2013年01月22日 (火) | Edit |
温かくて辛いものが食べたい!

一瞬「わかば亭」の獄辛ラーメン(3段階中の3段階で50倍相当)が頭をよぎったんですが、それよりも満席で入れなかった『勝ちゃん』の辛いラーメンの方が面白そうだなと思い、再訪する事に。

「わかば亭」では激辛ラーメン(3段階中の2段階目で15倍相当)まで食べた事があるので様子が概ね分かるし、まだ見ぬ方に魅力を感じたというのが再訪動機な訳です。



注文時に「辛さはどうするか」と聞かれレベルを確認すると、普通とか辛いという返答でしたので「辛く」とオーダー。

前回よりは少し長めの麺茹でで提供されたのが、激辛赤ラーメン650円です。





赤い丼に赤いスープは刺激的なビジュアル。具材の大振りチャーシュー2、茹でもやし、青ネギ、卵は前回いただいたノーマルラーメンと同じかと思います。

麺は面白いことに黄色く色付いた縮れ麺。味噌ラーメンで使うような麺です。





スープを一口飲んでみると、ラー油の辛味と油っぽさに加えキムチの素のような味わいも感じられました。辛さ自体は僕には大したことなく、ピリとする程度。

もう少し辛くして欲しかったので辛味の追加をお願いすると、カウンターの上にポンと小皿が置かれました。



なんだこれ?としげしげ見つめていると、「青唐辛子をミキサーしたんよ。」とご店主の説明が。

一口舐めると適度な刺激でしたので、全て溶かし入れてみました。



やや汗ばむものの、辛さは「わかば亭」の激辛ラーメンに近いレベル。

も少し言うと、「玉一」の激辛ラーメンと「梵天丸」の梵天麺激辛の丁度中間くらいでしょうか、ってますます分かりにくいですね、すみません(汗)。



個人的にはノーマルのラーメンよりも好きな味。

女性客が食べていたドライカレーと思われるご飯物がとても旨そうに見えましたので、次回はそれを頼むか、いよいよブラックラーメンに挑むか、その時の気分で決めたいと思ます。

ごちそうさまでした!!!

(2012.12)


■勝ちゃんの訪問記
勝ちゃん(2012.8)
勝ちゃん3(2014.3)


その他の飲食店記事はこちらからご覧いただけます。


所在地別飲食店リストはこちらご覧いただけます。







関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック