白目をきれいに
2017年03月18日 (土) | Edit |
-青海苔使わない-





愛友市場跡の再開発の竣工を横目に訪れたのは、東蟹屋町にあるお好み焼きの『辰(たつ)』。

仕事でグーグルマップを見た時に見つけたお店でして、先日訪れた「かばさわ」の少し奥にお店があります。

辰 外観





店内には3人が精一杯の鉄板前席と座敷にテーブルが2卓。

こちらは古い家を改装したお店のようでして、空き家がこんな感じでどんどん活用されるといいんでしょうけどね。

辰 店内

お店の切り盛りは、人懐っこそうな男女がお二人で。





メニューです。

辰 メニュー

トッピングも各種用意されていて、撮影し忘れた店内メニューに記載あり。





注文したのは、肉玉そば700円の野菜増し100円です。

最近、そばダブル食べるとしんどいので、野菜増しにシフトしておりまして。

年なのかしら(笑





男性が生地を丸く敷き、優しい手つきで振りかけるのは魚粉。

やや太めのキャベツ・もやし・天かす・豚バラを積み重ねるのは女性でして、焼くプロセスの中で役割を分担されているようです。

辰 お好み焼き 途中





そばは袋麺。

油と出汁のような液体をかけてほぐし、丸く成形したらすぐに本体と合体。

ここから5分以上放置するのは、じっくりとそばを焼くのとキャベツを蒸すからでしょう。





卵を貼り付けたら、卵の面と周囲にソースを薄く塗り、青ねぎを乗せて完成です。

辰 お好み焼き 完成

かりっとしたそばにザクッとへらを入れ、一口いただいてみましょう。





そばと豚バラの香ばしさ・キャベツの甘さがしかと堪能できて、これはなかなか旨いではありませんか。

途中で一切プレスしていませんけど、それなりに一体感あり。

食べ進めると物足りなさは感じるものの、最後までソースや調味料は追加せず完食いたしました。

青ねぎトッピングとアフターコーヒーが付いて、ノーマルで700円ならそんなに高くは感じませんかね。





丁寧な焼き方、話好きなお二人。

味も人も良いお店でして、目立たない立地ですが7年も続いているには訳があるって事ですね。

ごちそうさまでした!!!

(2017.2)



■お店のデータ

広島市東区東蟹屋町7-33
0822581982
11:00~14:30
17:00~22:00
定休日:月曜日


その他の飲食店記事はこちらからご覧いただけます。


所在地別飲食店リストはこちらご覧いただけます。