白目をきれいに
2017年09月19日 (火) | Edit |
-注文は慎重に-





カレー汁が名物の『新京本店』。

流川界隈にいくつかある宿題店のひとつ。

そんな店の前をお昼に通ってみると、何と営業しているではありませんか~

新京本店 外観

新京本店 看板

夜しかやっていないと思っていたので、これは嬉しい誤算です。





店内には大きなL型カウンターが設置されていて、いかにも「酒場」な雰囲気。

新京本店 店内

いい雰囲気じゃ(笑





席に座る前に、「大・中・小、どーされます?」と一撃が。

経験が少ない頃ならともかく、他の店で何度もこの一撃を食らっている僕は、さらりと「中で」とオーダー。

※ご飯のことです。





おかずは、目の前のガラスケース内・上から選ぶ流れ。

その中から、目に付いたものを3つほどお願いしてみました。





新京本店 ご飯とおかず

やや大きめの器にご飯がこんもり。

おかずは、肉じゃが・ポテサラ・昆布煮付け。

味噌汁は頼んでないけど出てきました(笑





大き目のジャガイモがごろごろ入っている肉じゃが。

新京本店 肉じゃが

きっちり甘辛テイストでなかなかの旨さです。





ポテサラ。

新京本店 ポテサラ

こちらもジャガイモがごろっと入っていて、芥子混じりのマヨネーズが良いですね。

写真忘れましたが、細切りの昆布を甘辛く煮付けたのも旨かったです。





残念だったのは、僕のチョイス。

ポテサラと肉じゃがでジャガイモが被ってるし、昆布と肉じゃがで甘辛味が被る。

途中で飽きてしまって、盛りのいいご飯を減らすのが大変でしたよ(苦笑

新京本店 中ご飯

熱々のうまい味噌汁がなかったら、どうなっていたんでしょうか~





夜も良さそうですので、やはり一度行ってみなきゃいけませんね。

ごちそうさまでした!!

(2017.7)



■お店のデータ
新京本店
広島市中区流川町5-9
0822411406
18:00~翌6:00
※昼営業は不明
定休日:日祝


カテゴリー別飲食店リストはこちらからご覧いただけます。


所在地別飲食店リストはこちらご覧いただけます。








2017年09月08日 (金) | Edit |
-空気は大事-





その存在は知りつつ、気にはなっていたものの、訪問を後回しにしていた『アダモ』。

アダモ 外観2

ウォンツ光町店の向かい側にあるお店でして、テント屋根は黄色のお好み焼きと茶色のカフェの2種類。

アダモ 外観

店頭のショーケースにはカツ丼などのサンプルが並び、入口前には手書きのメニューも確認できます。

アダモ メニュー





店内は薄暗く、古いとは少し違う佇まい。

そして、好みが分かれる空気感。

アダモ 店内

天井付近に張り出された短冊メニューを見ると、お好み焼きや焼きそば(うどん)のバリエーションが多いのが特徴のように感じました。





注文したのは、日替りランチ。

メインは豚の生姜焼きとホッケの塩焼きだったので、ホッケで。

アダモ ランチ

出てきたランチは、メイン・小鉢・ご飯・吸い物・漬物という内容です。





メインのホッケは醤油を掛けて。

添えられたサニーレタスのサラダは、ゴマドレにて。

小鉢の煮物は薄味ながらもまずまずの旨さでしたが、その他はもう一歩という感じでした。





ここはお好み焼きや焼そば(うどん)のほうが良いのかもしれません。

次回があれば食べてみたいと思います。

ごちそうさまでした!

(2017.7)



■お店のデータ
アダモ
広島市東区光町2-6-18
0822631933
11:30~14:30
17:30~21:00
定休日:日曜日


カテゴリー別飲食店リストはこちらからご覧いただけます。


所在地別飲食店リストはこちらご覧いただけます。






2017年07月25日 (火) | Edit |
-侮れない存在-





この日は久し振りに『はま寿司』へ。

お目当てはもちろん、これ(笑

はま寿司 豚骨ラーメン

多分、出てくるラーメンは定期的に変わっていると思われ、この日は豚骨ラーメンでした。





白濁したスープ、チャーシュー・味玉・青ねぎ。

油膜の層は厚くなく、飲んでみると旨味ととろみが感じられ、これはまずまず旨いではありませんか~

うん、匂いもそれっぽい。





麺はお約束の細麺ではなく、それよりも少し太い丸麺。

はま寿司 豚骨ラーメン 麺

麺はこんなもんかな。





380円の回転寿司屋のラーメンと思うと、十二分な出来栄えだと思いますよ。





その他に、寿司を何皿か。

はま寿司 まぐろ三昧
※マグロ3種盛り。

はま寿司 生タコ
※生タコ。

はま寿司 まかない軍艦
※まかない軍艦。

はま寿司 納豆軍艦
※納豆。





また、ラーメン食べに寄ってみよ(笑

ごちそうさまでした!!

(2017.6)



■はま寿司の訪問記
はま寿司(2016.3)


その他の飲食店記事はこちらからご覧いただけます。


所在地別飲食店リストはこちらご覧いただけます。






2017年07月22日 (土) | Edit |
-券売機の功罪-





「食べたいものが決まらない日は、食堂に飛込め」

ということで訪れたのが、紙屋町にある『米米食堂』です。

※誰の言葉なのかって?僕です(苦笑





お店の場所は、国際ホテルの裏辺り。

一つ前に「そば処禅」という店が入っていた場所でして、更に前には「海風堂」があった場所と言えば、ラーメン好きの方にはピンと来ると思います。

米米食堂 外観





中に入ると食券購入を促されますので、タッチパネル式の券売機で購入しましょ。

定食と麺類のメニューをささっと確認し、「名物」と謳ってある鶏の唐揚げ定食(中)をタップ。

食券を手渡し、指定された席に座るという流れです。

米米食堂 店内

米米食堂 店内2





しかし、この券売機って言うのは、なかなか厄介なものですね。

初めての店だと注文決めるのに時間掛かっちゃいますし、お昼時だと、焦ってますます決まらない人もいるでしょう。

一見客にはなかなか厳しいシステムだけど、店側のお会計の手間を考えるとアリなんでしょうしね。





とか考えていると、鶏の唐揚げ定食の登場です。

米米食堂 鶏の唐揚げ定食 中

ご飯・味噌汁・小鉢・漬物・メインのプレートで740円だったかな。





メインに寄ってみましょう。

米米食堂 鶏の唐揚げ

大き目の鶏の唐揚げが4つ。

片栗粉の衣はさくっとしていて、肉にはジューシーさが残る、丁度いい揚げ具合。

ニンニク醤油ダレの風味と課長さん比率の高い塩胡椒。

これは、ご飯がススムくんなタイプではありませんか~

鶏の脂・衣の風味・課長さんのおかげで、ビールのあてにもピッタリかなと。





ご飯はお代わり自由。

保温ジャーから好きなだけよそうセルフスタイルです。

元々が小さめのお椀での提供なので、唐揚げ4つを食べ切ろうと思ったら、お代わり必須。

僕もお代わりをしてしまい、図らずも食べ過ぎてしまいました(苦笑





お米にはこだわっているらしく、生産農家の方を顔写真付きで紹介しているほど。

確かに、ご飯は旨かったと思います。

なお、冷奴等に使う醤油はとても出やすいので、ご留意ください。





他の定食類は800円台が多く、丼物も似たような価格帯。

麺類単品は500~600円台が中心。

それらと比べると、唐揚げの定食は妥当な金額だと感じました。

ごちそうさまでした!!

(2017.6)



■お店のデータ
米米食堂
広島市中区紙屋町1-5-3
0822418138
11:00~22:00
※日祝は~21:30
定休日:なし


その他の飲食店記事はこちらからご覧いただけます。


所在地別飲食店リストはこちらご覧いただけます。








2017年05月27日 (土) | Edit |
-出前の注文 ひっきりなし-





西区楠木町。

川に近いビルの5階。

そこで一仕事終えたら、なんと丁度お昼時ではありませんか~

やった~(笑





そこで、この界隈で気になっていた『一休』という食堂に飛び込んでみました。

一休 外観

大通り沿いで、バス停(大芝町)目の前。

紺の暖簾に赤いテント屋根。

いい佇まいだ(笑





中に入って驚いたのは、お好み焼きを焼く鉄板があること。

一休 鉄板

特等席はたったの2つで、すでに先客あり。

後ろ髪を引かれましたが、奥にあるガラスケースと冷蔵庫からおかずを選び、ご飯の中とお味噌汁を注文です。

一休 冷蔵庫





「出前で持っていくけぇ、ちょっと置かせてね~」

一休 出前

カレーもあるのか~

メニューがないから分からんわ~(苦笑





お店の切り盛りは男女2名で。

お二人ともきさく!って感じの方です。





一休 全体

この日は、メインのおかずに天ぷらを選び、小鉢として納豆。

キャベツはサービスらしく、野菜も食べんさいよ!というお母さんの優しさでしょうか。





天ぷらに寄ってみましょう。

一休 天ぷら

アジの天ぷらが4枚と玉ねぎが2つ。

ゆで卵半分がちらりと。

アジの下味がジャストな具合で、何も付けなくても旨いなぁ。





あ、焼そば発見!

一休 焼きそば

まるで裏ドラのように隠れておりました(笑





粒が小さめの納豆に、卵黄・青ねぎ・鰹節。

一休 納豆

醤油を掛けてしっかりまぜまぜ。

久し振りの納豆、旨かった~





熱々の味噌汁はたっぷりと。

一休 味噌汁

そして、これらを受け止める大盛りご飯。

これで中。

一休 ご飯

「お兄ちゃん!食べ切れるかね~」と出てきたわけなんですが、苦しみながらも完食いたしました、はい(笑





お会計は750円予想のところ、690円というお安さ。

量にも味にも雰囲気にも満足でした。

今度はお好み焼き食べよ。

ごちそうさまでした!!!

(2017.4)



■お店のデータ
一休
広島市西区大芝2-6-13
0822370739
営業時間:未確認
定休日:未確認


その他の飲食店記事はこちらからご覧いただけます。


所在地別飲食店リストはこちらご覧いただけます。