2017年03月18日 (土) | Edit |
-青海苔使わない-





愛友市場跡の再開発の竣工を横目に訪れたのは、東蟹屋町にあるお好み焼きの『辰(たつ)』。

仕事でグーグルマップを見た時に見つけたお店でして、先日訪れた「かばさわ」の少し奥にお店があります。

辰 外観





店内には3人が精一杯の鉄板前席と座敷にテーブルが2卓。

こちらは古い家を改装したお店のようでして、空き家がこんな感じでどんどん活用されるといいんでしょうけどね。

辰 店内

お店の切り盛りは、人懐っこそうな男女がお二人で。





メニューです。

辰 メニュー

トッピングも各種用意されていて、撮影し忘れた店内メニューに記載あり。





注文したのは、肉玉そば700円の野菜増し100円です。

最近、そばダブル食べるとしんどいので、野菜増しにシフトしておりまして。

年なのかしら(笑





男性が生地を丸く敷き、優しい手つきで振りかけるのは魚粉。

やや太めのキャベツ・もやし・天かす・豚バラを積み重ねるのは女性でして、焼くプロセスの中で役割を分担されているようです。

辰 お好み焼き 途中





そばは袋麺。

油と出汁のような液体をかけてほぐし、丸く成形したらすぐに本体と合体。

ここから5分以上放置するのは、じっくりとそばを焼くのとキャベツを蒸すからでしょう。





卵を貼り付けたら、卵の面と周囲にソースを薄く塗り、青ねぎを乗せて完成です。

辰 お好み焼き 完成

かりっとしたそばにザクッとへらを入れ、一口いただいてみましょう。





そばと豚バラの香ばしさ・キャベツの甘さがしかと堪能できて、これはなかなか旨いではありませんか。

途中で一切プレスしていませんけど、それなりに一体感あり。

食べ進めると物足りなさは感じるものの、最後までソースや調味料は追加せず完食いたしました。

青ねぎトッピングとアフターコーヒーが付いて、ノーマルで700円ならそんなに高くは感じませんかね。





丁寧な焼き方、話好きなお二人。

味も人も良いお店でして、目立たない立地ですが7年も続いているには訳があるって事ですね。

ごちそうさまでした!!!

(2017.2)



■お店のデータ

広島市東区東蟹屋町7-33
0822581982
11:00~14:30
17:00~22:00
定休日:月曜日


その他の飲食店記事はこちらからご覧いただけます。


所在地別飲食店リストはこちらご覧いただけます。








2017年03月02日 (木) | Edit |
-名店 ここにあり-





光町の『いっちゃん』って味が落ちたらしい。。。

と誰かから聞いたんですけど、誰でしたっけ(笑

そもそも『いっちゃん』には行った事がないので、良く分からないんですけどね(苦笑





そんなことをふと思い出したものですから、この日は『いっちゃん』に行ってみた訳です。





お店の場所は、光町の東消防署の向かい側。

大きなバナーが設置されていますので、見落としは無いと思います。

いっちゃん バナー

いっちゃん 外観





店内には、手前に大きなテーブル席があって、奥に鉄板を配置。

お客の出入りは頻繁で、この界隈では一番の人気店かもと感じました。





お店の切り盛りは、男女5名で。

その内4人は若い人でして、鉄板の前に立って間がない男性もいらっしゃいました。





メニューは見ることなく、肉玉そばを注文。

楕円形から徐々に丸に近づくように生地を敷き、一旦鉄板からはがして、少し左に置き直します。

これって、くっつき防止なんでしょうかね。

いっちゃん お好み焼き 生地をはがす






動かした生地の上に粗めの魚粉を少々、たっぷりのキャベツ、天かす・もやし・豚バラと積み、ラードを僅かに乗せます。

いっちゃん お好み焼き 途中

本体を反転する際、一般的にはヘラを2本とも生地の下に差込み、手前に向けてひっくり返しますよね。

こちらのお店では、本体の左端をヘラで押さえて支点を作り、野菜をくるむように生地を丸めながら、右から左へくるりとひっくり返すやり方。

僕は初めて見ましたが、これだとキャベツが飛び散らなくて良いですね。





そばは生麺。

茹で上がったら、鉄板の上で丸く成形し、少しの油を差してから焼きに入ります。

そばと本体を合体後は、卵を貼り付け、少な目のソースと青海苔で完成です。

いっちゃん お好み焼き 完成

焦げ目の付いたそばが旨そうなビジュアル。

途中で一度もプレスしていないので、中央部はそれなりに嵩があります。





早速いただいてみると、そば自体の旨味と香ばしさ、ほっこりキャベツの甘味が印象的で、これはなかなか旨いではありませんか~

塩胡椒課長さんは使われていませんが、十二分に旨いお好み焼きです。

味もボリュームも満足でして、702円は安いと思います。





あ、そうそう。

色々と段取りが悪い修行中の男性に注意する際、ご店主が笑顔で話しかける姿に感心しました。

怒鳴り散らす店主だと店の雰囲気悪くなるかならぁ(苦笑

若い店員がのびのびやっているのには、そんな背景もあったんですね。





味も雰囲気も良い『いっちゃん』。

今年はあと11ヶ月(訪問時点)ありますが、ここを超えるお好み焼き屋さんに出会うことがあるんでしょうか。

素晴らしいお店だと思いますので、お好み焼きが好きな方にはぜひ訪れていただきたいと思います。

ごちそうさまでした!!!!

(2017.1)



■お店のデータ
いっちゃん
広島市東区光町1-6-30
0825676776
11:00~15:00
17:00~21:00
定休日:未確認
※日曜日は営業。


その他の飲食店記事はこちらからご覧いただけます。


所在地別飲食店リストはこちらご覧いただけます。







2017年03月01日 (水) | Edit |
-案外やさしくないのね-





お昼を食べるのが14時近くになってしまったので、軽く済ませようと思い、気になっていた『おだしの香り』に行ってみました。

お店の場所は、八丁堀『くにまつ』の並び。

ピンカートンズスーク」という店が入っていたスペースで営業しています。

おだしの香り 外観

おだしの香り 看板

おだしの香り サイン




メニューは1階に置かれているので、一応の当たりをつけて店に入ることに。

おだしの香り メニュー

入ってすぐ右側に券売機があるので、お目当ての食券を購入しましょう。





店内装飾は、わりとシンプル系。

壁と天井が白、床はこげ茶、調度品は明るい茶系。

おだしの香り 店内

シンプルな内装にモダンな照明を組み合わせています。

おだしの香り 照明

お店の切り盛りは女性がお二人で。





食券を渡してから5分程度で海老と磯天の出汁茶漬けセットの登場です。

おだしの香り 海老と磯天セット全景

内容は、メインの出汁茶漬けに小鉢2つとお漬物。





メインに寄ってみましょう。

おだしの香り 海老と磯天

白ご飯に揚げ立ての磯天が乗っていて、白ごまが少々。

まずはそのままでいただいてみると、青海苔と塩が効いた磯天はまずまず旨く、そのまま食べても十分なおかず力があります。





続いて、土瓶に入った出汁をかけていただいてみると、やや節系の香りが目立つ優しい出汁茶漬けという印象。

塩は案外効いている印象です。

※出汁が入った写真は撮り忘れ。。。





小鉢は大根の煮物。

おだしの香り 大根の煮物

こちらも節系のフレーバーが立っていて、ほんのり醤油のニュアンスも。

もう一つの小鉢。

おだしの香り 人参と昆布の炒め物

刻んだ昆布と人参・ささみの炒め煮でして、どちらの小鉢もまずまず旨く、温かい点が印象に残りました。





出汁茶漬けがなくなった後は、出汁を器に注いで飲んでみることに。

すると、昆布のニュアンスが強めに感じられ、やはり塩気は強め。

食後の喉の乾きも強かったです。





800円というお値段考えると、もう少し量が欲しいところですが、この日のような使い方であれば気にはならないのかなと。

出汁茶漬け専門店は珍しいと思いますので、お近くの方は一度立ち寄られてみてはいかがでしょうか。

ごちそうさまでした!!

(2017.1)



■お店のデータ
おだしの香り
広島市中区八丁堀8-1
0822225505
11:30~19:00
※土曜日は~15:00
定休日:日祝


その他の飲食店記事はこちらからご覧いただけます。


所在地別飲食店リストはこちらご覧いただけます。







2015年11月14日 (土) | Edit |
1本の記事にするには短いけれど、捨ててしまうにはもったいない。

そんなネタを集めた「寄せ集め」。

今年1月以来、久々となる第15弾をお届けいたします。






長原精肉店のお肉



こちらは、廿日市の須賀と言うところにある精肉店。自宅焼肉の日に、肉を仕入れに訪れてみました。個人の精肉店では内臓系が揃ってない事も多く、牛や豚のカルビやロース、鶏のもも位しかない事も。しかし、こちらのお店はまずまずの種類が揃っていて、概ね希望通りの部位を買うことが出来ました。この日買ったのは牛のみで、タン・コウネ・カルビ・ハラミが各100g、ホルモンは200g。お値段は確か2,500円位だったと記憶しています。外で食べるよりもグッとお安く、量もピッタリ。また行ってみたいと思います。

(2015.9)





カラフルカプレーゼ



ゆめタウン広島でミニトマトの量り売りをしていまして。色々な色のトマトがあったものですから、ミニモッツアレラを買って、カプレーゼっぽく仕上げてみました。味付けは、塩コショウとオリーブオイル。上から掛けて和えただけなんですけどね(苦笑)。肝心のバジルを買い忘れたので、リーフを敷いてごまかしてみることに。なかなか美味しそうでしょ。リーフなしでカクテルグラスに盛っても綺麗だと思います。

(2015.9)





武蔵坊でセロリを



セロリって独特のクセが得意じゃなくて、普段から食べない食材の一つ。汁なし担担麺のトッピングで見かける事もあって、これって旨いのかなぁ?と疑問に思っていました。少し前に食べた武蔵坊の汁なし担担麺が?だったので、確認の意味で訪問し、ついでにセロリもトッピング(笑)。シャクシャクとした食感、想像よりも穏やかなセロリのクセ。思ったよりも合いますね。あ、気になる汁なし自体は、問題ございませんでした。

(2015.10)





ひろしま夢プラザで買った生七味



フェイスブックで教えていただき、本通りのひろしま夢プラザで購入。七味の材料をつかったペースト状の調味料ですかね。そのままを口に入れると、塩っぱさ辛さ酸っぱさがどどんと感じられ、山椒の強いニュアンスも終始感じられます。後に残るのは、苦味を帯びた辛味。これ、酒のアテに良さそうだ(笑)。鶏もも肉とシメジを炒める時にも使ってみましたが、各種刺激は随分と穏やかに。火が入ると変わりますねぇ。まだ試していませんけど、うどんツユに溶かしてみたり、脂の多い肉に付けたり、少し手を加えて冷奴に乗せてみたりと楽しめそうです。こういうのが一つあるだけで、食卓って豊かになるんですよね。

(2015.10)





10年ぶりの新華園矢賀店



河原町店が臨時休業だったので、矢賀店に行ってみました。僕の中では河原町店に一番近い味だと思っていましたけど、ツユが全然違ってて、ちょっとビックリ。辛味成分は河原町が油に溶かした唐辛子の粉末でさらさら系。唐辛子自体の旨味や甘味もあり。矢賀はどろっとしたペーストで、ストレートに辛い。ツユの出汁感は、河原町は少ないけど矢賀はあり。使っているレモンに至っては、河原町の国産レモンに対して、矢賀はポッカのレモンぽいもの。河原町はすっきりとしたツユで、味のある辛さ。矢賀は出汁感あるツユで、まっすぐな辛さ。好きなのは河原町ですね。改めて段原と長束にも行って、比較表でも作ってみようかな(笑)。

(2015.11)





2015年08月10日 (月) | Edit |
だからどうという事もないんですけど、区切りの数字ですので一応アピールしておこうかなと(笑)。





振り返ってみますと、2010年2月に初めてアップした記事は、幟町の「お食事処 博美」のレポ

当時はガラケーでしたので外観の写真は小さいし、料理の写真はないし、文章はちょっと力んでるし、何だかなぁ(苦笑)。

ブログを書いている方はご経験あると思いますが、昔の文章を読むと色々と恥ずかしくなるんですよねぇ。。。





そして、ロクに料理も出来ず、ロクに食べ歩いていない状態でスタートしたブログなので、読み返してみると冷や冷やする部分も多数あり(苦笑)。





そんな僕も多少の経験を積み、人の文章を読み、考えながら書き続けてきました。

まだ拙くて伝わり難いし、文章が多いなと思いますが、ようやく肩の力を抜いて書けるようになってきたかなと。

これからも、お店選びの判断材料になるような記事を書いていきたいと思いますので、どうぞよろしくお願いいたします。





さて、最後に。

飲食店記事リストって見てくださっていますか?

カテゴリー別に掲載店をまとめてまして、例えば「焼き鳥食べたいけど、どっかいい店ないかなぁ」てな際に、ちらっと見ていただければ幸いです。

http://oomin77.blog97.fc2.com/blog-category-6.html





最後まで読んでいただき、ありがとうございました。