2013年01月06日 (日) | Edit |
大手町3丁目から鷹野橋界隈に掛けて、気になる未訪店がありまして。

それは、市役所前の大手町平和ビル1階にある「水木や(うどん)」と少し離れた所にある『道元』というラーメン屋の2店です。

何となく良さそうなオーラというか、雰囲気を感じるお店なんですよ。

どちらも勤め先からは微妙に遠いんですが、プチ遠征ができそうな日を狙って『道元』に行って来ました。



場所は、大雑把に言うと広島市役所の西側。

新しくオープンした「リトルマーメイド」よりも西側で、「とらや餅」の少し手前。コンクリート打ちっ放しの、ちょっとオシャレな建物の1階で営業されてらっしゃいます。





奥まった所にある半間ほどの入口をくぐると、そこには左右に長い造りのお店が。

左側は壁に向かったカウンター席が奥にずらりと延びていて、右側は厨房とカウンター席があります。

道路に面した部分に大きなガラスの開口部があって、僕はその手前の席に陣取ることに。



お店の切り盛りは男女3名で。

男性はご店主でしょうか、主にチャーハンを調理されており、女性の内の一人がラーメン担当、もう一人の女性は配膳と会計を担当されています。



メニューは麺類のメニューとお昼のセット物のメニューの2種類。





予備知識なしでの訪問でしたので、もっともプレーンかなと思われる中華そばを注文。

スープは魚介系のあっさりと豚系のこってりから選択可能でしたので、あっさりで注文。麺はストレートと縮れが選択可能で、ストレートで注文してみました。



注文から提供までは大して時間が掛からず、ラーメンの提供まではおよそ3~4分程度、続けざまにチャーハンも出て参りました。



中華そばは、具材はチャーシュー・もやし・青ねぎ・水菜・背脂とオーソドックス系ながらも、スープの表面に香味油をたたえたタイプ。

少し顔を近づけると、香味油由来と思われる魚介系の香りがブワッと感じられました。



スープを一口飲むと、昆布や節と思われる香りが先に感じられ、スープ自体はやや甘めの仕上がり。余韻の中には椎茸かなと思われるフレーバーが感じられました。

ストレート麺は、ややねっとりとした食感。食べ進めて熱が通ると、ねっとり感が増してくるタイプです。

総じて旨味の要素が多く、多層的に重ねられた一杯という印象です。そして香味油の効果もあってか、僕にはこってりなラーメンに感じられましたよ(苦笑)。



チャーハンはご飯粒が油でコーティングされ、しっとりとした仕上がり。調味料が少しきつい気がしましたが、個人的には許容範囲でした。





汁なし坦坦麺やおいしいと教えていただいた台湾汁そばも気になりますので、再訪時に試してみたいと思います。

ごちそうさまでした!!!

(2012.11)


■お店のデータ
道元
広島市中区大手町4-2-25
0822432558
11:30~14:00
18:00~21:00
定休日:日曜・祝日、水・土の夜営業


■道元の訪問記
道元2(2015.8)


その他の飲食店記事はこちらからご覧いただけます。


所在地別飲食店リストはこちらご覧いただけます。







関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック