白目をきれいに
2013年01月27日 (日) | Edit |
◎2015.1 閉店確認済み

1.「次の打ち合わせまで時間がある」

2.「自転車こぎすぎて疲れた(古江→中町→中筋→祇園→山本→長束→横川)」

3.「お昼時間に横川界隈にいることは滅多にない」

と3つもの言い訳を思い付いたものですから、かねてから宿題としていた『へんこつ楠木店』に「八戒」訪問直後の連食で訪れてみました(笑)。



へんこつ田方店」は、訪問時にひどい二日酔い状態ではありましたが、パンチのあるラーメンに僕の心は鷲掴みされ、今でもお気に入りラーメンの一つとして高いポジションを獲得しております。

さてさて、楠木町のお店はどんな感じでしょうか。



お店の場所はいい目印がないために説明しにくいですが、「麺屋 一」や「tokeisou(とけいそう・未訪)」のある通り沿いで新幹線の高架に近い所、と書けばお店に詳しい方にはお分かりいただけると思います。



13時前の訪問でしたが、前客4後客3とそこそこの賑わいを見せてくれました。



客席はいくつかのテーブル席と厨房前のL型カウンターの2種で構成。

横に長い作りではありますが、厨房にいるご店主達からは全ての客席が見渡せるレイアウトになっているように思います。

お店の切盛りはベテランと思われる男女3名で。無駄な動きが少なく、上手に連携が取れている印象です。

愛想がいいのも魅力の一つかなと。



メニューは短冊で壁に貼られており、中華そば・おでん・むすび等に混じり味噌ラーメンの文字も。

味噌にちょっと惹かれましたが、ここは我慢してノーマルの中華そばを注文です。





まずは見た目。ややクリアなスープに醤油ダレの色が混じり、表面にはキラキラと油が浮いております。

具材はもやし・青ネギ・メンマ・チャーシューと広島ラーメンの王道的布陣。麺は黄色い中太麺でした。



実際にスープを飲んでみますと、和風出汁のニュアンスを感じながらも動物系の軽いコクと元ダレの醤油を感じさせてくれます。

田方と較べるとパンチが弱く感じますが、これはスープそのものの造りが違うためか「八戒」の後だからそう感じたのかは不明です。

この辺りのご意見をお持ちの方はコメント等でご教示いただければ幸いです。



メンマやチャーシューはなかなかの旨さで満足。麺は個人的には疑問を持ちましたが、「八戒」の後だから(以下、略)。



のど越しがいいスープで、するする食べられる一杯というのがこの日の印象。

個人的な好みからは少し外れますが、旨い一杯だと思います。好みに合いそうな方はぜひ訪れてみてください。

ごちそうさまでした!!!

(2012.12)


■お店のデータ
へんこつ楠木店
広島市西区楠木町2-5-1
0822388630
営業時間・定休日:未確認


その他の飲食店記事はこちらからご覧いただけます。


所在地別飲食店リストはこちらご覧いただけます。








関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック