白目をきれいに
2017年04月27日 (木) | Edit |
-まさかの展開-





中国料理の『東来軒』。

訪問済みの「出汐」と「荒神町」以外にも、「長束」と「府中町」にあるよとの情報をいただきました。

そうだ、4店に共通の肉めしを食べ比べてみよう。

そう思い、「荒神町」で肉めしを食べた数日後、「長束」へ。





お店の場所は、JR安芸長束駅近く。

細い川沿いにお店があるんですけど、周辺には一方通行がありますので、ナビを使っての訪問がベターだと思います。

東来軒長束 外観
※駐車場は少し先に複数台あり。





中に入ると、やや雑然とした雰囲気の中で、手際よく調理をする3人の男女が。

客席は、テーブル・カウンター・座敷の3種があって、ゆったり座るなら広い座敷、調理過程を見たければカウンター席が良いと思います。

東来軒長束 店内

東来軒長束 店内2





メニューです。

東来軒長束 メニュー

東来軒長束 メニュー2

東来軒長束 メニュー3

中華料理以外にも、洋食やうどんまでカバーしたメニュー。

「中華風レストラン」を標榜するだけの事はありますし、「出汐」とよく似たメニュー構成だなと思いました。





注文したのは、もちろん肉めし。

その直後、頭上にビックリマークが点灯したような反応を見せたかと思うと、「肉めし売り切れたんよ~」との言葉が。

内心「まじで〜(涙 」でしたけど、平静を装って、麻婆丼をお願いしてみました。

東来軒長束 麻婆丼

出てきた麻婆丼は、写真で見るよりもボリュームあり。

辛さはピリ辛程度、コクは軽めでして、ベースのスープの味は強めに感じます。





面白かったのは、具材。

豆腐やひき肉の他に、シャキシャキの人参・たけのこ・玉ねぎが使われていて、さらにスライスされたマッシュルームまで入っています。

野菜入りは時々出会いますけど、マッシュルームは初めて。

案外違和感なかったですよ。





妻が注文した中華そば。

東来軒長束 中華そば
※この人のラーメン率、ホント高いです(笑

微細な脂が浮いた茶濁スープで課長さんもしっかりと。

懐かしい味わいの中華そばという感じでした。





他のお客が頼んだランチを見ると、ご飯がどんぶり飯で出されていて、なかなかのボリューム。

店の雰囲気や盛りの良さから推測するに、肉めしは「出汐」の系統ではないかと思います。

機会作って、食べにいかなきゃ。

ごちそうさまでした!!

(2017.3)



■お店のデータ
東来軒
広島市安佐南区長束5-39-15
0822301233
11:00~22:00
※中休み不明
定休日:水曜日


その他の飲食店記事はこちらからご覧いただけます。


所在地別飲食店リストはこちらご覧いただけます。







2017年04月26日 (水) | Edit |
-近所にあると嬉しい-





どうして「小料理」というフレーズに惹かれるんでしょう。

「日本料理」や「居酒屋」にはないムードを感じるからでしょうか。

それとも、美人女将をイメージするからでしょうか(笑





今回訪れた『かなえ』も、店名に「小料理」を冠するお店。

かなえ 看板

アドレスは西区天満町でして、店の場所は平和大通りと西郵便局の中間くらいです。

かなえ 外観
※隣はお好み焼きの「武酉」。

妙齢のかなえママがいる、しっぽりとしたお店なのかなぁ。

そんな不純な事を考えながら店に入ってみました(笑





ネタケースのあるカウンターに5席とテーブル2卓の小さめなお店でして、切り盛りは朗らかな男女がお二人で。

どうやら「かなえ」という苗字の方が経営しているようで、かなえママが一人でしっぽりと、ではないんですね(苦笑

かなえ 店内

かなえ 店内2






とりあえず生ビールを注文し、ぐいっとジョッキをあおったところで、お通しが登場。

かなえ お通し

レタスなどの野菜と炒めたベーコンをマヨベースのドレッシングで和えた一品です。





続いては出汁巻き。

かなえ 出汁巻

わりとしっかり焼いた出汁巻きでして、味付けは、出汁感よりも塩気が強め。

思っていたのとは路線が違いますが、これはこれでビールのお供に良いと思います。





僕以外のお客はご常連らしく、ご店主夫妻とやりとりはにこやかに。

僕も何度か話しかけられましたけど、とてもいい雰囲気だなぁと感じました。





ここらで日本酒にスイッチ。

常温でお願いすると、出てきたのは亀齢の上撰。

かなえ 日本酒

どのような飲み方でも旨い、亀齢の上撰。

普段飲むのはこのクラスで十分です。





「酒にはこれ合うよ」と出してくださったのは、白子の煮付け。

かなえ 白子煮付け

軽い白子のコク、ほんのりとした甘辛さ。

確かに酒に合いますね~





もう少し飲み食いしようと思い、刺し盛りを。

かなえ 刺し盛り

カンパチ・たこ・ヒラメなどの盛り合わせでして、何が嬉しいって、ワサビがチューブではなく生ワサビなんですよ。

しかも、おろしたて。

まずまず旨い刺身、少し強めのお醤油、刺激が後を引かない生ワサビ。

ここは生ビールよね、と追加(笑

お酒強いのねぇ、と女将さん。





一人で入ってくる女性もいたりして、なかなかのウエルカム感があるお店。

一見さんでもあたたかく迎えてくれるし、この界隈でふらっと寄るにはいいお店ではないでしょうか。

ふとした折に、また立ち寄ってみたいと思います。

ごちそうさまでした!!

(2017.3)



■お店のデータ
かなえ
広島市西区天満町6-7
電話番号:未確認
営業時間:未確認
定休日:未確認


その他の飲食店記事はこちらからご覧いただけます。


所在地別飲食店リストはこちらご覧いただけます。






2017年04月25日 (火) | Edit |
-出汐とは違う-





出汐の「東来軒」で食べた肉めしが旨かったので、荒神町の店にもないかなと思い、再訪してみました。

席に座り、メニューの左下にその名を発見。

注文から、提供までは15分程でしょうか。

料理は一人が作っているので、お昼時はゆっくり待ちましょう。





東来軒 肉めし

少し小振りな丼で登場した肉めしは、出汐と比べるまでもなく寂しい見た目。

具材は牛肉・ゴボウ・人参・かまぼこでして、味付けは甘辛テイストでつゆだくです。

たくあん2切れが付いて680円と思うと、具材の少なさが目立っちゃいます。

味自体は悪くないんですけどねぇ。





あ、そうそう。府中町と長束にも東来軒があるとのこと。

調べてみると、どちらにも肉めしがあるようなので、制覇してみたいと思います。

ごちそうさまでした!!

(2017.3)



■東来軒の訪問記
東来軒(2016.7)


その他の飲食店記事はこちらからご覧いただけます。


所在地別飲食店リストはこちらご覧いただけます。












2017年04月24日 (月) | Edit |
-ピンと来た-





この日訪れた『億万長者』は、「アイコジョヴァンニ」から戻る際、偶然見つけたお店。

暖簾は出てるし、日替り定食の幟旗も立ってる。

億万長者 看板

ピンと来るところもありましたので、見つけた翌日に行ってみました。





お店の住所は上大須賀町。

二葉の里「オリファン」から見ると、新幹線の高架を挟んで向かい側辺りにお店があります。

億万長者 外観





引戸を開けて中に入ると、こぢんまりとした寿司屋のような雰囲気の店でして、客席はネタケースのあるカウンターと座敷の2種類。

億万長者 店内

注文を聞かれる事はなかったので、お昼は日替りしかないものと思われます。





出てきた日替りは、20センチ台後半の正方形のお弁当箱にぎっしりとおかずが盛り込まれています。

億万長者 日替わり

数えてみると、品数は10品ほど。





早速、おかずに寄ってみましょう。

こちらは、鶏と根菜の煮物・ゆで卵・ほうれん草おひたし。

億万長者 おかず1

煮物は出汁感あって甘辛すぎないのがいいですね。

おひたしには軽く味が付いていて、醤油は不要。

ここのおかずは、なかなか旨いと思います。





たくあん・きんぴら・ナマス。

億万長者 おかず3

歯応えのいいきんぴら、酢加減が丁度いいナマス。

いずれも安心感のある味わいです。





揚物と焼き物。

億万長者 おかず2

メンチカツ・ささみの天ぷら・レンコンの天ぷら・塩サバ・マカロニサラダという内容で、ここは流石のおかず力です。





おかずは作り置きですが、どれもきちんと旨くて不満なし。

このお弁当箱に、出汁の効いた味噌汁・アフターコーヒーが付いて、お代は600円です。

これはお安い!





気になったのは前客1後客0という点。

もっと流行ってもいいと思うんですけどね。

たまたまなのかなぁ。





店内の短冊メニューは、ほぼ魚介類でしたので、夜は魚が売りなのかもしれません。

勤め先からも近いし、一度は夜に行ってみたいと思います。

ごちそうさまでした!!!

(2017.3)



■お店のデータ
億万長者
広島市東区上大須賀町4-15
0822648205
営業時間:未確認ですが、昼・夜共に営業あり
定休日:日曜日 ※第2・第4土曜日は夜のみ


その他の飲食店記事はこちらからご覧いただけます。


所在地別飲食店リストはこちらご覧いただけます。





2017年04月21日 (金) | Edit |
-オーナーチェンジ-





今回訪れたのは、光町にある老舗のイタリア料理店『アイコジョヴァンニ』。

広島駅の北側、ウォンツ光町店の斜め前にあるお店でして、尾道ラーメンの「菜心」と同じ建物で営業しています。

ジョヴァンニ 外観





店頭にあるメニューです。

ジョヴァンニ メニュー

昼は日替り・ハンバーグ・カレー・パスタというラインナップらしく、日替りに決めて中に入ってみることに。





照度を落とした店内は、こげ茶の木部が印象に残る造り。

塗った後にえぐったような跡のある壁と天井も特徴的ではないでしょうか。

ジョヴァンニ 店内





客席は、カウンターに3席とテーブル席が多数。

ホールは男性1名で切り盛りしていますが、手が足りないと見ると、調理スタッフも料理の配膳に出てくる体制です。





驚いたのは提供の早さ。

日替りを注文して1分経たずに出てきました。

見込みで用意しているんでしょうけど、ビックリしたなぁ(苦笑

ジョヴァンニ 日替わり





メインのプレートに寄ってみましょう。

ジョヴァンニ ポークソテー

この日はポークソテーがメインを張っていて、ソースはきのこの入ったトマトソースです。

豚肉は薄切りですが、らしい旨みはきちんと。

焼く前にはたいた小麦粉がベチャッとしているところは気になるかなぁ。

トマトソースは酸味もあって、なかなか旨いと思います。

これならパスタもいいかもしれません。





付け合せは、ザワークラウト・トマト・キュウリ・マカロニサラダ。

ザワークラウトは甘酸っぱいテイストでして、塩のみで乳酸発酵させたのと比べると、食べやすいでしょうか。





ランチは、量は少なめですけどたっぷりのコンソメスープでお腹は満たせますし、何より少し重めの老舗の雰囲気が楽しいかなと。





あ、そうそう。

店内に今のオーナーの周年を祝う掲示物がありまして。

少し調べてみると、以前は「ジョヴァンニ」だった店名が『アイコジョヴァンニ』に変わっていましたので、そういうことなんでしょうね。

そういう目で見ると、「Aiko」の部分が新しいようにも見えますね。

ジョヴァンニ 看板





ディナータイムにゆっくりと食事をするのも良さそうですので、機会を作ってみたいと思います。

ごちそうさまでした!!

(2017.3)



■お店のデータ
アイコジョヴァンニ
広島市東区光町1-11-5
0822630161
11:30~14:30
17:00~23:00
定休日:火曜日


その他の飲食店記事はこちらからご覧いただけます。


所在地別飲食店リストはこちらご覧いただけます。