白目をきれいに
2016年09月30日 (金) | Edit |
5日間のお盆休みが終わりました。

以前(と言って20代の頃)は、最初の出勤日がだるくてだるくて溜まりませんでしたが、ここ何年かは長期休暇明けでも最初からフルスロットで仕事できちゃいます。

昔ほどオン・オフの切り替えをしなくなったのかなぁ。





そんな初日に訪れたのは、西白島町にあるお好み焼きの『かねしま』。

以前訪れた「あいちゃん」の隣にあるお店でして、白島マクドナルド北側、長寿園マンションの隣にお店があります。

かねしま 外観
※オレンジのテント。





客席は2人掛けの机1卓と鉄板前に6席ほど。

お店の切り盛りは、おばちゃんがお一人でされています。

メニューはシンプルで、お好み焼き・焼きうどん(そば)のシングル・ダブル(+180円)・トリプル(+280円)のみ。

トッピングで餅・チーズ・とろろが用意されています。

この日はたまたまかもしれませんが、おでんもありました。





注文したのは、肉玉そば。

焼き方の特徴としては、キャベツが太め・太もやし使用・魚粉が多目の3点でしょうか。

かねしま お好み焼き 途中





面白いのは、その仕上げ方。

ソースや調味料(胡椒・ガーリック・七味・ゴマ・青海苔)はお客の手に委ね、おばちゃんはネギを掛けるだけ。

基町の「奥お好み焼コーナー」では、お客がソースを塗り、その他をおばちゃんが仕上げるシステムでしたが、こちらではそれを更に発展させたパターン。

広島においても珍しい仕上げ方をする店が、近いエリア(基町と西白島)にあるなんて面白いですね。

かねしま お好み焼き 完成前

かねしま お好み焼き 完成





早速ヘラで切ると、ざくっとした手応えで切り分けやすいタイプ。

仕上がり温度は結構な熱さです。





印象に残ったのは、ふんわり仕上がったそばの食感と適度に水分が残った野菜。

そして、そのふんわり感がツボにはまってしまい、そばの焼き方について改めて考えてみることに。





食感でいうと、今回のようにふわっとしたのが好き。

一方で、パリパリに焼かれたそばは、食感が好きなんじゃなくて、麺の旨さ甘さが好きなんじゃないかなと。

八昌」を好きなのは、そういうことなのかもしれません。





僕以外は昼ビール飲んでるご常連ばかりで、アウェイ感満載。

そんな中食べたお好み焼きは、なかなか旨い一枚でした。

ごちそうさまでした!!!

(2016.8)



■お店のデータ
かねしま
広島市中区西白島町27-5
0822275870
定休日:水曜日、第2・4火曜日
営業時間:未確認


所在地別飲食店リストはこちらご覧いただけます。


その他の飲食店記事はこちらからご覧いただけます。