白目をきれいに
2017年10月16日 (月) | Edit |
-想定外だけど-





お上品な和定食で、メインはお魚を。

そうそう!

光町の『ありた』があるじゃないですか。

何度か前を通ってメニューはチェック済み。

量が少なめで良い日に行こうと思っていたので、ピッタリ。





お店の場所は、光町の東消防署の並び。

「すし健」や「いっちゃん」が道路向かいにある立地です。

ありた 外観





中に入ると、酒瓶を飾った壁が視線を遮断。

ありた 壁面

この向こうにはオープンな空間が広がっていて、テーブル5卓ほどとL型カウンターに7~8席が準備されています。





ランチメニューです。

ありた メニュー3

ありた メニュー2

ありた メニュー

日替りに決めて中に入ったんですけど、「焼き魚食べたい!」と思い、注文を変更。

調理場はおひとりで切り盛りされているようで、出てくるまでに15分は要したと思います。





ありた 焼魚定食

出てきた定食を見て、ちょっと驚き。

大きさ20センチ台半ばの立派なアジが、丸々一匹出てきました。

この他には、刺身・小鉢・香の物・茶碗蒸し・ご飯・味噌汁。

これはなかなかボリュームが有ります。

今日は、お上品で少なめにと思ったのに(苦笑





メインの焼き魚は一夜干っぽい感じも。

ありた アジ

出てきたときは、身の表面の油がフツフツしていて、いかにも旨そうなビジュアル。

ふっくらとした焼き上がり。きちんと乗った旨味。

レモンも合うし、醤油を掛けた大根おろしとも合う。

華鳩辺りと合わせたいなぁ(笑





刺身は2種類。

ありた 刺身

アジはまずまず。

皮目を炙ったサワラ。

エッジが立って断面が綺麗なサワラ。

これ、旨いやつに間違いありませんし、実際に旨かったです。





小鉢はこんにゃくと里芋の煮物を冷やしての提供。

上から掛けられた青柚子の皮が憎らしいですね。

味噌汁は魚のアラ入り。

鱗や骨がほとんど入っていない配慮は嬉しくなっちゃいます。

茶碗蒸しは冷めたほうが出汁感出てきて良かったです。





この内容で1,080円なら文句なし、というかコストパフォーマンス良いと思います。





隣の人が食べていた海鮮丼も旨そうでしたし、夜も期待できそう。

お酒は大七推しなのかな?

ありた 日本酒
※箕輪門、好き!





ちょっといいお昼を食べに寄るのも良いかもしれません。

また立ち寄ってみますね。

ごちそうさまでした!!!

(2017.9)

※いやしかし、食べ過ぎた(苦笑



■お店のデータ
ありた
広島市東区光町2-12-11
0825681133
11:30~14:00
17:00~22:00
定休日:日曜日


カテゴリー別飲食店リストはこちらからご覧いただけます。


所在地別飲食店リストはこちらご覧いただけます。







2017年10月14日 (土) | Edit |
-サービス価格-





ランチを済ませて勤め先に戻るとき。

自転車で通り過ぎた『本州一』に感じた違和感。

振り返ると、黄色い暖簾と幟旗が建っているではありませんか~

本州一 外観

「日曜日なのに営業してるの?」

近づいてみると、日曜限定でカレーを提供しているらしく、お値段はチキンカツが乗って250円!

本州一 メニュー

これは面白そうだなと思ったので、翌週に訪問して参りました。





「カレーしかないですけど良いですか?」と第一声。

はい、と答えるや否や「チキンカツと唐揚げがありますけど」と。

チキンカツカレーが目当てだったのでお願いして、ミニサラダも注文。

そして、前精算。





チキンカツは、注文が入るたびに揚げているようで、出て来るまでに数分間待ちました。

てっきり、揚げ置きでオーダー即提供かと思っていたので、思わず感心。





本州一 カレー

中華ランチでお馴染みのメロン型に白ご飯を詰めてポンと置き、野菜多めのカレールー、揚げ立てのチキンカツ。

ルーは、スーパーで入手できるブロックタイプっぽいテイストで甘目での提供です。

子供が食べられるように甘めにしているので、必要ならカイエンを使うようにとのこと。

本州一 カレーアップ





この内容は、250円とは思えませんよね。

あえてひとつだけ言うと、ルーが少し温いのかなと。

子供向けだからというのもあるんでしょうし、保温器の設定の問題もあるんでしょう。





ミニサラダ。

本州一 ミニサラダ

シャキッとした野菜達。

ミニトマトが入って50円。

原価計算、してますか(笑?





味は定番的ですけど、この価格で提供されるのには驚きました。

応援の意味を込めて、もう一度行ってみたいと思います。

次回は唐揚げかな。

ごちそうさまでした!!!

(2017.8)



■本州一の訪問記
本州一(2010.6)
本州一2(2011.3)
本州一3(2012.8)
本州一4(2016.4)
本州一5(2016.10)
本州一6(2016.12)
本州一7(2017.4)
本州一8(2017.7)
本州一9(2017.7)


カテゴリー別飲食店リストはこちらからご覧いただけます。


所在地別飲食店リストはこちらご覧いただけます。






2017年10月13日 (金) | Edit |
-山椒魚と共に-





友人主催のイベントで久々の訪問。

今回は「山椒魚」というお店とのコラボ企画だそうです。

豚鳥 看板

「山椒魚」は、アジアンスパイス料理と日本酒の店と聞いていまして、オープン日未定ながらも期待が高まりますよね。





ガスパチョ。

豚鳥 ガスパチョ

トマトの青臭さと穏やかなスパイス感。

ほんのりカレー風味。

ガスパチョと言えば、少し酸味のある野菜の冷製スープというイメージですが、これはトマトの青臭さとわんやりスパイスがいいアクセントになっていますね。





ハツの串焼きは豚鳥バージョンにて。

豚鳥 ハツ

このハツ、うなるほどに旨い!

肉厚で風味豊か。

どこの肉屋さんに行ったら、このハツ買えるんでしょうかね(笑





鰯のハーブ和え。

豚鳥 鰯ハーブ和え

スパイス云々よりも、パクチーが嫌いな僕でも食べられるパクチーに出会った事のほうが衝撃的という(笑





ズッキーニなどの柚子アチャール和え。

豚鳥 ズッキーニ柚子和え

マッシュルームや松きのこ、漬物チックな柚子も使われていて、あっさりなひと皿。





胸肉の串焼きに「山椒魚」のトマトソース。

豚鳥 胸肉の串

複雑ながらも、トマトの旨味と刺激少な目のスパイス感が絶妙なソース。

以前もらった友人自作のトマトソルトと近い味わいで、僕もその後自作しましたが、深みが全く足らず。

お聞きすると、このソースはトマトにひと手間掛けてるらしく、そりゃ全く違うわけだと納得したという(笑





席を離れてあちこちで話していたので、この後の料理は記憶が薄くてですね~

えと、これは何の串でしたっけ(苦笑

豚鳥 何かの串

豚鳥 串





〆のすじ煮込み。

豚鳥 すじ煮込み

これ抜群!

出汁と塩と日本酒だけで造ったそうですけど、これは〆の名作です。





この他には、ナスの料理や魚介のサラダも出ていましたけど、食べてないかも(苦笑

お酒は、ビールや自然派ワイン、熱燗などを思い思いに。





「山椒魚」の料理、旨かったです。

ただ、個人的にはカレー風味(クミン?)の印象が強く残っていまして、もう少しバリエーションがあったらなと思いました。

きっと、店だと色々できると思うので、「オープンを待て」ということなんでしょう(笑





また楽しみがひとつ増えました。

ごちそうさまでした!!!

(2017.8)

※最後に四兄弟の写真を(笑
豚鳥四兄弟



■豚鳥の訪問記
豚鳥(2010.5)
豚鳥2(2010.11)
豚鳥3(2011.8)
豚鳥4(2011.10)
豚鳥5(2012.11)
豚鳥6(2013.5)
豚鳥7(2013.8)
豚鳥8(2015.11)


カテゴリー別飲食店リストはこちらからご覧いただけます。


所在地別飲食店リストはこちらご覧いただけます。







2017年10月11日 (水) | Edit |
-目移りする-





前回食べた大野アサリの味噌そばが旨かったので、定食を食べてみようと思い再訪。

ところが、ランチの筆頭メニューに「有機野菜チャンポン」を見つけてしまいました。

仕方ないなぁ(笑





注文したチャンポンは、人参・ナス・ほうれん草・玉ねぎ・きくらげなどのお野菜に加えて、アサリとつみれが使われていて、実に具沢山。

ああばん ちゃんぽん

表面に厚めの油膜を湛えたスープは熱々で、ベースは鶏と思われます。

少しとろみもあり、具材から出た旨味が複合的に。

よく見ると溶き卵まで。





具材で印象的だったのは、ほうれん草と黄色い人参の強い風味。

三次産の有機野菜を使っているような記述を見かけましたが、流石に旨い野菜達でした。





麺は、細目を柔らかめで。

この麺、固めに茹でたらパツッとして旨そうなんだけどなぁ。





チャンポンというよりも完全にラーメンですね(苦笑

居酒屋で出す一杯だと思うとハイレベルでして、専門店で出すなら、もう少し要素をそぎ落としてシンプルにしても良いのかなと感じました。





この他には小鉢2種と白ごはんも。

手前に写っているのはベーコンの和え物。

ああばん 小鉢

このベーコンもワンランク上のものでして、少量とは言え嬉しくなっちゃいますね。

奥はもろみ味噌。

ご飯に乗せるのか、チャンポンに入れるのか、そのまま食べるのか、よく分かんなかったです(苦笑





唯一残念だったのは、とても柔らかいご飯。

前回はそんなこと思わなかったので、たまたまなのかなぁ。





近いうちにもう一度来て、麺類以外の定食を食べてみたいと思います。

ごちそうさまでした!!!

(2017.8)



■ああばんの訪問記
ああばん(2017.1)


カテゴリー別飲食店リストはこちらからご覧いただけます。


所在地別飲食店リストはこちらご覧いただけます。






2017年10月10日 (火) | Edit |
-店の名の通り-





さて、そろそろ勤務地の変更が現実味を帯びてまいりました。

ていうか、この記事アップする頃にはもう変わってるか(苦笑





約1年に渡って、白島・牛田・光町界隈の店を開拓してきました。

これからは、もう一度行きたいお店や気になったメニューなどを中心にこなしていきたいと考えています。





さて、今日ご紹介するのは、上大須賀町にある『炒めし屋』の汁なし担担麺。

前回訪問で調理過程を見ていて、ちょっと気になっていたんですよ。

炒めし屋 汁なし担々麺

麺の上に肉味噌、青ねぎをパラリ。

脇には温玉とチャーシュー的なものが。





肉味噌はコク旨タイプで、ご飯がススム君。

外周部に粗挽き胡椒をまぶした肉はパストラミでしょうか、タレのコクを凌駕する胡椒辛さは、これのせいかもしれません。

結構ビリビリ来ますので、温玉を絡めながら食べるのがおすすめです。





麺を食べ切ってしまうと肉味噌がなくなりそうだったので、早々と白ご飯を投入。

半熟の黄身がご飯に絡んできて、これは説明不要の旨さですね。





あ、そうそう。

気になった調理過程というのは、焼そば用の麺を多めの油で炒めるところ。

茹でるのが一般的ですけど、炒めるタイプは食べた事がなかったので、興味津々だったわけです。

食べてみると想像の範疇ではありましたが、ちょっとした変り種が経験できたのが何よりでした。

ごちそうさまでした!!

(2017.8)



■炒めし屋の訪問記
炒めし屋(2017.4)


カテゴリー別飲食店リストはこちらからご覧いただけます。


所在地別飲食店リストはこちらご覧いただけます。