白目をきれいに
2017年08月11日 (金) | Edit |
■今月のお酒
誠鏡 純米スパークリング
開運 特別本醸造





今月は2本。

日本酒は休みの日しか飲まないんですけど、珍しく外飲みが2回もあったので、その分機会が減ったということでして。

この2本、どちらもいいお酒でしたが、開運のコストパフォーマンスは流石ですね。

お祝い事にもつかえるし、デイリーユースとしても優秀なお酒。

また買おうかな(笑





(評点は、なし~★★★★★。個人の好みで評点を付けています。)





誠鏡 純米スパークリング ★★
醸造元:中尾醸造(竹原市)

誠鏡 純米スパークリング 瓶

前も飲んだ事あるような気もしますが、美味しそうだったので気にせず飲んじゃいましょう(笑

誠鏡 たすき



僅かなオリの香り。

泡は優しく、軽いしゅわしゅわ感が良いですね。

味わいとしては、オリのコクと甘苦さが目立ちます。



牛タン・ぼんじり・ソーセージなどお肉メインの夕食と合わせてみましたが、優しく脂を流してくれ、食を進めるには丁度いいお酒だなと感じました。

誠鏡 純米スパークリング たすき裏





開運 特別本醸造 ★★★
醸造元:土井酒造場(静岡県)

開運 瓶

給料日前でお金ないけど、たくさん飲みたい!

そんなわがままを、一定以上のクオリティで叶えてくれる貴重なお酒。

開運・特別本醸造。

一升瓶で2,000円ちょいは、亀齢の辛口純米八拾と同じ価格帯。

そして、それに負けないくらい旨いんですよ。



開運 ラベル

冷蔵庫から出したてをあけてみると、僅かながら、アルコール感が立った香り。

含むと、その香りは気にならず。

そこそこのコク、後口には辛さがあり、切れの良いお酒です。

2杯目からはまったりとした口当たりとなり、甘さも顔を出すように。



開栓二日目。

冷たいと飲み口軽く、お風呂上りだとごくごく飲んでしまいそう。

常温が近づくにつれ、コクと旨味が出てきます。

安くて旨い酒ですけど、定番すぎるからでしょうか、話題にならない。

売れないからでしょうか、飲食店でも見かけない。

こういうお酒こそ、色々な人に飲んで欲しいんですけどね。

開運 たすき



その他の日本酒に関する記事はこちらからご覧いただけます。







2015年03月25日 (水) | Edit |
今月の掲載酒

■雨後の月 純米吟醸酒
■島の香  うまいにごり酒
■開運  無濾過純米生酒
■白牡丹  本醸造しぼりたて
■賀茂泉  立春朝搾り
■前  純米吟醸無濾過生原酒
■菊水  熟成吟醸生原酒
■蒼斗七星 特別純米65うすにごり
■三芳菊  零おりがらみ




2月を振り返って驚いたのは、賀茂泉の立春朝搾り(4日開栓)よりも前に4本開栓していた事。

丁度その頃は、親からもらったり、牡蠣を買いに行ったついでに酒屋に寄って購入したりで在庫が多かったんですよね。。。

仕事のストレスを酒で解消したっていう理由もあるんですけど、それにしても良く飲みました(苦笑)。



さて、2月のお酒で良かったのは、白牡丹と蒼斗七星。

逆に期待はずれだったのは、三芳菊。

とは言え、三芳菊は面白そうなので、今後も何本か飲んでみたいと思っています。





(評価は、なし~★★★★★。個人の好みでの評価ですので、参考程度に留めてください)






雨後の月 純米吟醸酒 ★★
醸造元:相原酒造(呉市)



外で見かけたら飲むけど、家では飲まない。

そこに特段の理由はないんですが、雨後の月もそういうお酒の1つ。

江田島の牡蠣打ち場で買った牡蠣に何合わせようかなと酒屋に立ち寄ったところ、雨後の月と目が合ってしまいました。

これを機会に、久々の、雨後の月in我が家でございます。



冷蔵庫で冷やして、冷え冷えからの開栓。





瓶口からは、雨後の月らしい甘めの香りが。

実際に飲んでみると、中硬質な含みで、口当たりは端麗と言えば良いでしょうか。

細く品の良い甘みが感じられ、少しの苦味が余韻に残ります。



外で飲んだ雨後の月と比べるとボリューム感に物足りなさはありますが、梵と同じように、スペック違いでも共通項が感じられる点は良いですね。

そして、プリプリの酢牡蛎との相性はピッタリ。

江田島と仁方では場所は違いますが、海の幸に海の酒は合うって事なんでしょう。







島の香 うまいにごり酒 ★★
醸造元:津田酒造(江田島市)



昨年買い逃したこのお酒を求めて、江田島市能美町へ。

お取り寄せが出来るのかもしれませんが、現地で買うという体験が好きなので、片道2時間くらいなら平気で蔵に行ってしまいます(笑)。



蔵に到着し瓶を手に取って見ると、醸造用糖類が添加されている事が判明。。。

う~ん、アレなら炭酸で割れば良いかと思い購入し、冷え冷えから開栓してみました。





香りはほとんど感じられず、とろりんとした口当たりに滑らかな喉越し。

想定よりも甘くなく、むしろ後に残る少しの酸が印象的でした。



飲み続けると流石に甘さが蓄積してきますが、想定よりもアレではなく、むしろ良い印象。

飲んでみないと分からないものですねぇ。







開運 純米無濾過生 ★★★
醸造元:土井酒造場(静岡県)



開運を飲むのは、勤め先の後輩の結婚&新居祝いで祝い酒の特別純米を開けて以来。

という事は、2年振りかぁ。



今回は、妻が美味しそうなコチをゲットしたらしく、それに合わせるために買ってきたとの事。

久々の開運、どんな感じでしょうか。





瓶口からは、アルコールの香りがツンと。

実際に飲んでみると、生酒らしいボリュームのある旨味に軽い苦・酸・辛で切れを出している印象です。

よく味わってみるとお米のフレーバーも感じます。



以前飲んだ祝い酒は、口当たりが良く軽い旨味がある端麗系で、万人に受けそうな印象でした。

一方このお酒は、飲みやすさは健在で、ミディアムボディな旨味が加わった感じです。



厚めに切ったコチの刺身は想像以上に旨味が強く、開運の軽い米感との相性も良し。

だからと言うわけではありませんが、あっという間に四合瓶が空になってしまいましたとさ(苦笑)。







白牡丹 本醸造しぼりたて新酒 ★★★
醸造元:白牡丹酒造(東広島市)



白牡丹って、意識的に避けているわけではないんですが、そんなに飲む機会が無いんですよねぇ。

そんな僕が何故これを飲む事になったかというと、実家に顔を出した際に、親が持たせてくれたから。

いつもの事ながら、ありがたい事です。



我が家に来て1ヶ月余り過ぎた頃に、常温保管から開栓してみました。





僕の中での白牡丹は甘口の印象ですが、こいつは米感芳醇なタイプ。

なかなか旨く、自分の持つイメージとのギャップにちょっと驚いてしまいました。



開栓二日目。

米感のトーンダウンが目立ったので、あえてソーダ割りに。

軽い渋みに薄い米感。後口には黄色い柑橘系の酸味がふわっと。

これ、なかなか面白いなぁ。



白牡丹、もっと飲む機会を設けないといけませんね。

今度は純米にしてみましょ。







賀茂泉 立春朝搾り ★★★
醸造元:賀茂泉酒造(東広島市)



3年連続の立春朝搾り。

今まで飲んでなかったのに、飲み出すと恒例行事になってしまいまして(苦笑)。



さてさて、今年のはどうだったでしょうか。

冷蔵庫保管の冷え冷えからの開栓です。





瓶口からの香りは少なめで、どこか落ち着いた雰囲気を醸し出しています。

実際に飲んでみると、苦味が目立ち酸も感じますが、全体的に大人しい感じ。



昨年と酵母は同じと聞いていますが、飲んだ印象は異なります。

立春の朝に必ず搾らなくてはいけませんので、多少のブレはあるんでしょう。

それもまた、飲み手からすると面白さの一つ。

作り手はドキドキしてるかもですが(笑)。



開栓二日目には、きりっとしたイケメン風のテイストに。

昔で言うと、ソース顔(古っ)と言えば良いんでしょうか。



三週間ほどで飲み干しましたが、その間に大きく変わることなく、一升瓶が空になってしまいました。

同時に買った四合瓶はしばし常温保管。

秋以降のどこかのタイミングで飲んでみようと思います。







古伊万里 前(さき) 純米吟醸無濾過生原酒 ★★★
醸造元:古伊万里酒造(佐賀県)



江田島に牡蠣を買いに行ったついでに、藤三光町店に立ち寄って購入。

以前飲んだ「前」は、期待が高すぎたせいか特徴に乏しい酒としか感じませんでした。

さて、今回の新酒は如何に。

冷蔵保存で冷え冷えからの開栓です。





瓶口から漂う香りからは、グラマラスなボディを予感。

この時点で、前回のとは違う印象を受けます。

実際に飲んでみると、無濾過生原酒らしい旨さが口の中でポワンと広がり、細身の酸で味の切れを出している印象を受けました。

そして、後口には苦味が。



これはボリュームのある甘旨酒で、濃醇系無濾過生原酒の中では優等生的な旨さではないでしょうか。

もちろん、前回飲んだ火入れよりは断然旨かったです。



これは、もう一回火入れを飲んでみたいと思わせてくれる出来。

また呉に買いに行かなきゃ。







ふなぐち菊水一番しぼり 吟醸生原酒 熟成 ★
醸造元:菊水酒造(新潟県)



ふなぐち菊水の缶シリーズは、全部で4種類。

今までに黄色(本醸造)と緑(新米新酒)を飲みまして、このお酒で3種類目となります。



このお酒は、ふなぐち菊水を吟醸で仕込み、蔵で1年以上低温熟成させたとの事。

さて、どんな具合なのか楽しみに、冷え冷えから開栓してみました。





香りや味わいからは、いわゆる熟成感はほとんど感じられず、べたっとした甘さが飲みにくさに繋がっています。

僕には珍しく、初日はこの一口で終了し、しばし常温保管。



開栓1週間後。

少し味を利いてみるも、傾向は変わらず。



開栓2週間後。

あのべたつくような甘さは少なくなって、旨味と苦味が分かるようになっていました。

当初よりも飲みやすいとは思いますが、それでも僕には甘いかなぁ。







蒼斗七星 特別純米65うすにごり ★★★
醸造元:青砥酒造(島根県)



我が家の好物、蒼斗七星。

この酒を広島で(多分)唯一扱ってらっしゃる「てらや」に、新酒の蒼斗が入荷したとの報を聞き、仕事帰りに自転車で立ち寄って購入。

この後ご紹介する三芳菊と2本を手にぶら下げて、家まで自転車こぎました。

手首が痛かったです、はい(苦笑)。



休みの日を待って、冷蔵庫でしっかり冷やしての開栓です。





ポンと開栓した途端、うっすらと香る吟醸香。

濁らせずに上澄みだけ飲んでみると、ボリューム感のある味わいで、すっきりしっかりテイストなお酒です。

後口は苦味できゅっと締める感じ。



濁らせてみると味の抑揚がなくなりますが、トーンが一定した旨さを長めに感じる事が出来ます。



ここまでの印象は、少し固い感じなので、しばし開栓放置しても良いかなという感じ。

そして、冷え冷えではなく冬の常温の方が味が出て良さそう。

と言いながらも、夫婦二人とも好きなお酒なので、四号瓶では2時間と持ちませんでしたが(苦笑)。







三芳菊 限定品おりがらみ 零 ★
醸造元:三芳菊酒造(徳山県)



僕が目にした三芳菊の評価。

南国フルーツのようなジューシーな甘みとフルーティな香り。

どことなく笑四季のモンスーンにも似た雰囲気なのかなぁと思うものの、広島で扱っている酒屋を知らず、飲む機会には恵まれませんでした。



そんなある日。

富士見町「てらや」に入荷したとの情報を知り、先にご紹介した蒼斗七星と共に購入。

少しワクワクしながら、冷え冷えからの開栓です。





まずは一口飲んでみると、パイナップルな後口ではあるものの苦味が強め。

まだ若い感じも受けますが、テイストは噂ほどではありません。

これから開いていくのかなぁと思い、冷蔵庫へ。



開栓から1週間後。

それらしい旨味と酸味が乗ってきてはいますが、後から感じる苦味がえぐくて、ちょっと飲みにくさを感じさせます。

もう少し置いてみましょうかね。



開栓2週間後。甘酸っぱさは増しましたが、後の苦味も健在。

口に含んで空気を含ませてみると、辛く辛く酸味酸味なテイスト。

この変わり様はなかなか面白いなぁ。



開栓3週間経つ頃には、苦味が少なくなり飲みやすく。

もっとジューシィ全開かと思っていたんですが、その意味では期待はずれの一本でした。





(了)


その他の日本酒に関する記事はこちらからご覧いただけます。








2011年01月01日 (土) | Edit |
この月は、新酒を中心に飲んでみました。新酒はどれも外れがなく満足。それ以外では苦笑いするようなお酒に手を出してしまい、何というか、まぁ、それなりに良かった12月でしたね。

(最高評価は★5つで、評価基準は個人の主観です)


而今(じこん) 特別純米 にごりざけ ★★★
三重県名張市 木屋正酒造  720ml 1,365円 酒商山田@南区宇品海岸

今シーズン初の新酒。

「お一人様1本まで」という限定販売商品だ。

冷蔵庫で冷やして飲んでみたが、香りは強くなくメロンに近い。

味は甘さに寄った造りだが、そこそこの苦味やわずかな酸味も含んでおり、仕舞いが切れてべたつかない。

好感の持てる味に仕上がっている。

炭酸によるソフトなプチプチ感と滓の舌触りも楽しい。

そういえば、混ぜる前に上澄みの部分だけ飲むの忘れてた。

旨い旨いと一晩で飲みきったので、もう無いんだよなぁ。あぁ、無念。

2010120221460000.jpg




開運 無濾過純米生酒 ★★★
静岡県掛川市 土居酒造場 720ml 1,365円 石川酒店@西区古江西町

一昨年、土居酒造場の名杜氏「波瀬正吉」氏が亡くなり、今後どのようなお酒が出てくるのか気になっていた銘柄。

冷蔵庫で冷やして飲んでみた。

厚みのあるコクと旨みが舌にドン!と乗っかってきた後に、はっきりとした渋み・苦味がその上に覆いかぶさる。

凄い構成だ。

後に残る苦味が強いが、バランス的にはこの位じゃないとベタつくのかも知れない。

「あの蔵は酒造りがしっかり出来るから、波瀬さんがいなくなっても問題ないわよ。」と、一昨年の夏に石川酒店の奥様が言われていたが、まさにその通りの出来栄え。

それにしても1,365円は安すぎる。

2010120321110000.jpg




宝剣 純米 魂心のしぼりたて ★★★★
広島県呉市 宝剣酒造 720ml 1,207円 大和屋酒舗@中区胡町

宝剣・賀茂金秀・天宝一・富久長。

広島沿岸部のお酒や西条で醸したお酒は今まで飲む機会が多かったので普段飲みで購入する事がほとんどない。

なのに、珍しく宝剣を購入。

だって、新酒なんだもん(笑)。



宝剣のイメージって、すっきりした味わいのお酒というものでしたが、今回のはちょっと違いました。

香りは穏やかですが味はしっかり目に乗っており、仕舞いはスッと消えてなくなるような仕上がり。

わずかながらプチプチも感じました。

味がしっかり目に乗っているところが僕の好みに合います。

少し温度を戻してやると中間に苦味が加わり、仕舞いの切れが少し鈍くなる。

これはこれで好き。



開栓翌日も印象変わらず。

このお酒のCPも高いなぁ。

2010121022400000.jpg





八海山 越後で候 純米吟醸生原酒 ★★★
新潟県 八海醸造 720ml 1,835円 石川酒店@西区古江西町

八海山を飲むなんて何年ぶりだろうか。

30代前半まで端麗辛口派だった僕は、八海山や久保田なんていうお酒を良く飲んでいた。

最近は濃いのが好きになったので、意識的に敬遠していた種類のお酒だ。

今回購入したのは気まぐれ。

ま、たまには飲んでみるかってな感じで買ったお酒だったが、これは旨いっすよ。



香りは控えめだがほどほど味が濃く、上品な甘さが後を引く。

まるで上等な和菓子のような印象。

「開栓して2~3日後に飲んでみて。美味しいわよ。」と石川さんからのアドバイスに従い飲んでみたが、ややトーンダウンした印象。

僕は初日の方が好み。

2010121420100000.jpg





生もとのどぶ 生原酒 H21BY ★★
奈良県宇陀市 久保本家酒造 720ml 1,700円 掛井酒店@東広島市西条

昨年(H21年)飲んだものとは別のお酒と言う印象。

昨年のは芳醇な米の旨みを燗にして膨らませ楽しむお酒で上々の味わい。

今回のは米の旨みはあるものの我が家と相性の悪いチョコミント系のフレーバーがした。



冷やして上澄みだけ飲んだり、白濁させて燗と冷やして飲んだりしたが・・・

う~ん、どうしちゃったんだろう。

仕込みの号数や日本酒度によって味の違いはあるんだろうけど、ここまで違うと戸惑うなぁ。

しかし開栓翌日に飲むとこのフレーバーは消えていて、ほぼ昨年と同様の印象だった。

ん~、これも日本酒の奥深さということか。

2010121622220000.jpg





梅錦 特別純米酒 ★★
愛媛県四国中央市 梅錦山川 720ml 1,200円台 大和屋酒舗@中区胡町

いつもはお店の冷蔵庫内のお酒を物色するんだけど、この時は冷蔵庫を見ずに常温展示の中から比較的安価なお酒を物色し梅錦を購入。

香りは控えめなタイプ。

開栓直後は甘ったるさが残り食中酒には向かないと思いましたが、しばしぐい呑みで放置しておくと甘ったるさが取れ、食中でも問題ない味に。

短時間での変化が面白かったです。

2010121820300000.jpg





富久長純米吟醸 中汲み槽しぼり 無濾過生 山田錦 ★★★
広島県 安芸津町 今田酒造 720ml 1,575円  石川酒店@西区古江西町

富久長は香り高くサラッとした柔らかいお酒と言うイメージだが、これは無濾過生だけあって、割と濃厚な味で苦味が利いている。

開栓初日が一番旨いと思った。

2010122521150000.jpg




秋鹿 純米吟醸にごり生酒 霙もよう ★★
大阪府豊能郡 秋鹿酒造 720ml 1,700円位 酒商山田@南区宇品海岸

大晦日用に買ったお酒。

上澄みは米の味がポワッと感じられるが後にはひかない。

混ぜて飲むともう少し濃い味になり、軽い酸味が一瞬感じられる。

後口はさっぱり。

アルコール度数が18度台だけど、すいすい飲める危険なお酒(笑)。

2010123119180000.jpg





悦凱陣 純米酒 阿州山田錦 ★★★
香川県仲多度郡 丸尾本店 1,800ml 3,150円 酒商山田@南区宇品海岸

年末年始用に買ったお酒。

先に紹介した秋鹿に続いて開栓。

甘さが前面にでて少しベタツキのある味。



開栓翌日、この記事を書きながら朝から飲んでみたら、甘さが控えめになっていて苦味と酸味が台頭してきた。

元日の今夜は燗にしてみようかな。

2010123120420000.jpg




【番外編】
粋 山田錦 特別純米酒
兵庫県神戸市 白鶴酒造 200ml 360円 ファミリーマート@西区古江西町

仕事で遅くなった日。

どうしても日本酒が飲みたくて近所のファミマで購入。

やめときゃ良いのにと思いつつ。



味は、まぁ飲めなくはないんですが、といった感じ(苦笑)。

日本酒の師匠に「ついつい買っちゃいました。」と話したら、「そんなもの買わずにうちに(経営されているお店)に飲みに来て下さいよ。」と苦笑いされてしまった。

反省(笑)。

2010120621360000.jpg




あ、一応補足しておきますが、これだけの量を僕一人で飲んでいるわけじゃないんですよ。夫婦2人で飲んでいますので、そこんとこ誤解なきよう。



■その他の家で飲んだ日本酒記事
・2010年 10月 11月
・2011年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月


■その他の日本酒に関する記事