でピコピコ検索した結果、三原駅のすぐ近くに老舗のラーメン店があるという事が分かり、そこで食事を採ることに決定。



13時少し前に三原駅に到着。

西口から歩いて5分と掛からない場所に、目当ての『来々軒』はあります。





暖簾を手でよけて店内を見ると満席でしたが、10分ほどの待ち時間で入店できました。



まずは入口横にある券売機でラーメンと餃子の食券を購入。





食券をお店の方に渡すのかなと思いきや、先に入店して食券を買ったお客は自席に食券を置いたままです。

お店の方に尋ねると「持っといて下さい。」との事。

もしや意外にハイテクなお店で、食券を購入すると厨房で注文が分かる仕組みになっていて、ラーメンを持って来る時に食券を引き上げるのかもと想像が膨らみます。

実際には、前の人のラーメン等を出し終えた後に食券を取りに来て、作り始めるという流れでした。

出し間違えがないように一つ一つ作っては出し、の繰り返しなんでしょうね。



そして出てきたラーメンがこちら。



尾道寄りのラーメンが出てくるのかなと思っていましたら、見た目は老舗の広島ラーメン。

茶濁スープにうっすらと張った油膜。具材はチャーシュー、青ネギ、メンマと言う布陣で、麺はやや黄色付いた縮れ麺です。



スープを飲んでみると、そこそこの出汁感でストンと感じる醤油の味がなかなか面白いなと感じました。

表面の油は一般的にはラードですが、こちらのはひょっとして鶏油なんでしょうか。よくわかりませんが、そんな雰囲気を感じました。



麺は食べているうちに柔らかくなってきますが、個人的にはもう少し固めで提供されると嬉しいかなと。

メンマは個人的にとても好きなタイプで、味付けは軽くに留めタケノコのニュアンスを生かす作り。

これは旨いなぁ。



餃子はペロペロの皮に味付け濃い目で韮メインの餡という組み立て。スナック菓子のような旨さでこれはビールがあったら最高でしょうねぇ。





三原の『来々軒』。

驚きはありませんが、手堅く旨い一杯。この手のラーメンがお好きな方には、ぜひ訪れていただきたいものです。

あ、そうそう。嬉しい物が掲示されていましたので、合わせてご報告いたします。



ごちそうさまでした!!!

(2012.12)


■お店のデータ
来々軒
広島県三原市本町1-6-8
0848623466
11:00~14:00
17:10~19:00
定休日:月曜日・第3日曜日


その他の飲食店記事はこちらからご覧いただけます。


所在地別飲食店リストはこちらご覧いただけます。







関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック