白目をきれいに
2012年03月31日 (土) | Edit |
安佐北区可部の旧道沿いにある和食店に行ってきました。

僕はこのお店の事を「増井日記」で読んで、旨そうな料理とコストパフォーマンスの高さに興味を持ち、訪問する機会を狙うこと数ヶ月。

この度は所用で、しかも昼時に可部に行く機会を得ましたので、暖簾をくぐってみましたよ。





店内は、向かって右側にふすまで仕切れるような座敷があって、左側にカウンター席とつけ場があります。

僕は一人で訪れましたので、当然カウンター席に。「増井日記」のお陰で注文する品は決めていまして、チラシ寿司の並を注文。



注文後、じっくりとメニューを読んでみることに。





御食事は比較的リーズナブルな1000円前後の価格帯、結構いいお値段がする一品物、そして何人かで訪れて楽しんでみたい季節料理、大きくはこの3つのカテゴリーに分かれます。



注文から10分ほどでチラシ寿司が登場。椀物は鯛の潮汁です。



丼自体はそう大きくありませんが、それ故に、鯛、平目、烏賊、タコ、海老、赤身、卵、蛍烏賊の佃煮(?)、椎茸、かんぴょう、キュウリ・・・などの具材がぎっしり乗っているのがよく分かります。





赤身は解凍が甘くちょっと硬かったんですが、鯛や平目はそこいらの店で食べるものよりも遥かにいい物が使われていました。

あ、それと椎茸がしっかりと甘い味付けなのも特徴的。僕個人的には甘い椎茸の量がもう少し少ないと嬉しかったんですが、味にメリハリが付いてなかなか存在感がありましたよ。



鯛の潮汁も無視できない旨さ。アラから出た出汁がしっかりと利いていて、そこに塩でちょいと味付け。品の良い旨味が胃に染み渡ります。

これは旨いなぁ。



飲食店情報の入手方法は人それぞれですが、僕は「どこに書いてあるか」というよりも「誰の情報か」という事を重視するタイプ。

なので大手口コミサイトよりも個人がされているブログを中心に情報を集めています。ツイッターでも有益な情報を呟いてくれる人を中心にフォローをしていますし。

※使い方、重宝度合いは人それぞれ。

今回の『翠香園』もまさにそんな情報源から入手。ありがたく思うとともに、僕自身も有益な情報をお送りできるようにしなくては、と誓いを新たにした次第です。



話は戻って『翠香園』。ちょっと遠いですが、季節料理、特に川蟹や鯉、うぐいなどの川魚料理を楽しみに訪れてみたいですねぇ。

ちょっと検討してみようかな。

ごちそうさまでした!!!!

(2012.2)

※この湯呑み、いいなぁ。



■お店のデータ
翠香園
広島市安佐北区可部2-39-27
0828192920
11~14時
17~21時
定休日:月曜日
駐車場はお店の前に3台分


■翠香園の訪問記
翠香園2(2016.6)


その他の飲食店記事はこちらからご覧いただけます。


所在地別飲食店リストはこちらご覧いただけます。