2013年01月15日 (火) | Edit |
こちらのお店の辛さ設定は1~3と激辛(7)の4種類。

初めてのお客は激辛注文不可というルールがあるため、僕は3辛までしか食べたことがありませんでした。

最近は八丁堀界隈での昼食機会が激減しており、もし八丁堀にいたら『國松』に行くことを優先してしまいますので、『竜胆』への再訪機会は、ほぼゼロ。

しかしこの日はツイートはしておりませんでしたが、『國松』の中華そばを食べ終えた時点で次の予定まで時間が余りましたので、激辛目当てで再訪してしまいました。

ま、いわゆる連食ですが、お好み焼きのそばWを食べたと思えば、ね(苦笑)。



入店し、少しドキドキしながら激辛を注文。するとご店主からは、「げ、激辛ですか。」とのお言葉はありましたが、オーダーは通った模様。



出てきた汁なし担担麺は、見た目・香り共に3辛とは違いが感じられません。

まぜまぜしていただいてみると、甘さが強調されるタレは以前と同じで、山椒の量は明らかに多くなっている事が分かりました。

こちらの山椒は、他店と比べると香りはそこそこですが、唇のしびれ度合いがかなり高いです。まるで唇が弱い電流でブルブルしているみたい(苦笑)。



3辛よりは僕の好みでしたが、やはりベースの甘さはちょっと苦手かな。

ごちそうさまでした!!

(2012.11)


■竜胆の訪問記
竜胆(2010.12)



その他の飲食店記事はこちらからご覧いただけます。


所在地別飲食店リストはこちらご覧いただけます。








関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック