白目をきれいに
2017年05月27日 (土) | Edit |
-出前の注文 ひっきりなし-





西区楠木町。

川に近いビルの5階。

そこで一仕事終えたら、なんと丁度お昼時ではありませんか~

やった~(笑





そこで、この界隈で気になっていた『一休』という食堂に飛び込んでみました。

一休 外観

大通り沿いで、バス停(大芝町)目の前。

紺の暖簾に赤いテント屋根。

いい佇まいだ(笑





中に入って驚いたのは、お好み焼きを焼く鉄板があること。

一休 鉄板

特等席はたったの2つで、すでに先客あり。

後ろ髪を引かれましたが、奥にあるガラスケースと冷蔵庫からおかずを選び、ご飯の中とお味噌汁を注文です。

一休 冷蔵庫





「出前で持っていくけぇ、ちょっと置かせてね~」

一休 出前

カレーもあるのか~

メニューがないから分からんわ~(苦笑





お店の切り盛りは男女2名で。

お二人ともきさく!って感じの方です。





一休 全体

この日は、メインのおかずに天ぷらを選び、小鉢として納豆。

キャベツはサービスらしく、野菜も食べんさいよ!というお母さんの優しさでしょうか。





天ぷらに寄ってみましょう。

一休 天ぷら

アジの天ぷらが4枚と玉ねぎが2つ。

ゆで卵半分がちらりと。

アジの下味がジャストな具合で、何も付けなくても旨いなぁ。





あ、焼そば発見!

一休 焼きそば

まるで裏ドラのように隠れておりました(笑





粒が小さめの納豆に、卵黄・青ねぎ・鰹節。

一休 納豆

醤油を掛けてしっかりまぜまぜ。

久し振りの納豆、旨かった~





熱々の味噌汁はたっぷりと。

一休 味噌汁

そして、これらを受け止める大盛りご飯。

これで中。

一休 ご飯

「お兄ちゃん!食べ切れるかね~」と出てきたわけなんですが、苦しみながらも完食いたしました、はい(笑





お会計は750円予想のところ、690円というお安さ。

量にも味にも雰囲気にも満足でした。

今度はお好み焼き食べよ。

ごちそうさまでした!!!

(2017.4)



■お店のデータ
一休
広島市西区大芝2-6-13
0822370739
営業時間:未確認
定休日:未確認


その他の飲食店記事はこちらからご覧いただけます。


所在地別飲食店リストはこちらご覧いただけます。







2017年05月26日 (金) | Edit |
-噂に名高い親子丼-





うどんにうるさい某友人や旧友のⅠ君、他数名からおススメいただいていた『笑吉』に行ってきました。

笑吉 外観

笑吉 看板





メニューは店頭に掲示。

笑吉 メニュー

お昼はA~Cの3種類のみでしょうか。





店内には一文字のカウンター席と2人用のテーブルが奥に向かって配置され、最奥には4人用のテーブルがあるみたい。

夜メニューは居酒屋的。

日本酒はこんな感じで、大和屋っぽいのかな?

笑吉 日本酒メニュー





注文したのは、親子丼とこうどんのセットです。





笑吉 親子丼

あら、旨そうな色合い。

ふんわり香る鶏モモ肉にふんわりとした卵とじ。

少し醤油の辛さを勝たせた味付けでして、なかなか旨いではありませんか。





食べているうちに卵黄が崩れ、ご飯と絡まる。

卵黄のコクが加わると、これまた旨い!

ご飯は想像以上にぎっしりと盛られていて、もう少し炊き加減が硬く、量は少なめでもいいかなとは思いました。





うどん。

笑吉 こうどん

甘さを勝たせたツユ。

細めでにょーんと延び、むにっとしたうどん。

このうどん、冷たいのも食べてみたい!





小鉢はナスのでんがく。

笑吉 小鉢

しゃこっとした食感を残したナス。

甘いけど後を引かない味噌。

これで日本酒飲みたいぞ(笑





噂に聞いていましたが、確かに旨い親子丼でした。





この界隈、夜に行ってみたい店がいくつかあるんですが、『笑吉』もその中のひとつ。

機会を作らなきゃとは思っているんですがねぇ(苦笑

ごちそうさまでした!!!

(2017.4)



■お店のデータ
笑吉
広島市東区光町2-8-3
0822616023
11:30~14:00
18:00~22:00
定休日:火曜日終日・水曜日の昼


その他の飲食店記事はこちらからご覧いただけます。


所在地別飲食店リストはこちらご覧いただけます。







2017年05月25日 (木) | Edit |
-僕にとってのナンバーワン-





初めて訪れてから20年くらいは経つでしょうか。

最近は1年に1回訪れるかどうかですが、『西三代』は僕にとって、広島の焼肉店ではナンバーワンのお店。

いつも同じものを頼むので過去の記事と代わり映えしませんが、まぁいいじゃありませんか(笑





白いセンマイ。

軽く炙ってポン酢で。

西三代 センマイ





タン塩。

西三代 タン

厚みのあるタンはサクッとした食感で、独特の旨味が濃いですね。

これ、大好き!





ガリはしっかり炙って。

西三代 ガリ





厚みのあるコウネ。

西三代 コウネ

うん、これも好き。





「最近食べてないんじゃない?」と促された、揉んだカルビ。

西三代 もんだカルビ

「揉んでください」というと辛いタレで揉んだのが出てきます。

昔は毎回食べてたなぁ。





名脇役のもやし。

西三代 もやし

持って帰りたい(笑





〆の五目めし。

西三代 五目めし

スープを入れてご飯の外側に焦げ目をつけたビビンバって感じです。

これも大好き!





中華そば。

西三代 中華そば

それなりに課長さんは効いていますけど、スープも麺も好きだなぁ。





ご店主ご夫妻はそれなりにご高齢(失礼)になられたので、いつかクローズされるんでしょうけど、それまでに何度でも行っておきたいなぁ。

ごちそうさまでした!!!!

(2017.4)



■西三代の訪問記
西三代(2010.4)
西三代2(2011.2)
西三代3(2011.11)
西三代4(2012.7)
西三代5(2013.1)
西三代6(2014.11)


その他の飲食店記事はこちらからご覧いただけます。


所在地別飲食店リストはこちらご覧いただけます。








2017年05月24日 (水) | Edit |
-ちょっとひねってる-





ホテル・和食・リバービュー。

それなりに店の雰囲気もいいですし、ロケーションもよし。

ホテルサンルート広島最上階の『吉水(きっすい)』は、オフィシャルっぽいシーンでも使い勝手がいいんです。

今回は、義母の25回忌法要後の会食の場として使わせてもらいました。





先附と前菜。

吉水 桜御前スタート





左は嶺岡豆腐というらしく、僕は初体験。

つるるんとしていて、もちもち。

吉水 お豆腐

調べてみると、牛乳を固めて作った料理なんですって。

ちなみに、黄色いのは筍、緑のソースはメロン。

アサリも使われています。

メロンは「?」でしたが、初めての嶺岡豆腐、堪能いたしました。





前菜。

吉水 前菜盛り合わせ

この中では、鯛の時雨煮春菊ソース(器に入ってて見えない)と道明寺手まり寿司が良かったです。





造りとして出てきたのは、鯛の和風カルパッチョ。

吉水 鯛のカルパッチョ

酢と油を乳化させたソース、豊富な香味野菜。

鯛単独ならわさびを乗せて。

香味野菜を巻いて食べたり、甘酸っぱいイチゴと合わせても。

いくつもの食べ方が出来て楽しいひと皿でした。





炊き合わせは、ありそうでなかった蒸篭蒸し。

吉水 焚き合わせ

ヒノキの蒸篭をセットして、過熱すること10分ほど。

隙間から吹き上げる湯気からヒノキの香りが感じられ、鼻でも楽しむことができます。






吉水 せいろ蒸し

中身はもみじ豚のバラ肉で、白菜と新玉ねぎを敷いています。

これらは酸っぱめのポン酢で。





吉水 せいろの釘
※木のクギかな?





焼物はサーモン。

吉水 シャケの焼き物

幽庵焼きのような、ちょっと甘辛テイストのサーモン。

上に乗っているのはツナとマヨネーズの和え物かな?

全体的にちょっと脂が強いですけど、ピンクペッパーの華やかな香りが救ってくれます。





揚物はさつま揚げ。

吉水 さつま揚げ

外はこんがりかりっと、中はふんわり。

口の中で消えるタイプのさつま揚げ。

塩が添えられていますけど、味付けが元々強めなのでレモンをサッと搾るに留めてみました。





〆のご飯物は野菜寿司。

留椀はアラ出汁の赤味噌汁。

吉水 野菜寿司

野菜寿司は、何もつけずにそのままで。

春野菜は季節感があっていいんですが、しゃりが柔らかくてねっとり。

砂糖も酢もかなり強めです。

シャリの味付けやねっとり加減に意図を感じるものの、ちょっと変化球かなぁ。





最後に羊羹が出て、終了。

吉水 デザート





最後の野菜寿司はちょっとと思いましたが、その他はいい内容だったと思います。

また、何かの折に使わせてもらいましょ。

ごちそうさまでした!!

(2017.4)



■吉水の訪問記
吉水(2012.9)
吉水2(2015.7)
吉水3(2016.5)


その他の飲食店記事はこちらからご覧いただけます。


所在地別飲食店リストはこちらご覧いただけます。







2017年05月23日 (火) | Edit |
-広島駅裏の貴重なトンカツ店-





遠くないうちに、勤務地が変わるかもしれない。

そうなると、光町方面に行けなくなってしまうではありませんか~

これは、開拓をもう一度強化しなくては。





前から気になっていた、とんかつの『家路』に早速。

家路 外観





入ったのは12時を少し過ぎた頃。

白いL型カウンターが厨房を囲み、中では男女2名が慌しく品出しの準備をしています。

家路 店内

家路 店内2

その他の席はテーブル席。

畳張りの長いすが使われていて、もみじ谷@宮島の茶屋を思い出してみたりして。





メニューです。

家路 メニュー
※定食のご飯お代わり1回or大盛り無料!






カツ丼もいいなぁと思いつつ、注文したのはロースカツ定食。

家路 ロースカツ定食

メインのトンカツに加え、ご飯・豚汁・漬物・すりゴマが供されます。





トンカツに寄ってみましょう。

家路 トンカツ

大きさや厚みは一般的。

まずは、何もつけずに。

そして、辛子でひとつ。

ソースでもひとつ。





衣はサクッと揚がっていて、肉はしっとりジューシーで柔らかめ。

下味は薄めです。

何もつけなくても旨いと思いますが、僕はやっぱり辛子が好きだなぁ。





ソースは良く出会う甘めのタイプ。

家路 ソース

すりゴマだけが出てくるので、ソースの量はお好みでどうぞ。





お昼のピーク時は、品出しや片づけが少し後手に回り、ご主人がキレ気味になる場面も(笑





他のお客が頼んだカツ丼が旨そうでしたので、もう1回行きたいと思います。

ごちそうさまでした!!

(2017.4)



■お店のデータ
家路
広島市東区光町2-8-8
0822613365
11:30~14:30
17:00~21:30
定休日:日・祝


その他の飲食店記事はこちらからご覧いただけます。


所在地別飲食店リストはこちらご覧いただけます。