白目をきれいに
2017年08月04日 (金) | Edit |
-豚バラのかたち-





パークレーンの向かい側にある『おおにし』というお好み焼き屋さんに行ってきました。

おおにし 外観

こちらは「八丁堀貴家」の後に開店したお店。

店頭のメニューには、広島・府中・関西のお好み焼きが掲載されていて、鉄板焼きメニューも充実。

さてさて、どんな感じなんでしょうか~





中に入ると、奥に長い鉄板がお出迎え。

その脇には麺を茹でるスペース。

テーブル席もあり、最奥は座敷。

「貴家」と同じレイアウトであることが伺えます。





訪れたのは日曜日のお昼時。

9割方は席が埋まっていて、まずまずの繁盛振りではないでしょうか。

店の切り盛りは、焼き手が男女1名ずつ。

ホールは女性がおひとりで。





注文した肉玉そばは、大きめに生地を敷き、魚粉・多めのキャベツ・スプーン3杯ほどの天かす・正方形の小さめなイカ天ひとつかみ・もやし・拍子木切りの豚バラと積んでいきます。

おおにし お好み焼き 途中

この切り方の豚バラを使う店は初めて。

上から塩胡椒をしっかり施し、つなぎとラードで反転です。





そばは生麺。

茹で時間は2分くらいでしょうか。

茹で上がり、油をかけたら、広げて焼きに入ります。

おおにし そば





しばし放置の後、そばを集め本体と合体。

卵を貼り付けてしっかり火を通し、ソースをポテッと中央に置いたら完成です。

おおにし お好み焼き 完成





ここからは、お客の好みで味付けをしてほしいとのこと。

おおにし ソースセット

ソースは、今塗ったオリジナルの中濃ソースの他に、一般的なオタフクソース・激辛ソースの3種類。

青海苔や白ごま、塩胡椒なども自分の好みに合わせて。

僕はというと、手元のヘラでソースを薄く延ばして、青海苔を少々振りかけてみました。





適度に水分が残った野菜、かなり塩っぱい豚バラ、存在感あるイカ天。

麺の風味はそう強くなく、焼きも軽めです。

一度もプレスをしていないので、ふんわりと仕上がっていますが、その反面崩れやすさも。

とは言え、味の方は定番的な旨さで、特段の不満はありません。

1枚810円と安くは見えませんが、場所と内容を考えると割高感は無いように感じました。





袋麺&卵2つの府中焼きも気になるので、また食べに来てみようかなぁ。

ごちそうさまでした!!

(2017.6)



■お店のデータ
おおにし
広島市中区八丁堀13-17
0829621200
11:00~24:00
※日のみ~23:00
定休日:月曜日


その他の飲食店記事はこちらからご覧いただけます。


所在地別飲食店リストはこちらご覧いただけます。