白目をきれいに
2017年06月05日 (月) | Edit |
-なかなかのテクニシャン-





食べ歩きが好き!と公言していると、色々な人から色々な情報を教えてもらうことがありまして。

中でも嬉しいのは、時折いただく「あそこはイマイチだった」情報。

逆に訪問意欲が高まっちゃうんですよねぇ。

変でしょ(笑





さて、それ系の情報を基に訪れたのは、上東雲町にあるお好み焼きの『あっちゃん』。

段原から東雲につながる太い道路沿いにお店があります。

あっちゃん 外観





中に入ると、右に鉄板、左と奥にはテーブル席。

20名程度の客席は用意されている印象です。

お店の切り盛りは、女性がお一人で。





鉄板前に座り左右を見てもメニューが見当たりませんでしたが、いつものように肉玉そばをお願いしてみました。

あっちゃん ラーメン
※ラーメンがある!





粘り気のある生地を大きめに丸く敷き、魚粉を多めに掛け、キャベツと青ねぎを積みます。

水に浸してあったもやしを取り出し、水を切ることなく、その上にバサッと。

そのまま反転させ、ジューッと焼きに入ります。





そばは磯野製麺の生麺。

茹で上がったら鉄板上で丸く成形し、調味料・油をかけ、いか天入りの天かすをどさっと乗せます。

この手順は見たことないなぁ。

あっちゃん お好み焼き 途中

そして、豚バラを鉄板の上に乗せたらすぐに本体を乗せ、次の瞬間にはそばと合体。

たまごを貼り付け、ソースと調味料を施し、焼き時間5~6分という早さで完成です。





あっちゃん お好み焼き

半熟残しの卵のコク、ウェットな野菜部分、いか天の存在感。

聞いていた話とは全く違う、旨いお好み焼きでして、随所に工夫が見られるのも面白い。

しかも、普通以上に旨いと思います。





もやしの水を切らなかったのは、水分を利用して早く蒸しあげるため。

豚バラを本体に乗せて反転させなかったのは、鉄板の火力を考えての事。

かな~と考えましたが、いかがでしょうか。





行ってみなくてはわからない。

そんな基本中の基本を、改めて感じるいい機会でした。

ごちそうさまでした!!!

(2017.4)



■お店のデータ
あっちゃん
広島市南区上東雲町31-26
0822844362
11:00~14:00
17:00~20:00
定休日:月曜日


その他の飲食店記事はこちらからご覧いただけます。


所在地別飲食店リストはこちらご覧いただけます。