白目をきれいに
2015年04月17日 (金) | Edit |
廿日市にある業務用スーパーには、鮮魚の箱売りコーナーがありまして。

いわゆるトロ箱的な箱に魚がたくさん入って、一箱いくらな売り方をされています。

初回訪問時には、小さなメバルがたくさん入って400円を切るものや、中~小サイズのコチ数匹が900円で売られていて、なかなか魅力的に映りました。



この時は献立の関係で購入を見送りましたが、今回は香草と一緒にグリルで焼こうと思い、再訪。

すると、箱売りコーナーには竹輪や干し海老が売られていて、お魚さんの姿が見えません。。。

あれぇ~(苦笑)。



これは困ったなぁと思い鮮魚コーナーを隈なく見渡すと、見た事のない名前のお魚さんを発見。



ち・び・き?

見た目は、金目鯛をしゅっとした感じの赤い魚。

頭だけではなくヒレ周りの可食部も付いていましたので、カマ焼きにでもしてみようかと思い購入してみました。



ついでに、あさりも購入。

バター焼きや酒蒸で、一杯やろうかなと。



自宅に帰ってちびきについて調べてみました。

詳しくはこちら↓
http://www.zukan-bouz.com/suzuki3/hatibiki/hatibiki.html

なかなか旨いとのコメントもあり、期待が膨らみますねぇ。



この夜の献立がイタリアンでしたので、ちびきを焼いて野菜・アサリと併せてアクアパッツア風に仕上げる事にして、作業開始です。



ちびきのカマは塩を振って水分を出し、軽く洗った後にローズマリーとタイム(乾燥粉末の安いの)を両面に振っておきます。

オーブンのグリル機能で、両面焼き30分。



その間に、多めのオリーブオイルでじゃがいもスライスと玉ねぎに火を通し、一旦フライパンから出します。

ちびきの身もフライパンで火を通しておきましょう。





カマが焼きあがったらフライパンに移し、火を通した身と野菜、ミニトマト、塩抜きしたアサリ、白ワイン75mlを入れて、蓋をして蒸します。

あさりの口が開いて1分ほど蒸したら出来上がり!

大皿にざっくり盛り付けて、水菜を散らすと完成です~





実際に食べてみると、ちびき自体は赤身のニュアンスがありますが、鮪とも鰹とも違う独特のコクがあって、なかなかの旨さ。

一切塩を使いませんでしたが、あさりの塩分と旨味が全体に行き渡っているので塩梅はバッチリです。



我ながら、なかなか上手に出来たなぁ。





ちびきで一番旨かったのは、目の周りのゼラチン。

トロトロで何とも言えない強いコク。

あぁ、書いていると思い出して、よだれが溜まります(笑)。



材料費は850円位掛かりましたが、休みの日のメインと思えば安いもの。

当然、お酒が進むのでありました(笑)。




その他のお家ごはん記事はこちらからご覧いただけます。




所在地別飲食店リストはこちらご覧いただけます。










2015年02月21日 (土) | Edit |
たまにアップする料理ネタ。

多くの失敗料理を作っているんですが、上手に作れた料理があれば記事にしています。

「ネタ稼ぎでしょ?」と言われれば否定はいたしませんが(苦笑)。





~カンタンで美味しい酒のアテ~

白菜の梅和え


作り方
白菜を細く切って塩でもみ、15分ほど放置します。その間に梅肉を包丁でたたき、鰹節を加えて更にたたいておきます。白菜の水気を切り、たたいた梅肉と和えたら完成。

一言
シャクッとした白菜の歯応えと梅の酸味、鰹の風味で酒が進むんですよ(笑)





~好みの火入れが出来るようになると、肉を焼くのが楽しみに~

牛モモ肉のステーキ


作り方
焼く前に肉は常温に戻し、ちょっと多いかなと思う位の塩を肉に揉み込みます。肉の表面に塩の粒がなくなるまで待ち、煙が出るまで熱したフライパンで肉の表面を焼きます。6面全て焼けたら、フライパンから取り出してアルミホイルに包み、余熱で火入れ。今回は焼き時間の倍の時間包んでおきました。

一言
40越えたら、サシは不要。赤身がいい(苦笑)。





~良い牡蠣を仕入れた時ほど、作りたくなる一品~

牡蠣のオイル漬け


作り方
牡蠣は塩と流水で軽く洗い、キッチンペーパー等で水気を取っておきます。フライパンに薄く油を引き、弱火で牡蠣を乾煎り。牡蠣から水分が出なくなり、表面に焼き色が付くまで乾煎りしましょう。煎った牡蠣と牡蠣が浸る程度のオイル(我が家はガーリックオイル使用)をジプロックなどに入れ、冷蔵庫で1時間寝かすと完成。

一言
煎ることで旨味が凝縮した牡蠣がガーリックの香りを纏ったら最強ですな。



(了)


その他のお家ごはん記事はこちらからご覧いただけます。










2014年07月09日 (水) | Edit |
久々の登場となった、ゆる断食ダイエットメニュー。

ご存じない方のために『ゆる断食』とは何かを説明すると、

■一日の摂取カロリーを500kcal(男性は600kcal)に抑える。食事回数の決まりはありませんが、我が家では昼と夜の2回。

■炭水化物、アルコール抜き。

の2点を、週に2日(我が家は月・金)実施するだけで痩せるというダイエット方法(他にも少しは条件あり)の事です。



僕は大きく体重を落とすつもりはないので、夜だけこのメニューで昼は普通に食べていて、それでも年初から5キロ痩せました。

妻は忠実に実行し、10キロ痩せると言う快挙!



これを記念しまして、今回の記事は妻に書いてもらいました(笑)。



↓本文ココカラ

お疲れ様です\(^o^)/ 

妻です!

今回ご紹介する断食日メニューのレシピはこちら~

豆腐と枝豆のゼリー寄せ
枝豆の冷製スープ
豆腐のジュレドレッシングサラダ
合計434kcal(1人当たり)




※ここからの分量とカロリーは2人分です。
※カロリー計算は概算です。



■豆腐と枝豆のゼリー寄せ:209kcal



材料
・茹でて剥いた枝豆30g
・筍90g(無くてもOK)    
・木綿豆腐100g
・ゼラチン10g
・出汁500cc

作り方
1.出汁を取ったら半分に分けて、5gずつゼラチンを加えてふやかす。(出汁①、出汁②)

2.ふやかしている内に、豆腐を菜箸などで細かく砕き、水気を切っておく。

3.出汁①を鍋で暖めゼラチンを溶かし、その半分を型(今回はタッパー)に入れて粗熱を取ったら、冷凍庫(この方が冷えやすい)に入れて15分冷やし固める。

4.固まったら枝豆をパラパラと置き、残りの出汁を静かに注いで冷凍庫で15分冷やし固める。

5.この間に、出汁②に水気を切った豆腐を加えて、ゼラチンが溶けるよう沸騰直前まで煮る。(筍がある場合、小さく切り、ここで豆腐と一緒に煮る)

6.4で冷やし固めた物に粗熱を取った5を静かに注ぎ、冷蔵庫(ここは冷蔵庫です!)でゆっくり1時間以上冷やし固めて出来上がり。

注:型から出す時、周りをナイフのようなものでゆっくり空気を入れるようにすると取り出しやすいです。

レシピbyクックパッド



■夫の一言■
これ、旨かったです!

今回は出汁パックを使ってまして、そこに少しの調味料が入っていたので薄味ながらも旨かったんでしょう。

鰹節と昆布で出汁を取る場合には、枝豆を塩茹でにしたり、出汁に少しに塩を入れると良い塩梅になると思います。





■枝豆の冷製スープ:408kcal



材料
・茹でて剥いた枝豆80g
・玉ねぎ中一個
・牛乳200cc
・コンソメ顆粒タイプ小さじ2

作り方
1.玉ねぎを薄くスライスして鍋で炒め、水150cc・コンソメを加えて柔らかくなるまで煮る。

2.1の粗熱が取れたら、枝豆と一緒にミキサーにかけ、ペースト状にする。

3.2を鍋に戻し、火にかけ、牛乳を加えてふつふつ煮てコショウなどで調味。

4.器に注ぎ、冷蔵庫で冷やして出来上がり。

注:ミキサーがなければ、フードプロセッサーで何回かに分けてペーストにして下さい。

レシピbyクックパッド



■夫の一言■
味は申し分なし!

スープ表面に生クリームで弧を描く等、盛り付けに工夫があれば、完璧では〜。





■豆腐のジュレドレッシングサラダ:249kcal



材料
・木綿豆腐200g位
・しいたけ50g(小6つ位)
・きゅうり一本
・醤油大さじ2
・出汁200cc
・梅干1個
・ゼラチン5g

作り方
1.豆腐はよく水気を切る。しいたけとキュウリはみじん切りに。梅干は種を除き、叩いておく。

2.出汁と醤油を火にかけ、沸騰直前でしいたけを加えて少しだけ煮る。火を切る寸前に梅干を加える。

3.ゼラチンを入れ、溶かすために再沸騰。溶けたら粗熱を取り、冷蔵庫で1時間以上かけて冷やし固める。

4.固まったらフォークなどで細かくジュレ状にし、食べやすい大きさに切った豆腐の上に掛け、きゅうりを散らして完成。

オリジナルレシピ



■夫の一言■
ちょっとジュレの味が濃いかなと感じました。醤油が多かったからでしょうか。

また、しいたけはジュレではなく具材として使い、半分量の醤油と梅のジュレで食べさせるのが良さそうです。

「じゃぁ、作りなさいよ」と言われそうなので、この辺でやめときましょう(笑)。



良かったら作ってみてくださいね~。

では、またお会いする日を楽しみに…。

by妻



その他のお家ごはん記事はこちらからご覧いただけます。











2014年04月27日 (日) | Edit |
3月14日から遅れること数日後。

バレンタインのお返しの代わりに、手製のイタリア(的な)料理でディナーを楽しんでもらう事にしました。

で、上手に作れたので、アップしてみようかなと(笑)。

て言うか、アップ遅過ぎですね。。。



ちなみに、レシピは本やネットから拝借し、多少アレンジを施しています。



まずは、前菜の盛り合わせ!



写真中央はさくら燻製ベーコンで、買って切っただけ(笑)。

しかも、厚過ぎ(苦笑)。

左右に陣取るのはツナと大豆水煮のサラダですが、これは和えただけ(笑)。

左上は自家製鶏ハムとバルサミコソース。

空いたスペースに在庫のイチゴをあしらってみました。



ツナのサラダのアップ。



ひじきで使った大豆の水煮の残りとシーチキンに在庫のシークワーサーを絞り、塩とオリーブオイルで調味しただけの簡単レシピ。

上から乾燥パセリを掛け、ゆで卵のスライスを沿えたら完成です。

これ、簡単だけど旨かった~。



鶏ハムに寄ってみます。



鶏胸肉に強めに塩をまぶして、ジプロックで1日冷蔵庫で寝かします。

調理前に常温に戻して、水から弱火でゆっくりと加熱。

沸騰する前で火を停めて、ゆで汁に漬けたまま冷ますと出来上がり~。



ソースは、バルサミコ大さじ1・醤油小さじ1・バター5g・砂糖小さじ1弱で。

ハム単独だとベーコンと被るので、バルサミコを使ったソースを添えてみました。

我ながら、旨かったです(笑)。



別皿の前菜は、小いわしのマリネ。



小いわしは頭とワタを取って、塩コショウで下味の後、片栗粉をつけて揚げます。

ざく切り玉ねぎと共にジプロックで1日マリネ。

仕上げに赤パプリカの粉末を掛けて、彩りを加えてみました。

さっぱりして悪くはないんですが、もう少し甘みを効かせても良かったかも。



メインは、豚肉のロースト。



ちょっと火が入り過ぎか(苦笑)。

豚ロースの塊に小指の先が入るくらいの穴を開け、塩・ニンニク・乾燥ローズマリーを入れます。

肉の表面に強めに塩をまぶしラップに包んで寝かすこと一晩。

200度で予熱したオーブンで50分焼き、食べやすい厚さにカットしたら完成!

うんうん、なかなか旨い。



お酒は、五日市のザ・ビックで買った白スパークリングの小瓶で乾杯した後、日本酒へ。

こちらは笑四季酒造のアンタイド赤ラベル生。



旨いと思いました~。



酔い覚ましのスープ。



鶏ハムの茹で汁に刻み玉ねぎを入れて好みの濃度まで煮詰め、溶き卵を流し、塩で調味。

仕上げには乾燥パセリで彩りを。

これ、なかなか好評でした。



〆はオイルサーディンとシメジのアーリオオーリオ。



この手のパスタはまずまず美味しく作れる様になりました。



たまにはこんな記事、いかがでしょ?

(2014.3)



その他のお家ごはん記事はこちらからご覧いただけます。







2014年03月26日 (水) | Edit |
平成26年に入ってから始めた「ゆる断食ダイエット」。

■一日の摂取カロリーを500kcal(男性は600kcal)に抑える。食事回数の決まりなしですが、昼と夜の2回にしています。

■炭水化物、アルコールは抜き。

の2点を、週に2日(月・金)実施するだけで痩せるというダイエット方法(他にも少しは条件あり)なんですが、実際に試してみると、確かに痩せました。



僕の場合
1月初旬:68.8kg
2月初旬:68.2kg
3月初旬:66.5kg
今朝測定:64.6kg

約3ヶ月でマイナス4kg。

なかなか良いペースではないでしょうか。
※妻はもっと減ってます。



週に2日間は節制しますが、残りの5日間でカロリーを取り過ぎなければ痩せていくといった感じのダイエット。

慣れない内はひもじさに苦しむ事もありますが、「明日になれば好きな物が食べられる!」と思えば頑張れるものです(笑)。



そこで、これからダイエットを始める方の参考になればと思い、夕食に食べている料理のレシピをアップする事にしました。

果たして、いつまで続くでしょうか。。。



※分量、カロリー計算は全て二人分です。

※レシピの出処に記載ない場合は妻のオリジナルレシピです。

※カロリー計算は概算です。



■鶏むね肉のさっぱり和え:498kcal



材料
・鶏むね肉1枚(158g):170kcal
・キャノーラ油大さじ半:62kcal
・キュウリ2本:30kcal
・塩少々:0kcal
・酒大さじ2 :27kcal
・醤油大さじ2:57kcal
・調味液
レモン1個:62kcal
砂糖大さじ1:39kcal
酢大さじ3:10kcal
しょう油大さじ4:41kcal

作り方
1.鶏むね肉は厚い部分を切り開き、すりこぎ棒で叩いて均一の厚さにする。

2.ボールに1・塩・酒をいれて手でもみこむ。

3.耐熱皿に2を乗せ、ラップをかけて電子レンジ(600W)で4分加熱する。

4.3の鶏むね肉の表面にしょう油を絡ませ、油を敷いたフライパンで両面に焼き目をつけた後、冷まして大き目に裂いておく。

5.キュウリをすりこぎ棒で叩いて手で大き目に裂く。

6.レモンは皮をむいてスライスし、調味液の材料と混ぜ合わせる。

7.6の調味液に4、5を和えて30分程置けば完成。好みで千切りにしたニンジン、白炒りゴマを添える。

レシピbyはなまるマーケット



■大根とワカメのスープ:50kcal



大根170g:31kcal
ワカメ2g:2kcal
チキンスープの素小さじ2:17kcal

1.大根は、いちょう切りにし、から炒めしておく。水400mlを加え、チキンスープの素を入れ沸騰させ、大根に火が入るまで煮る。

2.器にワカメ(今回は乾燥)を入れておき、食べる直前で温めたスープを注ぐ。



■じゃがいもの梅肉和え:142kcal



じゃがいも179g:130kcal
梅干し1個:4kcal
砂糖小さじ1/4杯:7kcal
酢小さじ1/4杯

1.じゃがいもは皮をむいて一口大に切り、水からゆでて、柔らかくなったらザルに上げ湯を切る。
2.梅肉と砂糖と酢を混ぜ合わせ、1を加えて和える。

レシピbyやせぐせレシピ



■食べた感想
ムネ肉の和え物はなかなかの旨さで、ボリュームに不満なし。我が家的にはリピートありです。

ジャガイモの根菜らしさと梅干しの風味は相性抜群ではありませんが、まずまず。

スープはハズレのない定番の旨さでした。



今後も、良いレシピがあればアップしてみようと思います。

(2014.3)

※最後に少しだけ宣伝を。明日(3/27)の中国新聞夕刊に僕のコラムが掲載される予定です。立ち読みで済まさず、ぜひご購入を(笑)。


その他のお家ごはん記事はこちらからご覧いただけます。